PS4で遊べる、コマンド式RPG・ターン制RPGのオススメゲームまとめ

PS4には様々なRPGがあります。

とはいえ最近は、「戦闘がアクションなRPGが多すぎる!」

そんな方のために、このページでは、じっくりと腰を据えて戦闘が楽しめる、コマンド選択式RPG、ターン制RPG(一部アクティブバトルを含みます)のオススメゲームを紹介したいと思います。
参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

誰もが知っている「ドラゴンクエスト」シリーズ11作目。ナンバリング作品になります。

ドラクエ11は昔ながらのドラクエの戦闘システムを採用。

シンボルエンカウント方式を採用しており、フィールドに見える敵キャラに触れると戦闘開始。戦闘中は自由に移動できますが、アクション的な要素や背後にまわってダメージ量が増えるといったこともなく、敵の攻撃を避けることもできません。移動に特に意味はないため、アクションが苦手な人にもオススメ。従来どおりのコマンド選択式でターン制のバトルで遊べます。

もちろん従来のドラクエの呪文や特技なども登場します。

本作は特にストーリーが面白いと絶賛されていますので、過去のドラクエシリーズを遊んでいるほど楽しめるかと思います。

■ サガ スカーレット グレイス 緋色の野望

サガシリーズの最新作です。

戦闘は3D視点ですが、ターン1・ターン2…と続くターン制バトル。キャラクターのコマンドを一人ずつ選択し、順番に攻撃に移っていく、昔ながらのRPGの戦闘スタイルです。

もちろんサガシリーズですので、連携技や閃きもあります。

本作では戦闘やシナリオに重きを置いており、不要な部分を排除することで、サクサクと遊べるようになっています。

サガシリーズのフリーシナリオシステムももちろん搭載していますし、サガシリーズの中でも傑作として話題になっています。

特に戦略性に富んだシステムですので、戦闘を楽しみたい方には強くオススメします。

■ ペルソナ5

最高峰の学園怪盗RPG・ペルソナ5の戦闘システムは、コマンド式になっています。

敵とエンカウントすると、近距離攻撃、銃を使う、スキルの使用、防御といったコマンドが○や△などのPSのボタン一つに割り当てられ、スムーズにテンポよく遊ぶことができます。

考える時間もありますので、アクションが苦手な人にもオススメ。

ペルソナは国内ではトップレベルのRPGです。
今やドラクエに匹敵するほどの知名度と人気を得、遊んだことのない方は非常にもったいないと思います。

シリーズ5作目ですが、前作との繋がりはなく、ここから遊んでも楽しむことができます。

ペルソナ5ザ・ロイヤル(P5)、完全版、通常版、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?
大人気ペルソナシリーズ「ペルソナ5(P5)」 ペルソナ5には様々な種類が発売されていますが、それぞれどう違うのでしょうか? 今回は、...

■ 龍が如く7

アクションゲーム「龍が如く」はシリーズ7作目にして、全く新しい戦闘システムが導入されています。

それがコマンド式RPG。

これまでの戦闘システムを一新し、「戦う」「極み」「防御」といったコマンドをボタン一つで扱い戦えるようになっています。

更に4人の仲間でパーティを組めるようになっており、用心棒やダンサーといったジョブを変更して能力を得ていくシステムもあります。

シリーズ7作目ですが、心機一転新しい主人公の物語となっており、これまで遊んだことのない方でも楽しむことができます。

公式でも「ドラクエ」という単語が使われており、ドラクエを強く意識した作りになっています。

■ いけにえと雪のセツナ

「いけにえと雪のセツナ」はスクウェア・エニックスが発売する、昔ながらのファンタジーRPG。

昔ながらのRPGというのは、「クロノ・トリガー」を一つのベースとして作られています。

そのため戦闘はコマンド選択式を採用。戦うや魔法などのコマンドを選択して、敵を攻撃していくRPGになっています。

戦闘中の時間はターン制ではなく、「ファイナルファンタジー4」あたりのアクティブタイムバトル制。アクティブタイムバトルは敵味方にスピードのパラメータがあり、スピード順で行動できるものですね。ターン制ではありませんが、それほど忙しくなくアクションが苦手な方でも遊べます。

「いけにえと雪のセツナ」は昔のRPGを取り戻すべく開発されていますので、戦闘もそれほど難しくありません。

スーパーファミコン時代、PS1時代のRPGが好きな方に特にオススメです。

■ CHILD OF LIGHT

「チャイルド・オブ・ライト」と読みます。このゲームは横視点のファンタジーRPG。

戦闘も横視点です。味方と敵が数体、左右に配置され戦っていく戦闘で、イメージとしては「ファイナルファンタジー4」あたりのもの。

戦うや魔法などのコマンドを選択して、敵を攻撃していきます。

チャイルドオブライトでは、敵味方にスピードの要素があり、速い順から戦闘行動に移れます。昔あったアクティブタイムバトル制です。次のキャラクターの行動順序は、戦闘画面にも表示されますので、このキャラで回復してから、次のキャラで戦うをしよう。と戦略的に考えられます。

もちろんそれほど忙しくならずに戦闘が楽しめます。

水彩タッチでかわいらしい絵本のようなRPGです。見た目でビビッと来た方は、買って間違いないゲームだと思います。

■ Darkest Dungeon

「ダーケスト・ダンジョン」と読みます。このゲームは横視点のダークファンタジーRPG。

一見ホラーかと思うグラフィックですが、ダーク系のRPGです。雰囲気としては、ダークソウルやディアブロ系統(横視点ですが)。

戦闘は、味方と敵が数体、左右に配置されて戦うもの。コマンド選択式、ターン制バトルなのでじっくりと考えながら戦闘ができます。

スキルなどを使って戦うのですが、このゲームの面白いところは、ストレスというものがあり、溜まりすぎると悪い効果が出ることです。

ダンジョンは、入るたびに毎回変わるローグライクです。ダンジョンに潜り、レベルを上げ、お金や素材を手に入れてヒーローを強化、再びダンジョンへ潜るといったゲーム性です。

もちろんダンジョンに潜るには、食料や松明なども必要で、事前に買って持ち込まなければなりません。

ヒーローは雇って育てるのですが、使えそうにない人は解雇もできます。
このあたりの説明で「おっ」と思った方は間違いなくハマりますよ。強くオススメできます。

■ フォールアウト4

フォールアウト4は、荒廃した世界を旅するRPGです。

近未来の時代のため、登場する武器は銃や鈍器。銃が登場するのですが、戦闘はターン制コマンド式(リアルタイムFPSとの切替可)になっています。

具体的には、ボタン一つで時間を止められます。自分も止まるし相手も止まり、その間に相手の部位を指定して攻撃できます。

敵が物陰に隠れていれば命中率が下がり、ひらけた場所にいれば命中率100%になるわけですね。ですから相手との位置取りが大切になります。

時間を止めていない間はリアルタイムに攻撃をされます。そのため、敵に見つからないように物陰に隠れながら進み、敵を見つけたら時間を止めて攻撃。攻撃したら隠れて敵の攻撃をやり過ごす。といった戦闘スタイルが可能となっています。

フォールアウトの動画などを見て、FPSだと思い買うのを躊躇している方。戦闘中の時間は止められ、ドラクエのようなターン制コマンド式RPGのように遊べますので、ぜひ手にとってみてくださいね。

フォールアウト4GOTY版(完全版)、通常版、新価格版、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?
国内でも爆発的な大ヒットとなった「フォールアウト」シリーズ最新作、「フォールアウト4」 めちゃくちゃ面白いゲームなのでオススメしたいの...

■ 終わりに

以上、「PS4で遊べる、コマンド式RPG・ターン制RPGのオススメゲームまとめ」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク