「百英雄伝ライジング」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

「百英雄伝ライジング(百英雄伝rising)」をプレイしました(PS4版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ 百英雄伝ライジングとは?

横スクロール型のアクションRPGです。

「百英雄伝」という新作RPGの前日譚で、スピンオフに位置しますが、こちらが先に発売されました。

あちらは正式な国産RPG、こちらはアクションです。

魅力的なキャラクターが登場し、3人のメインキャラを操作しながら、街の人たちの悩みを聞いて、復興をしていきます。

ダンジョン(遺跡)へ入り、宝物(素材)を入手し、それを元に街を発展させたり、武器防具の強化をしたり、といったゲームシステムになっています。

■ キャラの魅力が素晴らしい

本作は音声のない、キャラクターのセリフは文字のみで構成されています。

私は魅力的なゲーム(キャラクター)に、「音声なしでもキャラの声が聞こえてくる」を挙げるのですが、このゲームに出てくるキャラクターは、誰も彼も声が聞こえてきて、素晴らしいと思いました。

話し方も、語尾や人称に頼らない、しっかりとした個性があります。

このキャラならこういう時、こう喋りそう。とか、こういう行動をしそう。
というのが、もう思った通りのことをするんですよ。

本作は、いわゆるキャラゲーではないのですが、昔の国産RPGのようなキャラクターの掛け合いがあり、すごく懐かしい、ああゲームを遊んでいるんだ、といった気分にさせてくれました。

■ お使いにつぐお使い

「街の人のお願い」が、めっちゃくちゃたくさんあります。

これが、メインストーリーを進めるたびに湧いてきます。

悪く言えば「お使いゲー」です。

ただ私は、これがかなり絶妙な塩梅で作られていて、お使いゲーではありえない、長時間プレイをしてしまうほどのめり込んでいました。

なんていうんですかね。
開発者の職人技?みたいな。
アメとムチの配置の仕方とか、飽きをうまく回避する絶妙なさじ加減を感じるんですよ。

お使いをするとスタンプがもらえ、
スタンプが貯まるとアイテムと交換できる、
探索中は素材が手に入り、
素材を使って道具や武器強化ができる、
お使いによって街はどんどんと発展していく、
とまぁ、今だとちょっと古い感じのシステムなんですが、かなりうまいことまとまっています。

私はもともと、アイテム集めとか探索ゲームが好きというのもあるのですが、夢中になって遊ばせてもらいました。

■ 本編「百英雄伝」が楽しみ

本作は、RPG「百英雄伝」の前日譚です。

一枚絵が出てきたキャラクターは、当然出てくるよなーとニヤリと。

結構な人数、一枚絵キャラが出てきます。
「百」と書いてあるからには、本編では百人の一枚絵キャラが出てくるんじゃないのかな?
百人を拠点に集める感じになるんだろうなぁ。
なんて、ライジングを遊んで妄想が膨らみます。

先にも述べた通り、キャラの掛け合いが素晴らしいのです。
「街の人のお願い」も膨大にあるせいで、逆にキャラクターの個性やイベントにめちゃくちゃたくさん触れることができます。
このネタ使われるかな?とか、ライジングでやってたやり取りだ!みたいなのが、いっぱい見れることを期待しています。

「百英雄伝」は、PS1で発売されていた超有名RPGの開発者が集結して作られています。

「百英雄伝ライジング」では、あのRPGの優しい雰囲気や、キャラのやり取りがそっくりそのまま蘇っています。

最近はこういうゲームになかなか出会えてなくて、懐かしいなぁ。沁みるなぁ。なんて思いながらプレイしていました。

■ サクサク進みカンタン

アクションRPGということで、アクションが苦手な方は敬遠していると思います。

大丈夫だと思います。
かなりカンタンです。

ボタン連打で敵を倒すことができます。防御やパリィみたいな複雑な操作を知らなくてもクリアできます。

レベルを上げたり、回復アイテムをしこたま持ったり、武器や防具の強化をしていくことで、キャラクターはかなり強くできます。

逆にバリバリとアクションゲームをこなしている人には、ちょっとカンタンすぎて…となるかもしれません。一応連携技とかもありますが、サクサクと敵を倒してお宝を集めていくことを目指して作られている感じがします。

■ 総評

「百英雄伝」を買うと決めている人は結構いると思いますが、ぜひとも買って遊んでおいて下さい。

魅力的なキャラがいっぱいです。

昔ながらのRPG、スーパーファミコンとかPS1時代のようなRPGの、あの当時のキャラのやり取りとか、テンポよく進むストーリーとか、まったりとした時間とか。

ああいったものが好きな人にもオススメです。
最近のゲームではなかなか味わえない時間です。

私は「百英雄伝」をかなり応援しています。
DLCだとか、二次創作だとか、ネットの有志の方々によって、うまーく広まっていくといいなぁ、なんて思っている次第でして、
その魅力的なゲームになれる片鱗が垣間見れた「百英雄伝ライジング」は遊んでみて良かったと思えるゲームでした。

盛り上げてくれたらスタンプ押してあげるよ!

created by Rinker
505 Games
¥3,360 (2024/05/20 07:07:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
505 Games
¥3,800 (2024/05/20 07:07:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
505 Games
¥4,579 (2024/05/20 07:07:47時点 Amazon調べ-詳細)
PS1時代のRPGが蘇る「百英雄伝(ひゃく・えいゆうでん)」シリーズ。 百英雄伝シリーズは色々な種類が発売されていますが、ど...

■ 終わりに

以上、「「百英雄伝ライジング」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索