「トゥモローチルドレン フェニックスエディション」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

「トゥモローチルドレン フェニックスエディション(The Tomorrow Children FE)」をプレイしました(PS4版)。

10時間ほど遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ トゥモローチルドレン フェニックスエディションとは?

滅亡してしまった世界で、都市を再建する復興ゲームです。

素材を集め建築をし、
人を助けて住民を増やし、
襲ってくる敵から街を守り、
道具を買って、また素材集めに向かう。

労働ゲームと呼ばれる所以です。

本作は、2016年に発売されていた「トゥモローチルドレン」を復活。
当時、基本プレイ無料の課金型だったものを、買い切り課金なしに変更しており、ゲームバランスが遊びやすくなっています。

ソロプレイで自分の街を復興する他、他人の街へ出向いて、復興の手伝いをする、ゆるいオンラインプレイが可能となっています。

■ 人を選びそう

このゲーム、かなり人を選びそうです。

・寝食忘れて一日中遊んでしまう人もいれば、
・コツコツ続ける楽しさを見いだせる人もいる、
・一瞬で飽きてしまう人もいそう。

そんなゲームです。

ただそれが、人によって違うだけでなく、遊び方や、ゲームの進み具合によっても変わってきそうなんですよね。

例えば、ソロで自分の街を復興していくのは、すごく地味なのですが、妙なやりがいがあります。

これがマルチで他人の街になると、感覚が違うのですよ。労働力としてただ作業をしている反面、気が楽というか。

たぶんフレンドと遊ぶ場合もまた違うでしょうね。

私はまだ10時間ほどのプレイですが、まだまだ序盤も序盤で、これからレベルが上がったり、道具や施設が充実してくると、また違ったプレイ感になりそうな予感がしています。

私は本作を
「コツコツと続けれて楽しい」と思っています。

遊び方によって、面白いかどうかが表裏一体な感じがするので、面白いという感情を、どう拾えるかが鍵になりそうです。

■ どんなゲームが近い?

たぶん、映像や紹介を見ても、どんなゲームなのかピンと来ないはずです。

基本的なゲームの流れは、
・奇抜な島を探検して、資源を手に入れる
・街では発電などもする
・資源を使って、建物を立てる
・島でマトリョーシカを見つけ、住民を増やす
・怪獣が街を襲うので、防衛する
が大まかな流れです。

大体、クラフトゲーム、サンドボックスゲーム的な流れですね。

ただ、他のクラフトゲームよりも地味だと思います。

ゲームのプレイ感では、
マインクラフトの整地、マイクラで他人のサーバーで資源集めをする、
この辺が近いですね。

スターデュバレーで農地を少しずつ広げていく感じにも似ています。

昨日より今日がちょっとだけいい。
作業が進んでいるのが分かり、妙な達成感がある。

たぶんコツコツとゲームを進めるのが好きな方、
アイテム集めが好きな方、
はハマるゲームだと思います。

■ いろいろな島

島が浮いてきて、その島で資源を探します。
資源を取り尽くすと、次の島が浮いてきます。

基本的にはこんな流れです。

「島」と聞くと、無人島みたいなのを想像しますよね。
・ある程度平面で、木が並んでいる。
・地表に鉱石が出ている。
みたいな。

違うんです。

荒唐無稽な、なんじゃこりゃ的な島が出てきます。

浮島だったり、縦に長いビルみたいなものだったり、真四角のただの箱だったり、あるいは人の顔だったり。

島の表面に資源が出ていることもあれば、内部に掘らないと分からない島もあります。足場がなくて、どうやって登るの?みたいなこともあります。

島の難易度がある程度高いため、道具を駆使しないといけないし、探索の楽しみもあります。

■ デザインは神

わたし、このゲームのデザインがほんとに好きです。

まずキャラクターの造形が目を引きますよね。
凸凹で不気味だけど、どこか愛らしい。

ゲームを続けていると、だんだん可愛く思えてくるんですよ。ガッツポーズ(?)が特に好き。

他にも、建物のデザインだったり、使用するアイテムのデザインだったり、島のデザインもそうですけど、もうとってもポップな感じで、良いです。

「なんかかわいい!」からゲームに入るのもいいと思います。

コスチュームやバッグ、ジェスチャーなんかもゲーム中に手に入るので、集めたくなってきます。

■ 睡眠導入剤として

私はこのゲーム、寝る前に数時間楽しんでいまして、ほどよく眠くなってきて寝る。

そんな遊び方をしています。

電源をつけて労働意欲に燃え、
だんだんと疲れや飽きが見えてくるが続け、
それでも続けていると眠くなってくる。

いい感じの睡眠導入剤ゲーム(?)になっています(悪い意味ではないですよ)。

このゲームは、「作業を一つずつこなす」作りです。

一個ずつゴミを拾って掃除をする、とか、
自分の歩くスピードで散歩をする、とか、
マイペースに本を読む。

といった感覚に近く、あれもこれもとか、日常で感じる忙しさがないです。

仏教とか、禅の本を読んでいる時に近いものが出てきますね。

■ 総評

カルト的な人気を誇ったゲームの復活版です。

プレイ感はかなり地味です。

上の文章を読んで、自分ならハマりそう。
と思った方はぜひ買ってみてください。

たぶん、どう遊んだら楽しめるのかを探せると思います。

自分が心地よいと感じる、くすぐられポイントを探せると、めちゃくちゃハマれると思います。

その一方で、派手なゲームや、達成感や次のステップが押し寄せるゲームが好きな人には合わないと思います。

世界観やビジュアルが個性的ですので、一度は触れてみて欲しい作品ではありますけどね。

友達を誘って、一緒に街の復興をするのも楽しいと思います(街コードを入力すれば、いつでも友達と一緒にプレイできる)

開発の人たちのやる気が感じられるので、今後もバランス調整やコンテンツ追加に期待が持てますね。

■ 終わりに

以上、「「トゥモローチルドレン フェニックスエディション」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索