テレビゲームの小説本まとめ

たくさん遊んだあのゲーム、大好きなゲーム。

そんなゲームの世界観を、更に深め広げてくれる「小説版」

そこで今回は、色々なゲームの小説・本を紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ FF7 REMAKE / Traces of Two Pasts

「ファイナルファンタジー7リメイク」の小説版です。

本小説は、ゲームの本編を文字起こししたものではありません。「FF7リメイク」の前の話となっており、完全新作です。

ゲームでも登場したエアリスとティファの前日譚が描かれます。

ティファがアバランチに加入した経緯が描かれたり、エアリスと母親の関係などが描かれたりします。

ゲームが好きな方には、特にオススメの一冊です。
このゲームの世界観がより素敵なものになっていくはずですよ。

■ FF7(Original) / On the Way to a Smile

PS1版「ファイナルファンタジー7」の小説版(簡易ノベル)です。

オリジナル版FF7の全編から、ティファ、バレット、ナナキ(レッドXIII)、ユフィ、神羅といった、数々のキャラクター視点での短編が収録されています。

ゲーム内では描かれていなかった、あのキャラはその頃何をしていたか?
なんてものも書かれており、ファンには必携の一冊です。

但し本小説は、FF7全編のネタバレを含みますので、「FF7リメイク」のみ遊んだ方には、今後の話が読めてしまいます。

■ マインクラフト / はじまりの島

「!?」

あのマインクラフトが小説になりました。

マインクラフトで多くの人が体験する展開を文章化。
木を切ったり、石を採掘したり、チェストに保管したり。
若干”転生モノ”っぽい小説となっています。

子供でも読める小説となっていますので、日頃ゲームばかりしているお子さんへのプレゼントに特にオススメです。

なお、マイクラ小説はシリーズ化されており、
第2弾

第3弾

第4弾

第5弾

と発売されています。

■ ウィッチャー / エルフの血脈

海外の名作RPG「ウィッチャー」の小説版です。

本著は「ウィッチャー3」のかなり前のお話です。

物語の核となるシリを中心として、ゲラルトやイェネファー、北方諸国にニルフガード帝国、皇帝エムヒルなどが登場していきます。

それぞれの関係や過去が描かれており、なぜゲームでああいった流れや会話がなされていたか、をより深く知ることができますよ。

本著はシリーズ化されており、

5作目まで発売されています。

■ NieR:Automata

遊んだ人は全て虜になると言われる「ニーア オートマタ」の小説版です。

ニーアのあの世界観を、あますことなく文章化。
細やかな心理描写や風景描写もしっかりとなされ、ゲームで遊んでいた情景が蘇ると思います。

もちろんゲーム内では語られなかったエピソードや、キャラの心理が追加されており、ゲームでよくわからなかったことを深く知ることができます。

ニーア オートマタには、本著の他にも
短編小説「短イ話」や、

少年ヨルハを舞台にした小説

も販売されています。

■ 終わりに

以上、「テレビゲームの小説本まとめ」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索