ゲームを「やらなきゃ!」と思ったら一旦離れたほうがいい話

「ゲームをやらなくちゃいけない!」
そんな思いにかられたことはありませんか?

最後までクリアしなくちゃいけない。
プラチナトロフィーを取得しなくちゃいけない。
ログインボーナスを受け取らなくちゃいけない。

大なり小なり経験がある人は多いと思います。
今回はそんなお話です。

スポンサーリンク

■ 「やりたい」が「やらなきゃ」に

「やりたい」と思って買ったゲーム。「楽しい」と思って遊び始めたゲームが、いつしか「やらなきゃ」に。

実際には、途中にもう一段階ある感じですね。「やりたい」→「そわそわしながらやる」→「やらなきゃ」か、「やりたい」→「やらなきゃ」→「もう嫌だけど」のどちらかでしょうか。

ポイントは「つまらない」とは違う感情なところです。「つまらない」のに「無理して続けている」状態とも言えます。

■ どんな「やらなきゃ」「しなくちゃ」がある?

上にも挙げましたが、
・買ったからには最後まで遊ばなくちゃいけない
・サブクエストまで全部やらなくちゃいけない
・2週目まで遊ばなくちゃいけない(分岐を知りたい)
・プラチナトロフィーまで取得しなくちゃいけない
・レベルや取り逃し要素を全部手に入れないといけない
・シリーズ物は順番にプレイしないといけない

といったところでしょうか。
スマホゲームだと、

・ログインボーナスを受け取らなくちゃいけない
・スタミナを効率的に消費しないといけない

などもありますね。

■ そう思い始めたら?

「やらなきゃ」という感情が出始めたら、そのゲームから離れることが大切です。この状態を続けていると、そのうちゲーム自体が嫌いになります。

本来ゲームはクリアしなくても良くて、5分遊んでつまんなかったら辞めてもいいわけですよね。売ってそのお金で新しいゲームを買った方がいいわけです。

・ゲームを売って新しいものを買う
・とりあえず放置しておいて、別の趣味をする

のどちらかがいいと思います。

まぁ親に買ってもらっている場合や、お金がなくて買った場合は若干状況は変わってはきますけど、概ねそういった気持ちで臨んでいいと思っています。

本来「つまらない」と思ったらやめるべきなんですよね。ドラマにしても、映画にしても本にしても「つまらない」と思ったらやめますよね。映画は2時間ぐらいだから見るかもですけど、本や連続ドラマがつまらないのに「最後まで見なきゃ」というのはないと思います。

ゲームの場合は値段が高いためか、「つまらなくても」「やらなきゃ」と思いがちです。でも実際には、売って新しいものを買えば、それほどお金もかかりません。

昨今ゲームについても「好きなゲームのシリーズだから買わなきゃ」とか「メーカーを応援しているから買わなきゃ」といった話もちらほら聞こえてきます。

これはこれで正しいことだとは思いますが、ゲームを趣味として遊ぶのとはやはり違うと思うのですよね。

■ 昔と今で違う「やらなきゃ」

昔のゲームと今のゲームは明らかに違います。あ、昔というのはファミコン時代を指しています。

ファミコン時代のゲームソフトは、例えば「スーパーマリオブラザーズ」を挙げますが、1時間ぐらい遊ぶと、楽しいか楽しくないか、自分に合うかどうかがわかりました。それだけシンプルなゲーム性だったわけです。

ところが最近のゲームは複雑になったこともあり、1時間ぐらい遊んでも、楽しいか楽しくないか分かりません。5時間ぐらい遊んでようやくわかり始めるものや、何十時間も遊んでもよくわからないものもあります。

こういうゲームの「つまらない」の判断は難しいのですが、「つまらんなー」がしばらく続くようであれば、やめてしまっていいと思います。

■ 再び遊ぶと楽しく感じるものも

傑作と呼ばれている「フォールアウト」で私は「つまらんなー」を感じました。それでやめちゃったんですね。

ただそのときは売るのも忍びなかったので、しばらく保管していました。数ヶ月してから遊んでみると、今度は「面白い!」と思ったのですね。

その時の自分の遊び方や忙しさ、気持ちの持ちようで同じゲームでも「面白い」「つまらない」が変わってくると思います。

ですので、「つまらない」と思ったら一旦やめるべきで、その前の段階「やらなきゃ」を感じ始めたら、少しでも離れるべきだと思っています。

フォールアウトシリーズがつまらないと思ったら試してみてほしいこと
「フォールアウト(Fallout)」シリーズは面白いと言われているけど、遊んでみてもつまらないじゃん!名作だと言われているから買ったのに! ...

■ 終わりに

以上、「「ゲームをやらなきゃ!」と思ったら一旦離れたほうがいい話」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク