「バイオハザード2リメイク 体験版」を遊んだ正直な感想(ネタバレなし)【バイオハザードRE2】

「BIOHAZARD RE:2(バイオハザード2リメイク)」の体験版をプレイしました(PS4版)。

30分ほどのプレイですが、所感を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ 体験版のルール

今回の体験版の概要(ルール)は以下の通りです。

・PS Storeから誰でも遊べる(Plus会員とかじゃなくてもいい)
・30分だけ遊べる
・クリアできたらもう一度遊べる

わたし、これだいぶ勘違いしてまして、体験版に本編の全部が入っていると思ってました。それを30分だけ進めるところまで遊べる、と。

PS1時代の「バイオハザード2」にタイムアタック的な要素があったため、それを取り入れた体験版だと思っていたのですね。

しかし実際に遊んでみると、遊べる箇所は体験版としての短い部分だけです。それを30分の制限時間で遊べるようになっている。ということでした。

また、クリアしたら「もう一度、最初から30分間遊べる」ではなく、クリアしたら「残りの時間を、もう一度最初から遊べる」です。

つまり、20分で体験版をクリアできたら、残りの10分を最初からもう一度遊べるということですね。2回目はクリア不可能でしょうから、未探索の部分を見て回って終わる感じです。

これは逆に考えると、1週目を時間制限ギリギリまで探索し回ったほうが得だと言えます。

■ どのぐらい時間がかかるの?

30分制限時間があるということは、どのぐらいのスピードで遊ぶとクリアできるのか、気になりますよね。

大体こんな感じです。

・10分…道順は最短ルート、オールダッシュで敵全スルー
・15分…道に迷わず、ほぼダッシュで敵を難なく排除できる
・20分…寄り道をほぼしない、歩きとダッシュ併用
・25分…普通のプレイで死なない、ある程度探索可
・30分…しっかり探索する。道に迷う。謎解きで詰まる。何度も死ぬ。

というわけで、「歩きとダッシュを併用、敵を普通に倒せる、
道をむやみに行ったり来たりしない」ならクリアできる時間です。

FPSやTPSに慣れている方なら楽勝だと思います。

■■ 感想

■ バイオ4をバイオ7グラフィックで遊んでいるかのよう

体験版でプレイできたのは、レオンの警察署のシーンでした。PS1時代の「バイオハザード2」をあまり覚えていないのですが、一番最初の部分に当たるのかな?

【操作感】としてはオリジナルの「バイオハザード2」の面影はほぼないです。感覚的には、バイオハザード4を最新グラフィック・操作性のバイオハザード7で遊んでいる感覚。

カメラはキャラ後ろです。少し大きめにキャラを構えたTPS。同じくレオンが主人公のバイオハザード4ですね。

バイオ4は銃撃ゲームというイメージが強く、バイオ7はホラーといったイメージが強いのですが、両者のいいとこ取りができていると感じました。

操作性は非常にいいです。想像以上にいいと思います。

左手でハンドライトを持って前方を照らしつつ、FPSのように銃が撃てます。照準も合わせやすいですし、ぬるぬる動きますし、L2で照準、発砲はR2、リロードは□(だったかな?)で、おそらくFPSを遊んでいる方なら、1分で操作に慣れます。

シリーズ伝統の「十字キー下」+「×ボタン」でターンもできますし、銃を撃つゲームとしてはかなり遊びやすい印象でした。

■ 雰囲気はバイオ2

実はゾンビが出てくるバイオハザードって久しぶりなんですよね。

バイオハザード7は泥のようなモンスターでしたし、バイオリベレーションシリーズもゾンビじゃないモンスター。PS3やPS4時代の美麗グラフィックの中では、初めてのゾンビだったりします。

これが逆に新鮮で、ちょっと興奮してました。

最近のFPSゲームに慣れていると、歩くゾンビってのはほぼ的でしかないんですけど、なぜか妙に新鮮でホラー感があり、FPS系が苦手な人でも遊べそうな雰囲気がありました。

操作的な雰囲気はバイオ4やバイオ7なんですが、雰囲気はオリジナルの「バイオハザード2」が広がっています。バイオリベともまた違います。

警察署が舞台だからなのか、レオンが主役だからなのか。初期シリーズらしさが出ていて嬉しいです。

■ オリジナルと全く違う

PS1のバイオ2を遊んだのは、もう何十年も前なので覚えていないのもあるのですが、グラフィックがキレイになったことで、こうも変わるのかと驚いてます。

雰囲気はまさしくバイオ2なんだけど、全然違うんです。

なんて言ったら良いのかな。完全新作ソフトとして遊べるというか。

PS1ソフトのリメイクってここまでイメージ変わるんですね。

■ バイオ7よりも怖さは控えめ

もともとのバイオ2の世界観を知っているからなのか、恐怖感はバイオ7の方が高いと感じました。

ただ、ホラーの演出面では一歩レベルアップしている感じで、何箇所か「おっと」て感じで驚きましたw

バイオ2は怖すぎて遊べないといった感じではなく、ワクワクする感じの怖さでした。

■ 謎解きはしっかりありそう

バイオハザードといえば、謎解きですが、体験版の範囲でもいくつかの謎解き要素が垣間見えました。

パネルをはめ込んだり、ダイヤルを回して何かが起こるといったものですね。バイオ7で登場したヒューズがあったり、ナイフでガムテープを切ったり、カギもスペードの形をしたものなどがあり、バイオハザードらしさが感じられます。

■ タイプライターや所持アイテム制限

タイプライターがありました。体験版では触ることはできませんでしたが、おそらくセーブができるのだと思います。

バイオ7と同じだと考えると、場所ごとにオートセーブ+タイプライターでの任意セーブになりそうです。

所持アイテム制限もありました。
最初は8個。これもバイオ7と同じで、バッグを入手して枠を増やしていく感じでしょうね。銃弾などは「組み合わせ」て同じ枠内に収めることができ、グリーンハーブとレッドハーブもこれで組み合わせできました。

■ アイテム管理はめんどくさそう

アイテム管理の煩わしさは、バイオ7とあまり変わってない予感がします。

体験版であったのは、所持アイテムがいっぱいだった時に、今から拾うアイテムと交換ができないのですね。一旦アイテム画面で不要なアイテムを捨て、新しいアイテムを拾うという流れになっています。

バイオハザード7でも、「謎解きで何のアイテムが必要になるかわからないので、ある程度持っていく → キーアイテムを見つける → 所持品いっぱいで拾えない → 倉庫へ戻る → 不要アイテムをしまう」

といったことを何度もしていたので、おそらく同じことをしないといけないんだろうな、とは思いました。

マップのどこにでもアイテムを捨てる(置けて)、その場所がセーブされるとかあるといいんですけどねぇ。あるいは倉庫に転送する機能とか。

■ かなり楽しみなゲーム

今回体験版を遊んでみて、製品版の期待は大きく高まりました。

PS1の「バイオハザード2」を遊んでいた方は、絶対オススメです。
当時の記憶を思い出しながら、「ああこういうシーンあったわ」とか「この場所なんか覚えてる」とかやれます。何より最初の警察署だけで感動できると思います。

近年のシューターが好きな人もいいと思います。
銃を撃つ操作感は、トップレベルのFPSと同じです。一瞬で慣れます。警察官になってホラー世界のシューターってあまりないので、戦争系のシューターを主に遊んでいる方にもオススメできます。

バイオハザードを4や7から始めた方にもいいと思います。
本作はバイオ4の主人公のレオンが登場します。バイオ4の更に前の話、レオンが新米警官だった頃の話です。

バイオハザード2はバイオハザード1とはストーリー的にはそれほど繋がっていないため、初めて触るバイオハザードとしてもいいんじゃないかと思ってます。

というか、わたしも遊んでいるのにストーリー忘れてますからね。

体験版はプレイステーションストアで誰でもダウンロードすることができます。ちょっと遊んでみるといいですよ。
想像しているのと同じ安心感と、「おおっ、これはスゴイ」というワクワクが止まらないゲームになってます。

バイオハザードRe2通常版、Zバージョンの違いは?どれを買うのがオススメ?
名作ゾンビゲームのリメイク「BIOHAZARD RE:2」 バイオハザード2リメイクには様々な種類が発売されていますが、それぞれどう違...

■ 終わりに

以上、「「バイオハザード2リメイク 体験版」を遊んだ正直な感想(ネタバレなし)【バイオハザードRE2】」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク