小説「ファイナルファンタジー7リメイク Traces of Two Pasts」感想レビュー。面白い?つまらない?本を読んだ正直な感想(ネタバレなし)

小説「FINAL FANTASY VII REMAKE Traces of Two Pasts」を読みました。

最後まで読み終えましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ 小説「FINAL FANTASY VII REMAKE Traces of Two Pasts」とは?

ファイナルファンタジー7の小説です。

ゲーム版「ファイナルファンタジー7」や「7リメイク」をそのまま文字に起こしたものではなく、登場人物たちの過去が描かれた完全新作です。

具体的には、エアリスとティファの過去が語られます。ゲーム内では描かれていません。

本のデザインにもある通り、ベースは「7リメイク」になっています。

■ 良作前日譚

二人のキャラを深堀りするという点で、良い前日譚だと思います。

キャラクターの言葉の言い回しや仕草(?)、あるいは考え方なんかが、ゲームそのまんまです。

まぁ、著者がFF7リメイクのシナリオライターの方なので、当然といえば当然なんですが、本を読んでいて、ゲームの情景が思い浮かぶのはいいですね。

あのグラフィックや声で浮かぶのです。
ゲームで登場したシーンも出てきますし、街や場所、キャラクターなども再登場したりします。

ですから、FF7リメイクのDLCとか拡張版といった感じで、世界が広がっていく感じがあります。

■ どれを遊んでからがいい?

「FF7リメイク(PS4/PS5)」がベースとなっているため、そちらを遊んでから読むのがオススメです。

本書は前日譚という位置づけとなっているため、
小説を読んでからゲームを遊ぶ方もいるしれませんが、逆にゲームのネタバレになりそうな感じがします。

「オリジナル版FF7(PS1)」のキャラクターやシーンなども登場します。
ですので、オリジナル版FF7をプレイしていれば(なんとなく記憶に残っていれば)、更に読むのが楽しいと思います。

FF7リメイク(ゲーム)は、連作が想定されており、これから物語が続いていきます(下がリメイク2作目)。

そのため、オリジナル版FF7をプレイしたことのない人は、この小説を読むと若干のネタバレになるかもしれません。

あくまで「若干」ですかね。
今後のゲームシリーズで回顧的なシーンが出てくるでしょうから、そこら辺がかぶりそうですね。

■ ティファ編とエアリス編

小説は大きく3編に分かれています。

ティファ前日譚とエアリス前日譚、そして+αです。

個人的にはティファ編の方が面白かったですね。
ゲーム版「FF7リメイク」では、エアリスの方が魅力的に描かれていると感じたのですが。

ティファの方が、躍動感とかしっかりと伝わってきて、読んでいて面白かったです。

いずれの章も、オリジナルキャラが登場したり、
「うわっ、これがあそこに繋がるのか!」とか、
「ゲームでああ言ってたのはこれか!」みたいのが満載で、めちゃめちゃ良いです。

■ 総評

※単行本(現物の本)

FF7リメイクが面白かった方には、ぜひ読んでほしい小説です。

見事に、あのグラフィックや声でキャラが動いてくれます。

FF7オリジナル版(PS1)を遊んでいると、より楽しめるでしょうが、遊んでいなくても問題ないでしょう。

おそらくこの小説で描かれている内容は、今後のリメイクシリーズで語られない内容も多いと思います。

キャラの根幹の部分を知った上で、今後のリメイクを遊ぶとより楽しめそうです。

また、本書に限らず、ゲームの小説版というのは色々と発売されています。

そのゲームの世界をより深く知ることができます。
そういう点でも、ビッグタイトルの小説版ですので、入り口としてもオススメです。

ゲームの本は、実際に持つのは恥ずかしいという方には、電子書籍版がオススメです。

序盤の試し読みもできます。

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/30 13:16:42時点 Amazon調べ-詳細)

■ 終わりに

以上、「「小説ファイナルファンタジー7リメイク Traces of Two Pasts」感想レビュー。面白い?つまらない?本を読んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 特に関連性の高い記事

たくさん遊んだあのゲーム、大好きなゲーム。 そんなゲームの世界観を、更に深め広げてくれる「小説版」 そこで今回は、色々...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索