フォールアウトシリーズがつまらないと思ったら試してみてほしいこと

「フォールアウト(Fallout)」シリーズは面白いと言われているけど、遊んでみてもつまらないじゃん!名作だと言われているから買ったのに!

そんな方に試してみてもらいたいことをご紹介します。

スポンサーリンク

■ フォールアウトの面白さとは?

フォールアウトはどこが面白いのでしょうか?

一般的には、「自由度の高さ」が言われていると思います。フォールアウトは、あの世界で自由に生きることができます。

メインとなるストーリーを進めてもいいし、サブストーリーだけを遊んでもいい。もっというと、ストーリーを無視して放浪の旅をしてもいいゲームです。

通常のRPGの場合、自分が善となるストーリーとするか、悪となるストーリーとするかのように、何をすべきかがほぼ決められています。

しかしながらフォールアウトシリーズは、自分が善にも悪にもなれます。例えば「敵対しているグループを倒して欲しい」と依頼された時に、言われたとおりにグループを倒してもいいですし、敵対者につき逆に依頼者を倒してもいいです。他にも依頼を聞くだけ聞いておいて無視してもいいですし、銃撃戦で当たりどころが悪く、双方が死んでしまうこともあります。

これが「自由度の高さ」。フォールアウトの面白さの原点だと思います。

フォールアウトシリーズは、4作目で建築要素が追加されました。これによってこれまで行ってきたゴミ拾いが意味をなすようにもなりました。ゴミを素材にして建築をし、拠点防衛をするのも面白いですし、拾ったゴミ(アイテム)を家の中に自由に飾り付けて遊ぶこともできます。

■ 実はわたしもつまらないと思っていた

わたしはフォールアウトシリーズは、3で初めて遊びました。その時既にフォールアウトは、一部の人たちの間で傑作であると話題となっていました。

しかし実際に遊んでみると、「これはどこが面白いんだろう?」と。遊んだのは、たしか5時間か10時間ほどだったと思います。

フォールアウト3は特に、序盤の指針がありません。4以上にないと思います。最初の洞窟を出ると世界を自由に歩けてしまい、それこそ最終エリアにまで行けてしまいます。荒廃した道路や家屋が広がっているだけで、行商人のような人と出会うぐらいです。最初の町が近くにないこともあり、わたしは意味もわからず強敵のいる地域まで足をはこんでいました。

敵も強いし、何をしたらいいかわからないし、すぐやられるし、歩いているだけで何が面白いんだろう。と。

■ つまらないと思ったら試してほしいこと

わたしはつまらないと思って、フォールアウト3で遊ぶのをやめました。そしてそのまま押入れの奥にしまっておきました。いわゆる積みゲーですね。

そして半年ほど別のゲームで遊び、フォールアウトのことは忘れていました。押し入れの片付けをした際、フォールアウト3を発見したんですね。

「もう一度遊んでみようかな?」と思いました。

本腰を入れたわけではないのですが、もう一度遊んでみると今度はなぜか面白い。よくわからないけれど面白い。これは傑作だ!と思えるほどにハマっていました。

つまらないと思ったら、この方法がオススメです。売らずにしばらく寝かしておいてください。半年後に遊ぶといった期日を設けずに、なんとなくふと思い出したら遊んでみてください。

なぜ面白いと思えたのか原因はよく分かりませんが、おそらく最初に遊んだ部分を知っているために、視野を別の箇所に広げられたこと。放り出される世界観も知っているために、受け身でのRPGではなくこちらから行動するRPGとして遊べたこと。などを考えています。

まぁ、詳しくはいまだによく分かりませんがw

その後、フォールアウトの面白さを知り、フォールアウトNVやフォールアウト4ももちろんハマりました。

フォールアウトシリーズでつまらないと思ったら、是非この方法を試してみてください。

■ 終わりに

以上、「フォールアウトシリーズがつまらないと思ったら試してみてほしいこと」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク