「龍が如く8」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

「龍が如く8」をプレイしました(PS5版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ 龍が如く8とは?

『龍が如く8』ゲームトレーラー

極道系ゲーム「龍が如く」のシリーズ8作目です。

「龍が如く7」で一新されたメインキャラクターたちを継続。

更にそこへ、歴代の主人公:桐生一馬も合流させ、
春日一番と桐生一馬のダブル主人公で物語が展開されます。

戦闘は7から継続してRPGのコマンドバトル(+アクション)。

初の海外マップでもあるハワイを忠実に再現し、自由に探索して遊ぶことができます。

■ 桐生一馬の集大成

めっちゃめちゃ面白いです。

今作は、春日一番と桐生一馬のダブル主人公という形でしたが、どちらかというと桐生一馬の方に重きが置かれています。

4:6か、3:7ぐらいの割合かな?

発売前から公式でも名言されていたので、既にちょろっと情報を知っている人もいるかもしれませんが、「桐生一馬の集大成」と呼ぶにふさわしい作品となっていますね。

私は「龍が如く」シリーズは、7から遊び始めても良いと思っている派なんですが、今作8は、明確に過去作を遊んでいた方が楽しめます。

桐生一馬は、1からの主人公で、ほとんど全ての作品に出演しています。

過去作を遊んでいればいるほど、今作の感動度が違ってくると思います。

そうですね・・。
1、2、3、4、6作目あたりを事前に遊んでおくとかなり良さそうですが、これじゃ多すぎるかな。
1、3か、1、4か、1、6でもいいかな?

困った。選べないw

とにかく何かしら1作品は遊んでおいた方が良いと思います。
7だけだと桐生一馬を知るには少なすぎるかと思います。

■ どうなるストーリー?

上でも説明したように、今回私は事前情報を少し入れていましたので、ストーリーがどうなるかハラハラで遊んでいました。

ぜひ私と同じ感覚で遊んでみてほしいです。
楽しいですよ~。

■ 要素てんこ盛り。だが

本編となるメインストーリー以外にも、
ドンドコ島やスジモンバトルといったボリュームたっぷりの遊びに、
ちょっとしたミニゲームもたくさんありますし、
もちろん歴代龍が如くシリーズに出てきた、ゲームセンターや将棋、博打などの遊びも豊富です。

もちろん7に出てきた新要素もだいたい入っています。

更に、マップ移動も飽きさせないように、
アイテムが落ちていたり、強敵が居たり、本当にいろいろな要素が盛り付けられています。

たぶん今作は、歴代最もクリアに時間がかかったかも。

ここからやりこみ要素に手を付けると、大変なことになりそうです。

で。
でですね。

要素がとにかくてんこ盛りなのは良いのですが、各要素を繋げあわせすぎているのが少し気になります。

スジモンはメインの遊び(スジモンバトル)以外にも活用方法がある。
スジモンをゲットするのにアイテムが必要。
買うこともできるけど序盤はお金があまりないから、
落ちているアイテムを拾ったり、敵を倒したりしないといけない。
そうするとマップを歩き回る必要が出てくる。

みたいな感じです。

各要素を密接にリンクさせすぎているせいで、プレイヤーの行動が制限されかかっている感じがあります。

まぁ、マップを歩き回るのが前提な作りになっているようにも感じるので、これで良いのかもしれませんが・・。

■ リスペクトとオマージュ

私は龍が如くシリーズで最も好きなのが、リスペクトに溢れていることなんです。

サイドストーリーや登場人物で、ふざけたことや笑えることをしていても、否定的な言葉は投げないのですよね。

必ず相手を肯定しているというか、リスペクトを持って接しているのが伝わってきて、この部分本当に好きなんです。

まぁ、商業的にそうしているだけとも捉えられますが、なんで一貫してここまでできるんでしょう?
こういう作り方をチェックする品質管理部みたいなのがあるんでしょうかね。

あと、今作もまたオマージュ(?)がすごいです。

ていうか、どうでしょうネタぶっ込むんじゃないよ。
笑いすぎて死ぬかと思った。

前作7でもあったんでしょうかね。
ナンバ(ヤスケン)が出ているので、当然のように「水曜どうでしょう」が出てきます(もちろん気づく人には・・・というレベル)。

他にも、某暴風の人とか、あんまりいろいろ書くと面白みが減っちゃうかもしれないので、自分で見つけてほしいですが、たぶん色々と仕込まれています。

■ 続きが気になる

ズルいです。

次作9が気になりすぎます。

クリア後に、続編をすぐに遊びたいという感覚になったのは、シリーズ初かも。

もちろん今作は、知り切れトンボで終わっているわけではなく、しっかりと完結しています。

が、ゲーム内で色々と含みをもたせている感があり、
次作9、外伝、スピンオフと様々な形態で、なおかつどういう風にでもストーリーを持っていけそうに見えます。

結果として妄想がはかどるわけですねw

だって、あれとあれだけで1作作れるもん。
今回サラッと流してるけど、みんなも気になるでしょ!?
みたいな感じです。

ゲームって、発売直前のワクワクしてるときが一番楽しいじゃないですか。
あれですあれ。
あれがクリアした瞬間に出てきます。

すぐにでもスピンオフが出るのかしら?

■ 総評

めちゃくちゃ面白く、長大な時間を飽きさせず遊ばせてくれました。

正直いうと、ストーリー面では、前作7が圧倒的に面白いです。

いや、今回も面白いな。
面白いというか、グッと来るという言い方が正しいかも。

前作は、イケイケ爆上げって感じでしたもんね。

若いと、どんどん行こうぜ!とかガンガンやるぞ!みたいな感じですけど、
ある程度年齢を重ねると、別の側面とか、違う考え方が出てくるのですよね。

例えば贖罪とか。

別に警察に捕まったわけではないけれど、
何かしらに対して罪を償う。
自分の犯した過ちに向き合う。
それ自体が逃げや正当化かもしれないけれど。
一生背負って生きる。
他人の罪まで背負い込む。
肩の荷を降ろす。

今作の一つのテーマかも?

たぶん色々なテーマが盛り込まれていると思います。

「龍が如く」シリーズは、これまでも熱い男の物語を描いてきていましたが、今作はそれとはまた違う、一歩先(?)の感情を呼び起こさせれてくれます。

プレイしてみて、ぜひ自分なりの何かを感じ取ってもらえればと思います。

created by Rinker
¥4,880 (2024/05/30 00:15:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
セガ
¥6,600 (2024/05/30 21:33:44時点 Amazon調べ-詳細)

■ 終わりに

以上、「「龍が如く8」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索