「のらねこものがたり」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

「のらねこものがたり(のらねこ物語)」をプレイしました(PS4版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ のらねこものがたりとは?

ママとはぐれてしまった、小さな子猫。

彼はその日から「のらねこ」となって、生きることになります。

ゴミ箱を漁って餌を見つけたり、他のネコたちと交流をしたり、初めてのニンゲンにも近づかなければなりません。

果たして子猫はママと再会することができるのか?

そんな物語主導型の、サバイバルアドベンチャーゲームとなっています。

■ 可愛らしく遊びやすい

ドット絵や雰囲気の良さから、手にとってみたタイトルです。

PVなどのイメージそのままでした。

ネコたちの仕草がかわいらしく、また、斜め上から視点のため遊びやすいです。

おそらく、「単にネコが好き」だけで買おうとしている方や、ゲームが苦手な方でも遊べると思います。

■ コンパクトな造り

体力ゲージや空腹ゲージがあるので、結構難易度の高いサバイバルだろうか?とか、敵が出てきたりとか、RPG的なゲームなのかな?とも思っていましたが、実際には、かなりシンプルな造りのゲームになっています。

スマホゲーともちょっと違うな。
昔むかしのファミコンのゲームをしているような感覚です。

この辺が賛否分かれるところかもしれません。

いろんなことができる奥深いゲーム(カイロソフトみたいなの)だと思っていると、肩透かしを食うと思います。サクッとネコ感を楽しむ、ぐらいがいいと思います。

■ 繰り返しプレイ可能だが

エンディングがかなりたくさん用意されているということもあり、繰り返しプレイが可能です。

1週のプレイ時間が短いので、挑戦したくはなりますが、繰り返しイベントを見るようになってしまい、作業感が強いですね。

この辺はもうちょっとローグライクっぽさが入れられてると、プラスに働いたかも?とも思います。

まぁでも、エンディング条件がひと目で分かりやすいので、そっち側に配慮したのかもしれませんね。

■ ぐっとくるエンディング

音声はなく、文字とドット絵キャラの動きで表現されるのですが、エンディングは結構ぐっときますね。

翻訳がうまいんでしょうかね?

一見幸せそうだけど不幸せそうにも見える。とか、これで良かったのかもしれない。といった感情が、エンディングを迎えるたびに押し寄せます。

嬉しさに、切なさや心が締め付けられるような感情にもなれ、こういった感覚になれるのは、ゲームの道中でかなりうまく感情移入できていたんだなぁ、なんて思い知らされます。

■ 総評

ネコによる癒やしの充足、ドット絵の和みなんかを味わえるゲームだと思います。

「斜め見下ろし、シンプル、ドット絵」
こういったゲームは家庭用機ではあまりなく、PVだけ見て、「あっ!これは!」と思った方は買いだと思います。

特に、猫を飼っている方にはオススメですね。

一方で、ゲームシステムが造り込まれているとか、苛烈なサバイバルゲームを想像していると、ちょっとイメージと違っていると思います。

価格はかなり安く設定されていますので、ちょっと一冊本を読む、スイーツを食べに行った、ぐらいの感じで買ってもらえると幸いです。

私これ、動画見た瞬間「!!」となって、気づいたら買っていたんですよねw

いやー、なかなかにいいゲームでした。

以下の商品は1作目と2作目のセットです。

created by Rinker
シーエフケー(CFK)
¥3,350 (2024/07/25 16:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

■ 終わりに

以上、「「のらねこものがたり」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索