「Bahnsen Knights」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)【バンセンナイツ】

「Bahnsen Knights(バンセンナイツ)」をプレイしました(PS5版/日本語版)。

Bahnsen Knights – Release Date Trailer | PS5 & PS4 Games

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ Bahnsen Knightsとは?

Bahnsen Knights – Official Launch Trailer

80年代のパソコンゲームのようなグラフィックのサウンドノベルです(2023年発売)。

プレイヤーは捜査官となり、あるカルト教団へと潜入しますが・・??
といったストーリー。

文章を読みながら選択肢を選び、ミニゲームをこなしながらストーリーを進めていきます。

ピクセルパルプシリーズの3作目ですが、前作との繋がりはなく、本作から遊び始めても楽しめます。

■ 雰囲気が最高

前作、前々作とはまた違った雰囲気でいいですねぇ。

今作は特に潜入捜査官ということもあり、疑心暗鬼のスリル感がありますね。

敵か味方か分からない。
行動一つで疑念を抱かれ、あれよあれよとゲームオーバーに。

過去作よりも登場人物に個性があって、危ない奴がいっぱいいて楽しいです。

■ 選択肢による変化

前作「ヴァーニーレイク」は選択肢がほとんどない印象でしたが、今作はガッツリあります。

さながら「ゲームブック」を読んでいるかのようにプレイできました。

覚えてます?ゲームブック。

「分かれ道がある。どちらへ進む?」
・右へ進む→5ページへ
・左へ進む→23ページへ

とか選択肢を選びながら読み進める小説です。

created by Rinker
¥500 (2024/05/30 07:51:42時点 Amazon調べ-詳細)

本作は、ちょっとした選択肢の数々なのに、緊張感があるから「どれを選ぼう?」を悩むのです。
結構かんたんにゲームオーバーになったりして、これがまた楽しいです。

■ セーブ推奨?

ゲームをスタートする際、
「こまめなセーブを心がけてください」と表示され、こまめにセーブをしながら進めたのですが、結局最後まで意味が分かりませんでした。

ゲームオーバーになっても直前からやり直せるし、セーブしてなくても大幅に戻されることはありませんでした。

可能性があるとすれば、
本作には「信頼メーター」みたいなのか各キャラにあって、
・不審な行動をするとメーターが上がる
・信用される行動をするとメーターが下がる
というシステムがあります。

これの詰み防止だったのかも?

■ ミニゲーム多め

今作は最もミニゲームが多いと思います。

定番のソリティアだけじゃないです。
「モスメン」であったミニゲームがてんこ盛りな感じ。

ピクセルパルプは80年代パソコンゲームの雰囲気を大切にしているからか、選択肢によってミニゲームを行わせるので、アクションゲームとは合わないですね。

まぁミニゲームのグラフィックや動きが好きすぎたので、さほど問題ありませんでしたが。

■ 総評

Bahnsen Knights – Release Date Announce Trailer

ピクセルパルプシリーズ第3段です。

前作、前々作が好きだった方は「買い」だと思います。

特に今作はグラフィックがスゴく良いです。

キャラの個性を深掘りして作っているからか、登場人物たちの胡散臭さとか怖さがグラフィックに現れていて、この点素晴らしいと思います。

表情とか構図とかが過去作1だと思います。

ゲーム中の選択肢も多く、
もしかしたら全然違うルートがあったのかも?
と思えるほど、何も触らなかった部分もありますし、何周か遊べるかもしれません。

例にももれず、サクッと読め楽しめる作品に仕上がっています。
今夜楽しむか、ぐらいの感じで買ってもらえればいいと思いますよ。

■ 終わりに

以上、「「Bahnsen Knights」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)【バンセンナイツ】」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索