テレビゲームのジグソーパズルまとめ

飾ってもよし、繰り返し作ってもよし、一人で遊んで心を落ち着けたり、子供と一緒に遊んだり。

ジグソーパズルにはそんな魅力があります。

そこで今回は、色々なゲームのジグソーパズルを紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ ピース数の違い

概ね、100~1000ピースのものを紹介しています。

100ピースで完成まで概ね1時間。
子供向けパズル(めちゃくちゃピースが大きいもの)が50ピース前後ですので、パズルに慣れた子供向け、初心者の大人向けと言えます。

1000ピースは、完成まで10時間ほどかかり、とても難しいに属します。

300や500ピースはその中間で、大人でも楽しめるほどよい難易度と言えます。

■ 星のカービィ(500ピース)

■ 星のカービィ(180ピース)

■ ファイナルファンタジー7 リメイク(300ピース)

■ ニーア レプリカント(1000ピース)

■ キングダムハーツ(150ピース)

■ スプラトゥーン2(300ピース、1000ピース)

■ ポケットモンスター(1000ピース)

■ ゼルダの伝説(300~1500ピース)

■ ドラゴンクエスト(1000ピース)

■ マインクラフト(300~1000ピース)

■ バイオハザード(300ピース)

■ マリオパーティ(108ピース)

■ モンスターハンター アイスボーン(1000ピース)

■ フォートナイト(500ピース)

■ 進撃のバハムート(500ピース)

■ パズルフレーム

■ 終わりに

以上、「テレビゲームのジグソーパズルまとめ」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索