「マーセナリーズリバース」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

昔ながらのターン制シミュレーションRPG「マーセナリーズリバース 追憶のワイルドリンクス(Mercenaries Rebirth)」をプレイしました(PS4版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ マーセナリーズリバース 追憶のワイルドリンクスとは?

マーセナリーズシリーズの1作です。
「リバース」という名前ですが、過去作のリメイクではなく、完全新作です。

本作は昔ながらのターン制シミュレーションで、スーパーファミコンやプレイステーション1時代のゲームを彷彿とさせます。

視点は斜め上45°で、回転させることもできます。

自分のターンに、キャラクターごとに移動・行動させ敵を攻撃。距離や高さの概念で命中率が変わってきます。

自分のターンが終わると相手のターン。
相手も同様に移動・行動で攻撃をしてきます。

世界観は中世ファンタジーとなっており、剣や魔法、
王国や魔物などが登場します。

■ 安定感のある最新作

マーセナリーズシリーズは、PS4では3作目です(全体では6作目)。

昔ながらのグラフィックですが、作られたのは最近です。しっかりと進化してきています。

前作でAIオート戦闘が導入され、今作では、更に細かいところに手が届くように改良されていますね。

AI戦闘は特に快適です。
レベル上げやお金稼ぎ、SP稼ぎがかなり楽になっており、シミュレーションRPGの面倒なレベル上げがまるっとありません。

■ 魔法品合成が面白い

武器や防具は種類が多く、基本的には攻撃力や防御力で強さが決まるのですが、特殊能力というものもあります。

武器・防具は、
・ノーマル品
・マジックアイテム
・パズルピースアイテム
の大まかに3種類に分かれます。

このうち、マジックアイテムは合成が可能で、それぞれの持つ特殊能力を継承できます。

例えば剣で、「HP+10」という能力を持ったものがあるとしますよね。
これに、「追加ダメージ+20」の剣を合成すると、「HP+10」「追加ダメージ+20」の剣が出来上がります。

マジックアイテムは、剣・盾・兜・鎧・足甲・装飾品と全ての武器防具にあります。
そのため、剣にダメージ+を付けて、鎧に炎耐性を付けて…みたいなことができるのですね。

更に更に、同じ能力同士を合成すると、1ランク上にすることもできます。

これ、かなり楽しいです。
最強の武器を作ったり、キャラによって、このキャラは状態異常に強くしようとか、方向性やビルド的なことができます。

AI戦闘によって、マジックアイテム掘りやお金稼ぎが簡単になっているので、合成の楽しさが格段に増しています。

■ 大人向け(?)のストーリー

本作の主人公がおっさん(年齢を重ねている)ということもあり、「過去」や「歩んできた道のり」を表に出したストーリーになっています。

これまでのシリーズとはだいぶ趣が変わってますね。
私は結構好きです。

また今作では、1章ごとにストーリーに進展があり、1章1章進めていくのが楽しくなりました。

ちなみにマーセナリーズシリーズは、毎回キャラ絵を描いている人が変わります。
見た目ほどアニメちっくな内容ではなく、硬派なシミュレーションRPGです。

国家や王族、傭兵や陰謀など、しっかりとファンタジーしており、昔ながらのゲームが好きな大人の人向けだと思います。

■ 応援したいシリーズ

マーセナリーズシリーズは、私は「マーセナリーズウィングス」から入ったのですが、ほんっと毎回いいですね~。

今作も、見つけるや否やすぐに購入し遊んでいました。

昔ながらのS・RPG。
中でも「ファイナルファンタジータクティクス」や「タクティクスオウガ」が好きだった方には、ぜひともプレイしてもらいたいタイトルです。

一手ずつキャラクターを動かす、あの心地よいプレイ感がしっかりとあります。

マーセナリーズは、まだまだ、知る人ぞ知るみたいなシリーズになってますので、もうちょっとスマッシュヒットして欲しいです。

気になってるそこのあなた。
ちょっと買って、1章遊んでみてください。
ハマりますよ。

■ 終わりに

以上、「「マーセナリーズリバース」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索