「MAN OF MEDAN(マンオブメダン)」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

「MAN OF MEDAN(マンオブメダン)」をプレイしました(PS4版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ MAN OF MEDANとは?

小型船舶でダイビングにやってきた、男女5人。

彼らはそこであるものを目にし、そして不可解な事件へと巻き込まれていきます。

本作は、選択肢によってストーリーが変化するアドベンチャーゲームです。

キャラクターの行動や会話、選択で分岐がなされ、どのような結果になろうとも、ストーリーが続いていきます。

アドベンチャーホラーゲームです。

■ 思ったよりも面白い

PVで感じるイメージや、独特のB級映画っぽさがある本作ですが、思っていたよりも面白いです。

期待値よりも、かなり高い面白さでした。

物語にもグイグイと引き込まれ、気づけば一気にクリアするほど熱中。

ほら、映画とか小説とか、アドベンチャーゲームでもいいですけど、途中で飽きて小休止したくなる作品あるじゃないですか。

でもこれ、最初から最後までドキドキ(?)が続き、
「次どうなる?どうする?」
と気になって仕方ないんです。

■ 美しいグラフィックと俳優の演技

PS4世代のゲームの中でも、群を抜いてグラフィックがキレイだと思います。

そして、俳優さんの演技がかなりいいですね。

本作は実在する俳優からモーションキャプチャーで作られていて、微妙な表情の変化や目配せなどなど、めちゃくちゃ上手いです。プロの凄さを見せつけられました。

グラフィックも、顔のシワレベルまで作り込まれているんですよ。

だから、余計に感情移入しやすく、より物語に没頭できる。

色々な作り込みが、うまい方向に作用して、結果としてとてもよい作品になっていると感じます。

■ 分かりやすい登場人物

登場人物は5人です。
こういった作品の中では、かなり分かりやすい関係性だと思います。

初めて遊んでも、物語の最初の時点でパパッと繋がりが分かりますし、「この名前誰だっけ?」というのも起きません。

人数が少ないからなのか、キャラの個性を大事にしているからなのか。

上手いですよねぇ。
大体こういうゲームって、誰が誰かわからなくなるのに。

■ マルチプレイが面白い

本作は、1人プレイとマルチプレイが可能です。

1人プレイは、全てのキャラクターを切り替えながら進めていく形式。
問題なく遊べますし、もちろん楽しい。ただ、キャラごとの性格設定などがブレる感じがあります(複数人の選択肢を選ぶので、性格の一貫性が保てない)。

マルチは2つのモードがありまして、
1つ目はオフラインでコントローラーを渡しながらのプレイ。キャラごとに操作する人を変えながら遊ぶ、まぁこれは1人プレイに近い形です。

もう1つは、オンラインマルチ。
こちらは各キャラが同時に動きます。
キャラAが船の上で待機している、その一方でキャラBは海に潜っている、と同時展開して、
片方で何が起こっているか分からないので、かなり面白いゲーム体験になると思います。

■ 総評

前評判や見た目よりも面白いゲームだと思いました。

B級映画の感じではあるんですが、それよりももう一段レベルが高いです。

本作は、海上が舞台ということもあり、探索できる範囲に限りがあったり、通路が狭かったりと、比較的ストーリー進行がテンポ良いです。

探索が多いアドベンチャーゲームではなく、映画のように見て楽しむアドベンチャーゲームに近く、映画をゲームとして楽しんだという満足感があります。

「映画みたいなゲーム」と称される作品はたくさんあるのですが、本作は、それを一歩抜きん出た感じがあります。

うまく説明できないなぁ。
映画でもなく、アドベンチャーゲームでもない。
2つの融合がかなり上手くできていて、他のアドベンチャーゲームにはない、上質な体験ができます。

「普通な感じのアドベンチャーゲームなんじゃないの?」と思っている人ほど、プレイしてみてほしい作品です。

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント
¥2,828 (2024/07/24 18:48:34時点 Amazon調べ-詳細)

■ 終わりに

以上、「「MAN OF MEDAN(マンオブメダン)」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索