PS4で遊べる、1対多数のFPS・TPSマルチプレイゲーム・非対称マルチのオススメまとめ

オンラインマルチ対戦のできるFPS・TPS。

多くのFPSは5対5や10対10といったように、均等な人数での対戦ができます。

その一方で、1対多数といった人数不均等なマルチFPSがあります。「非対称マルチ」とも呼ばれるゲームです。このページでは、それら1対多数のFPS・TPSマルチプレイゲームのオススメを紹介したいと思います。
参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ Dead by Daylight (輸入版:北米)

「デッドバイデイライト」と読みます。

このゲームは殺人鬼から逃げ回ることを目的としたホラーです。

1人は殺人鬼となり、4人のサバイバーを追い回します。もう片方はサバイバーとなり殺人鬼から逃げます。

殺人鬼の目的はサバイバーを捕まえて特定の場所に吊るすこと。吊るした状態でしばらくするとサバイバーは完全に死んでしまうので、そうすると殺人鬼側の勝ち。

サバイバーの目的はエリアにある発電機を起動して、脱出することです。脱出できれば勝ち。また、吊るされた仲間が死んでしまう前なら助けることができます。

ココまで読むと「あっ!」と思いますよね。そうです。子供の頃に遊んだ「ドロケイ(ケイドロ)」です。ホラー要素のあるドロケイと言えると思います。

殺人鬼側は、サバイバーを常に追いかけるのか、吊るす場所で待ち構えるのかといった駆け引きがありますし、サバイバー側は、殺人鬼に捕まらないようにするハラハラを常に感じられます。

それぞれにレベルとスキル、武器があり、遊ぶほどにスキルを得られ対戦を有利に進められます。

2018年に話題となっているゲームです。

写真は北米版のゲームソフトですが、自動的に日本語となります。もちろん日本のPS4本体で遊べますし、オンラインは日本のアカウントで遊べます。

■ Friday The 13th The Game

「フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲーム」と読みます。

映画をよく見る方なら、ご存知「13日の金曜日」のジェイソンのゲームです。

1人のプレイヤーはジェイソンになります。残りの7人のプレイヤーはカウンセラー(逃げる側)となる非対称マルチゲームです。

映画の通り、ジェイソンは歩くのが遅いです。遅いのですが、罠やスキルを使ってカウンセラーを追い詰める面白さがあります。息を潜めてカウンセラーを待ち構え、正面から捕らえた時には最高だと思います。

一方でカウンセラーは非力ですが逃げるスピードが速い。常にハラハラと周囲を見渡し、ジェイソンからギリギリのところで逃げ延びた時には最高の気分です。その場にある武器でジェイソンに抵抗することや、ベッドの下などに隠れるといったこともできます。

映画のシーンを模したエリアもあり、非対称マルチを楽しみたい方だけでなく、映画ファンにもオススメしたいゲームです。

「Friday The 13th The Game」は日本語版が発売されています。

■ Evolve

「エボルブ」と読みます。

このゲームはモンスターハンティング非対称マルチです。

1人はモンスターになります。片側4人はハンターとなって、モンスターを狩る側。

モンスターは強靭な力によってハンターたちを倒していくのが目的。一方のハンターは非力ながらも銃による遠距離攻撃が可能となっています。

ハンター側にはクラスがあり、攻撃力の強いキャラ、トラップを仕掛けられるキャラ、回復役となるキャラ、守備に強いキャラと役割があります。一人ひとりは非力なので、連携が必要とも言えるかと思います。

「モンスターハンター」でモンスターを操作したい!と思っていた方には特にオススメのゲーム。

なお、PC版「Evolve」は2018年9月オンラインサービス終了予定です。詳しくはこちらの公式サポートをご覧ください。

「Evolve」は日本語版が発売されています。

■ 終わりに

以上、「PS4で遊べる、1対多数のFPS・TPSマルチプレイゲーム・非対称マルチのオススメまとめ」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク