「クアリー ~悪夢のサマーキャンプ」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)【THE QUARRY】

「クアリー ~悪夢のサマーキャンプ(THE QUARRY)」をプレイしました(PS5版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ クアリー ~悪夢のサマーキャンプとは?

まるで映画を見ているようにプレイできる、ホラーアドベンチャーゲームです。

プレイヤーはキャンプのカウンセラー(キャンプリーダー)たちとなって、ひと夏を終えたキャンプ場にいます。

このキャンプ場には、老婆の怪談話があり、彼らは恐怖体験に巻き込まれていきます。

各キャラクターを操作し、選択肢を選び物語を紡いでいきます。
選んだ選択肢や行動によってストーリーが変化していく、オープンシナリオ・アドベンチャーです。

■ それほど怖くない

本作は、「アンティルドーン」や、「MAN OF MEDAN」などのThe Dark Picturesシリーズを手掛けた会社の作品です。

選択肢でストーリーが変わるホラーアドベンチャー「ダークピクチャーズ(THE DARK PICTURES)」シリーズ。 ダーク...

これまでの作品と比べて、怖さは抑えめですね。

もっとドキーンとする場面や、心臓がバクバクする展開を想像していたのですが、思いの外そういったシーンが少なくて、安心して(?)遊べました。

たぶんホラーゲームが苦手なひとでも遊べると思います。
但し、グロ表現(気持ち悪い系)はかなり多めです。

ドバーンと幽霊が出てくるのは苦手だけど、血は結構大丈夫。
そんな人にはオススメです。

■ 一癖ありそうなキャラ

一癖も二癖もありそうなキャラクターが何人も出てきます。

こういうのっていいですよね。
何を考えているのか、行動が読めない。
敵か味方か分からない。
立場とかじゃなくて、顔がうさんくさい。

人の表情や顔つきって、その人の人生が映し出されるなんて言ったりしますけど、そういうのが出ている登場人物たちです。

あ、でもこれは役者さんですね。
役者さんが素晴らしい演技をしてくれています。

本作では、ハリウッド俳優の「ランス・ヘンリクセン」が出てて、私大興奮でしたw

映画「エイリアン」や「ミレニアム」に出演、ゲームで言うと「Detroit:Become Human」の画家もこの人ですよね。
好きなんですよねー。

他にも、「名探偵ピカチュウ」のジャスティス・スミスや、「死霊のはらわた」のテッド・ライミなど、映画好きにはたまんない俳優陣です。

なんか見たことある!な人たちが出ているのも、本作の魅力だと思います。

■ B級映画と唐突な展開

過去作と比べて、本作は唐突な展開が気になりました。

後半になるほど顕著です。
私の選択肢があまり良くなかったのかな?

本作はオープンシナリオ・アドベンチャーで、選択肢や行動によって物語が変化したり、登場人物たちの生死が分かれたりします。

展開の多様性に対して、シーンごとのムービーが合っていない箇所がよくありました。

それ故に、
「あれ?急にこの人出てきたぞ」とか、
「あの時との繋がりがおかしいような?」
といったシーンが多かった印象です。

まぁ、そういうのも含めて好きなんですけどね。

B級映画が好きな人には特にオススメのゲームですし、このゲームが気に入った人は、B級映画にも手を出してほしいです。

手始めに、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」あたりから始めてみましょうか(なんのオススメレビュー?w)。

■ QTEへの配慮不足

本作は、QTEの配慮が足りないと感じます。

QTEとは、ムービーシーン中に「○ボタンを押せ!」とか、「×ボタンを連打しろ!」みたいなボタン操作のことです。

シリーズが続き、次第にQTE操作が洗練されてきていただけに、若干の後退で残念といった印象です。

QTEで求めているものが分からないのですね。
序盤は特に苦労しました。

とはいえ、似たようなQTEが最後まで続くので、序盤にやり方さえつかんでしまえば問題ないと思います。

※QTEのやり方と種類については、他記事でもまとめましたので参照してみてください。

このページで紹介しているのは、ゲーム「クアリー ~悪夢のサマーキャンプ(THE QUARRY)」の「QTEのやり方と種類」についてです。 ...

■ 総評

B級ホラー映画らしい、アドベンチャーゲームです。

映像の美しさは一級品です。
ほぼ実写レベルの登場人物たちを動かしますし、日本語音声なので、没入感も高いです。

個人的には、シリーズの中でもちょっと物足りないかな、とは思いました。オープンシナリオ・アドベンチャー作りの難しさが、ゲームからにじみ出ている感じがあります。

ただ、ゲーム全体をトータルで考えると、十分楽しめていたと思います。

こういうB級映画的な作品って、作品ごとに方向性が微妙に異なると思うんです。

自分の求める方向性とピッタリ合っていると、めちゃくちゃに楽しめるし、違っていると違和感がある。
そんな風に感じたゲームでした。

created by Rinker
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥2,180 (2024/06/21 13:25:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥2,480 (2024/06/21 06:15:37時点 Amazon調べ-詳細)

■ 終わりに

以上、「「クアリー ~悪夢のサマーキャンプ」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)【THE QUARRY】」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索