「Kena: Bridge of Spirits」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

PIXARみたいなゲーム「Kena: Bridge of Spirits(ケーナ: 精霊の橋)」をプレイしました(PS4版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ Kena: Bridge of Spirits(ケーナ: 精霊の橋)とは?

村を浄化する、スピリチュアルなアクションゲームです。

精霊のいた村に、ある時から次第に邪悪な風が吹き始めます。人々は死に、村は荒れ果て、山や森は不浄の大地へと変貌します。

そこへやってきたスピリットガイドのKENA(ケーナ)を操作し、村や魂の浄化を行っていく作品です。

世界観や雰囲気は、アジア諸国のそれであり、日本人にもその精神的なものが受け入れやすいと思います。

■ インディーゲームじゃない

本作は、小規模スタジオで制作された、いわゆるインディーゲームなのですが、インディーゲームじゃないほどスゴイ出来です。

大手メーカーが何年もかけて作ったゲームといっていいレベルだと思います。

キャラクター造形から始まり、アクションや操作性、グラフィックに世界観など、フツーのフルプライスのゲームレベルです。

PVで観ている時点で、その雰囲気はまざまざとあったわけですが、実際にプレイしてると、
「うわ・・スゴイな」
「ヤバイな・・これ」
と思ってしまいました。

PVでピンと来た方は、もうそっくりその感じたままのゲームですので、すぐ買ってもらっていいと思います。

■ かわいいROT

ROT(ロット/精霊)たちがとにかくカワイイです。

愛くるしい表情に仕草。とことことKENAに付いてくる動きや、指示に対して健気に頑張っている感じとか、見ているだけで癒やされます。

これ、あれですね。

ミニオンズですねw
いつバナナみたいなこと言うかな?って待ってましたw

本作にはROTを集める要素があります。
ステージをしっかり探索したり、ギミックを操作することで、隠れているROTを見つけ仲間にする。

すると後ろをいっぱい付いてくるので、彼らを使ってギミックを操作したり、敵と戦ったり。

ピクミンほどではありませんが、すこーしその雰囲気はあるかな?

■ 歯ごたえのある難易度

見た目の雰囲気とは裏腹に、難易度は高めです。

特に戦闘、中でもボス戦がキツめですね。

おそらくノーマル難易度だとかなり死ぬと思います。
イージーでも結構難しいです。

序盤は簡単なんですよね。
中盤になるとちょっと難しくなり、
後半になるともう少し難しくなります。

雰囲気や見た目からも、アクションゲームに不慣れな方の目に留まりやすい作品だと思うのですが、難易度はイージー一択です。

操作性は良好ですので、そういうストレスはありません。ボス戦が結構しっかりしたアクションゲームになっているのです。

もう一段階下の難易度があると良かったのになぁ。

■ 探索の面白さ

ゲームは画面切り替えロードなしの、シームレスな世界で繋がっています。

本作には、探索の面白さがありました。

例えば村の中でも、家の中に入るのに一苦労するのですね。裏口があったり、壊れた屋根から入ったり、思いがけずに2階があったり。

森に入ると木の陰に小道があったり。

そういう探索の面白さがあります。

ゲームはステージ攻略制のような形を取っているため、各ステージをどんどんクリアしていきたくなるのですが、探索をしっかりとすることで、よりゲームが楽しめると思います。

「トゥームレイダー」シリーズの探索が好きな方は買いだと思いますよ。

■ 総評

インディーゲームとは思えないレベルの作りです。

もちろん粗い部分や、ここをもうちょっとこうすれば神ゲーになったのに、ってのはたくさんあるにはあるのですが、インディゲームとして買った期待値を遥かに上回る面白さです。

このゲーム、PVが初めて公開された時点から、気になっていた人多いと思うんですよね。

私なんかは、もう見た瞬間、
「ハイもうこれ買うー」「すぐ買うー」
って感じだったのですが、
すぐ買って遊んだ方がいいと思います。

「癒やし」ですね。
ROTの可愛さを筆頭にして、いろいろな癒やしが詰まっています。
女性の方がいろいろと感じられる部分が多そうな気がします。

KENAが頑張って岩場につかまって移動するんですよ。
するとROTが居るんです。
座って見てるんです。
「うわぁ~(癒やし)」ですよw

本作にはROTを愛でたり、自由にポーズを取って写真を撮るモードなんかもあります。

ぜひともこの、かわいらしい世界観のゲームに触れてみてほしい次第です。

■ 終わりに

以上、「「Kena: Bridge of Spirits」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索