PS4で遊べる、タワーディフェンスゲームまとめ

押し寄せる敵を、適切に配置したユニットで撃退する「タワーディフェンス」ゲーム。

手軽に遊べるリアルタイムストラテジー(RTS)として楽しいですよね!

そこで今回は、RTSの中でも「タワーディフェンスゲーム」を集めてみました。

参考にしていただければ幸いです。

なお、類似ジャンルでもある「ダンジョンキーパー系のゲーム」は、以下のリンク先をご覧ください。

ダンジョンを作り魔物を管理する古典ゲーム「ダンジョンキーパー」最近でいうと「勇者のくせになまいきだ(勇なま)」 魔王になって...

スポンサーリンク

■ タワーディフェンスとは?

塔(タワー)を建てて、拠点を防衛(ディフェンス)するゲームです。

決まった道を敵が侵攻してきます。

道の近くに攻撃用の塔を建てることで、敵を自動的に攻撃。
こちらの拠点にたどり着かれる前に、全ての敵を倒すのが目的のシミュレーションゲームです。

敵の種類によって効果的な塔が違ったり、
建てる場所によって攻撃範囲が異なったり、
敵から入手するお金で塔をパワーアップさせたりと、戦略性が楽しめます。

道を進んでくるシンプルな王道型のタワーディフェンスに、
近年は拠点建築要素を組み合わせたタワーディフェンスも登場しています。

■ The Riftbreaker (PS5)

『The Riftbreaker(リフトブレイカー)』ゲームプレイトレーラー

「リフトブレイカー」は、未知の惑星を舞台にしたタワーディフェンスゲーム。

未知の惑星に基地を建設します。

資源を採掘し、エネルギープラントを建て、基地を広げ、過酷な世界で生き抜きます。

本作には、原生生物が襲ってくる仕組みがあり、防衛のための壁を築いたり、自動攻撃をするタワーを建設したり、あるいは武器を作成して自分で戦うといったことも可能となっています。

タワーディフェンス+基地建設のゲームで、大変高い評価を得ている作品です。

「The Riftbreaker」は、ディスク版は海外版のみの発売、

created by Rinker
Maximum Games
¥6,126 (2024/07/25 17:58:53時点 Amazon調べ-詳細)

国内正式版はプレイステーションストアでダウンロード専売です。
以下のリンク先から購入できます。

PS Store:The Riftbreaker

■ PIXEL JUNK MONSTERS 2

「ピクセルジャンク・モンスターズ2」は多くの人が想像するであろう、ベーシックなタワーディフェンスゲームです。

本作は上から視点。

ウェーブごとに進軍してくるモンスターを、道沿いに配置した砲台やタワーなどで自動で攻撃、時間まで自陣に攻め込まれなければ勝ち、というシステムです。

もちろんユニットにはアップグレードという概念もあります。

また本作はマルチプレイにも対応。オンラインで最大4人、オフラインで最大2人で遊べます。

昔ながらのベーシックなタワーディフェンスで遊びたい方に、まず最初にオススメしたいのが本作です。

「PIXEL JUNK MONSTERS 2」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:PIXEL JUNK MONSTERS 2

■ ブロークン・ユニバース

Broken Universe: Tower Defense – Official Announcement Trailer

「ブロークン・ユニバース」は、王道型で自由度の高いタワーディフェンスです。

視点は上からで、敵はこちらの拠点にめがけて侵攻してきます。

面白いのは、フィールドがマス目になっている点。

道も壁も塔も自在に配置できるため、道を塔で塞いで進めないようにしたり、壁を壊して新たな侵攻ルートを作ってやったりと、頭をひねって遊べる戦略性が高いゲームです。

可愛い見た目とは裏腹に、よくできたゲームで、タワーディフェンスの面白さが詰まっていると思います。

「ブロークン・ユニバース」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:ブロークン・ユニバース

■ ゾンビサバイバル コロニービルダー They Are Billions

PS4『ゾンビサバイバル コロニービルダー They Are Billions』解説動画 基礎編

「ゾンビサバイバル コロニービルダー」は、大量のゾンビから拠点を守るゲーム。

資源を採掘して施設を建て、防壁を建ててゾンビの侵攻を阻止。

兵士を増やしたり、罠を設置したり、自動攻撃装置を置いたりして、ゾンビの猛攻を防ぎます。

襲ってくる敵はゾンビですので、味方がやられるとゾンビになってしまう。
といったタワーディフェンスでは一風変わった仕組みもあり、施設の人数や場所といった戦略性もあります。

街作りとリアルタイムストラテジーの要素も兼ね備えたタワーディフェンスゲームで、人気作となっています。

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥3,518 (2024/07/25 08:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

■ 祇:Path of the Goddess

『祇(くにつがみ):Path of the Goddess』 4th Trailer "Kunitsu-Gami"

「くにつがみ」は、巫女の世界観のタワーディフェンスゲーム。

穢れを払い、村人を配置して、夜に来たる魑魅魍魎を討伐していきます。

本作はパッと見が分かりづらいゲームですが、タワーディフェンス+アクションで、村人をうまく配置して敵を倒したり、自分自身でアクションで敵を倒すゲームです。

東洋の巫女や神々がテーマになっており、異色の世界観は圧倒的で、今までにないゲームとなっています。

「祇」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。
以下のリンク先から購入できます。

PS Store:祇

■ 絶対迎撃ウォーズ

『絶対迎撃ウォーズ』PV

「絶対迎撃ウォーズ」は、巨大生物を撃退するタワーディフェンスゲーム。

プレイヤーは司令官となって、都市を開発。
迎撃体制を備え、迫りくる巨大エネミーに対応していきます。

本作には都市開発の要素があります。
円形都市を作り、様々な効果がある施設を配置。
それによって迎撃体制が変わってきます。

また、巨大エネミーと戦う絶体絶命感も楽しめるゲームとなっています。

「絶対迎撃ウォーズ」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。
以下のリンク先から購入できます。

PS Store:絶対迎撃ウォーズ

■ X-Morph:Defense(エックス モーフ:ディフェンス)

「X-Morph:Defense」は近未来SF世界観のタワーディフェンス。

上から視点でウェーブ制の、オーソドックスタイプのタワーディフェンスです。

特徴的なのは世界観です。
宇宙人と人類との戦いを描くのですが、プレイヤーは宇宙人側です。宇宙人侵略者となって地球に侵略。タワーを防衛しながら人類の猛攻を耐え抜く、といった世界観になっています。

本作はタワーディフェンスとシューティングが融合しており、敵を攻撃するタワーを設置したり、進行ルートを変更する壁を配置したり、そして自機を操作してフェーズ中は自由に移動ができ攻撃もできます。

無名なタワーディフェンスですが、プレイした方からは高い評価を得ている作品です。

「X-Morph:Defense」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:X-Morph:Defense

■ ノーヒーローズ・ヒア

「ノーヒーローズ・ヒア」はピクセルタイプのタワーディフェンスゲーム。

昔懐かしいドット絵で描かれた2D平面の世界を、例えば城に立てこもって、左右からやってくる敵を蹴散らす感じのタワーディフェンスとなっています。

イメージとしては「テラリア」のタワーディフェンス部分。

大砲を動かすために、火薬を作ったり弾薬を作ったり、作ったものを運んだりといった行動を、ワチャワチャと忙しながら遊ぶゲームです。

本作は最大4人でのマルチプレイ(オンライン/オフライン)が可能で、友達同士でワイワイと遊ぶには最適なゲームです。(なお、一人でも遊べる難易度になっています)

「ノーヒーローズ・ヒア」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:ノーヒーローズ・ヒア

■ Aegis Defenders(イージス・ディフェンダーズ)

「Aegis Defenders」はアクションとタワーディフェンスが融合したゲーム。

プレイヤーは能力の異なる複数のキャラを切り替えて進めます。

アクションパートで素材などを入手したり、タレットや罠を配置、タワーディフェンスパートで敵を撃退するといったゲームシステムです。

キャラの操作切り替えは、一人でも遊べるようになっているだけでなく、オフラインでの画面分割協力プレイにも対応しています。

昔ながらの美しいドット絵で描かれたゲームで、評価も高い作品です。

「Aegis Defenders」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:Aegis Defenders

「イージスディフェンダー(Aegis Defenders)」をプレイしました(PS4版)。 クリアまで遊びましたので、感想を...

■ 幻想郷ディフェンダーズ

『幻想郷ディフェンダーズ』 プロモーションビデオ

「幻想郷ディフェンダーズ」は東方Projectのタワーディフェンスゲーム。

斜め上から視点のフィールドに、罠を設置して敵の猛攻を防ぎ、拠点に攻め込まれないように撃退していきます。

敵を倒してお金を手に入れたり、スペルカードを使って撃退したり、自分自身で敵を倒すこともできます。

本作は、東方Projectのゲームですので、「ゆっくり」が好きな方に特にオススメです。

「幻想郷ディフェンダーズ」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:幻想郷ディフェンダーズ

■ CyberTD

CyberTD – Official Trailer | PS5 & PS4 Games

「サイバーTD(タワーディフェンス)」は、サイバー空間のタワーディフェンス。

タワーディフェンスにローグライクのパワーアップの要素を組み合わせた、新しいゲーム体験のできるゲームです。

基本は普通にウェーブで襲ってくるタワーディフェンス。
ウェーブが終了するとアップグレードを選ぶことができます。
ローグライクでよくあるパワーアップの要素ですね。

これによってプレイの度に流れが変わるゲームとなっており、何度でも楽しめるタワーディフェンスになっています。

アップグレードの数は170以上もあり、高い戦略性とリプレイ性を楽しめる作品となっています。

「CyberTD」はディスク版は発売されておらず、プレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:CyberTD

■ HELL WARDERS(ヘルワーダー)

「ヘルワーダー」は3D視点のタワーディフェンスゲームです。

フィールドはタワーディフェンスでは珍しい、3D・TPSです。

敵の進路がその3Dフィールド上に表示されるので、
そこに自ユニットを配置、ウェーブが始まると自動的に戦闘が開始され撃退していくゲームです。

一般的な2D視点のタワーディフェンスをそのまま3Dにしたようなゲームで、遊びやすいと思います。

ユニットにはコストの概念やアップグレードなどの概念もあります。

特徴的なのは、ユニットとは別に自キャラがおり、これをウェーブ中に自由に操作してバトルに参加できることです。

そのためユニットで対処できない戦略的な部分を、強引に自キャラで対処することもできます。

「ヘルワーダー」はディスク版は発売しておらず、
プレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:ヘルワーダー

■ Orcs Must Die3

Orcs Must Die! 3 – Launch Trailer | PS4

「オークマストダイ」シリーズ最新作です。

オークたちを徹底的に殺戮していくタワーディフェンスゲームで、トラップやバリケードを設置して進路を妨害。

数多くの種類のオークに対して、爆発させたり、切り刻んだり、凍らせたり、酸をかけたり。
ジャンプ台で飛ばしてから攻撃するといったコンボのようなこともでき、さながらトラップゲームで遊んでいる感覚になれるゲームです。

今風のグラフィックで手に取りやすく、知る人ぞ知る名作シリーズです。

「Orcs Must Die3」はディスク版は発売しておらず、プレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:Orcs Must Die3

■ メゾン・ド・魔王

【PLAYISM】メゾン・ド・魔王

「メゾン・ド・魔王」は、アパート経営とタワーディフェンスが融合したゲーム。

プレイヤーは脱サラした魔王(?)となって、アパート経営に励みます。

モンスターを入居させ、家賃を徴収し、それを資金にアパートをより豪華にしていきます。

しかしそれをよく思わない冒険者たちは攻め込んできます。
住んでいる住民モンスターで撃退しよう!

そんな感じのタワーディフェンスゲームとなっています。

純粋なタワーディフェンスとは違いますが、アパート経営やモンスター育成も同時に楽しむことができる良作です。

「メゾン・ド・魔王」はディスク版は発売しておらず、プレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:メゾン・ド・魔王

■ 超獣ギガ大戦

「超獣ギガ大戦」は左右に陣を張って、相手の陣を攻め落とすタワーディフェンスゲーム。

いわゆるスマホゲームの「にゃんこ大戦争」系のゲームです。

このゲームはとにかく手軽さと、ユニットの強化や進化が面白いと思います。

スマホでよく遊ぶ方にはお分かりですね。時間経過で貯まるポイントを使って自陣からキャラを出撃。相手も同様に出撃してくるので、相手よりもうまく強キャラを出して、相手の陣地を破壊します。

戦闘で得たお金を使ってキャラ開放をしたり、レベルアップをしたり、あるいはキャラの進化というシステムもあります。

グラフィックは有名な「鳥獣戯画」をベースとしており、

あのキャラクターがかわいらしくちょこまかと動きます。

初心者でも遊べるお手軽操作に、キャラ育成にハマるゲームです。「にゃんこ大戦争」タイプのゲームが好きな方には特にオススメです。

「超獣ギガ大戦」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:超獣ギガ大戦

なお、これ以外の「横スクロールタワーディフェンス」は以下のリンク先をご覧ください。

スマホで大人気の「にゃんこ大戦争」。キャラを進軍させ敵陣(敵の城)を破壊する手軽なゲームで面白いですよね! そこで今回は、P...

■ キャッスルストーム

キャッスルストーム プロモーショントレーラー

「キャッスルストーム」は、横から視点の中世タワーディフェンスゲーム。

自分の城を建設し守りを固め、敵城を破壊、進軍していきます。

部隊を派兵して敵と戦ったり、バリスタを発射して城を破壊したり、魔法詠唱をしたりモンスターユニットを出撃させることもできます。

相手と戦うタイプのタワーディフェンスです。
友人との対戦バトルも可能となっています。

「キャッスルストーム」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:キャッスルストーム

■ The Keeper of 4 Elements

「キーパーオブ4エレメンツ」は、上から視点のオーソドックスなタワーディフェンスです。

砲台やタワーなどを各所に配置し、4つのエレメンツを設定します。

エレメンツによって、岩による物理攻撃をしたり、電撃の攻撃をしたり、炎の攻撃をしたりと分かれており、これによって戦略的に迫りくる敵を倒していきます。

攻めてくる敵は人間からモンスターまで幅広く、世界観としては中国や仙人の世界をイメージしたゲームです。

もちろん、タワーのアップグレード要素もあり、レベル制(面クリア)になっています。

「The Keeper of 4 Elements」は英語版のみの発売です。日本のプレイステーションストアで購入できますが、日本語化されていない作品です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:The Keeper of 4 Elements

■ SolSeraph

ゲーム映像を見てピンと来た方。そうです。「SolSeraph」はSFCの名作「アクトレイザー」をリスペクトした作品。

本作はアクトレイザーそのままのように、2D横スクロールアクションと、上から視点の街づくりの2種類のパートに分かれて進むゲームです。

その街づくりのパートに、タワーディフェンスの要素が組み込まれています。

街を作る際に適切に道や兵舎などを配置し、ウェーブ制でやってくる敵を撃退していきます。

作った街並みは完全には破壊されないため、街づくりが好きな方にもオススメです。

「SolSeraph」は2019年10月現在、海外での発売のみとなっています。

■■ リアルタイムストラテジーなゲーム

軍隊をリアルタイムに操作して、
敵陣に攻め込んだり、自陣を守ったりするゲームがあります。

こういったゲームを「リアルタイムストラテジー」と呼びます。

タワーディフェンスをより難しくしたようなジャンルで、似たようなプレイ感で楽しめると思います。

以下のリンク先にまとめてあります。

リアルタイムな状況を把握し指示を与えていくゲーム 「リアルタイムストラテジー(シミュレーション)」 毎回変わるプレイや一瞬の判断、ま...

■ 終わりに

以上、「PS4で遊べる、タワーディフェンスゲームまとめ」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索