スイッチで遊べる、HD-2Dのゲームまとめ

昔ながらのドット絵を、最新技術で美しくした「HD-2D」

そこで今回は、スイッチで遊べる、HD-2Dのゲームを紹介したいと思います。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

■ OCTOPATH TRAVELER

「オクトパストラベラー」は、HD-2Dの初出となる作品です。

ドット絵に奥行きを持たせ、光と影の演出を加えたHD-2Dの美しさを最大限楽しめます。

本作は斜め上から視点のRPG。
イメージとしては、スーパーファミコン時代の「ロマンシング・サガ」で、戦闘は横からのターン制。

主人公が複数おり、それぞれの物語を楽しめたり、会話の選択肢や自由に仲間を選ぶことができるようになっています。

■ TRIANGLE STRATEGY

「トライアングルストラテジー」は、HD-2Dを使った2本目のゲームソフトです。

上記「オクトパストラベラー」と世界観やストーリーは繋がっていません。

本作のジャンルはターン制シミュレーションRPG。

斜め上から視点で、マス目に区切られた戦場を敵を蹴散らすためにキャラクターたちを動かしていきます。

正面から敵を切りつけたり、背後に回って確率を上げたり、弓による遠距離攻撃や魔法の概念、そして選択肢によっても物語は変化していきます。

イメージとしては「タクティクスオウガ」や「ファイナルファンタジータクティクス」ですね。

■ LIVE A LIVE

「ライブアライブ」は、スーパーファミコンで人気を博していたRPG。
HD-2Dの技術でリメイクされ、蘇ります。

7つの時代、7人の主人公を、好きな順番でプレイしていきながら物語を紡いでいきます。

SFC当時、スクウェアから発売されたこのゲームは、カルト的な人気を集め、今でも世界中でファンが存在します。

戦闘シーンはマス目を使ったシミュレーションライクになっており、各時代の主人公ごとに、同じRPGでありながら、全く違った遊び方を提供した、革新的なゲームでもあります。

当時のファンであれば、感涙モノのリメイクといえるでしょう。

■ (HD-2D版 ドラゴンクエストIII) ※

※ 2022年2月現在、対応機種は未定です。

ファミコン時代の名作RPG「ドラゴンクエスト3」のHD-2D技術を使ったリメイクです。

ドラクエ3はこれまで、幾度となく様々なゲーム機種へ移植されてきましたが、美しいグラフィックと奥行きのある世界のHD-2Dで、次世代のリメイクが施されます。

本作は、2022年2月現在、「対応機種は未定」となっています。
ニンテンドースイッチで発売されるとは明記されていませんが、おそらく発売されるものとして、ここでは紹介しています。

■ 終わりに

以上、「スイッチで遊べる、HD-2Dのゲームまとめ」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 特に関連性の高い記事

■ オクトパストラベラー まずは先日発表された、こちらのトレーラーをご覧ください。 タイトルは「オクトパストラベラー(OCT...
■ 次世代のドットグラフィックHD-2D オクトパストラベラーが大きく話題になっていますね。 オクトパストラベラーでは、ドッ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索