PS4で遊べる、サウンドノベル(小説・本)のオススメゲームまとめ

PS4では、キャラクターを操作するゲームだけでなく、本を読み進めるようなゲームもたくさんあります。

そこで今回は、PS4で遊べる、サウンドノベルのオススメゲームを集めてみました。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ サウンドノベルとは?

テレビ画面に映るのは、登場人物と音、そして文字です。

文章が次々と出てきて、文字のタイミングに合わせて映像や音が出てきます。もちろん文章は自分の読むスピードで出すことができます。

サウンドノベルは小説や本を読むのが好きな方に特にオススメのゲームジャンルです。アクションの要素がほとんどなく、反射神経も必要ありません。あくまでも文章を読むことに集中できます。

サウンドノベルの面白さは、なんと言っても没入感です。本とも違いますし、アクション要素のあるゲームともまた違う、サウンドノベルの面白さをぜひ体験してみてください。

■ 428 封鎖された渋谷で

「しぶや」と読みます。

渋谷で起きたある事件を中心に、5人の登場人物の物語を読み進めます。

このゲームの面白いところは、一人の人物の選択肢が他の人物に影響することです。例えば一人の主人公が別の主人公に出会います。話しかければ二人は知り合いになりますし、話しかけないで無視する選択肢を選ぶと会ってないことになります。

この選択肢が複雑に絡み合って物語が進みます。もちろんストーリーはどんどん変化していくため、繰り返し遊ぶことができます。

このゲームはサウンドノベルの中でも傑作と呼ばれるほど有名です。サウンドノベルでいいゲームを探しているのであれば、まずこれを買うのを強くオススメします。

■ レイジングループ

閉鎖的な集落で行われている殺人儀式。それは人狼ゲームでもあり、主人公はその儀式に巻き込まれていきます。

タイムループを繰り返すことによって手がかりを手に入れ、それによって物語の謎を解いていくストーリーです。

もちろん選択肢によってストーリー変化が起こります。人狼ゲームですので、誰が人狼かといったことまで変化します。何度も楽しむことができるサウンドノベルです。

■ CLOSED NIGHTMARE

「クローズドナイトメア」と読みます。

パッケージ写真の通り、ホラー系のサウンドノベルです。

完全なサウンドノベルではなく、一部アドベンチャーゲームのような探索要素があります。といっても画面に表示される部屋の中から、気になるものを探したりといった簡単なものなので、文章を読み進める面白さは損なわれていません。

ホラーとサウンドノベルは非常に相性がよく、文章を読まないと先に進まない。しかし文章を読むと同時に怖い映像や音が現れる。といったもので、怖いものが好きな方には特にオススメ。複数人でドキドキと遊ぶのもオススメです。

■ 終わりに

以上、「PS4で遊べる、サウンドノベル(小説・本)のオススメゲームまとめ」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク