「龍が如く7」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

「龍が如く7 光と闇の行方」をプレイしました(PS4版)。

クリアまで遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ 龍が如く7 光と闇の行方とは?

極道系ゲーム「龍が如く」のシリーズ7作目です。

今作では主人公並びにメインキャラクターを一新し、舞台は横浜の伊勢佐木異人町に。

戦闘は、前作までのアクションから切り替わり、RPGのコマンドバトルになりました。

龍が如くサーガの1作で、大きな流れのストーリーは繋がっていますが、今作から始めて遊ぶ方でも十分に楽しめるようになっています。

■ 奇跡的なストーリー

これ、物語がとんでもなく素晴らしいですね。

1つのゲーム作品としても素晴らしいですし、「龍が如く」サーガを一新させたという面でも、上手くいっています。

また、RPGにしたことで、ドラクエのようなファンタジー的な概念も入れているんですが、その辺も違和感なく絡めていることなど、どうしたらこんな奇跡的なストーリーが出来上がるの?
と驚いてしまいました。

おそらく龍が如くシリーズの中でも、1・2を争うストーリーの素晴らしさなのではないでしょうか。

■ シリーズ初プレイでも

「龍が如く」シリーズを遊んでいない方にも、始めて遊ぶ入り口としてもオススメできます。

これを遊んでから、別の龍が如くシリーズに広げていくスタイルですね。

できれば一本ぐらい遊んでおいた方が、今作はより楽しめると思いますが、個人的にここから入る人が、どういう風にファンになっていくのかも見てみたんですよね。

たぶん遊んだ人は必ずファンになる、というほど面白い作品に仕上がっていると思います。

■ RPG要素と難易度

戦闘は、アクションからRPGコマンドバトルになっています。

私はこれは、大成功と言っていいと思いました。

実は私、体験版を遊んだ時に、
「あれ?戦闘が簡単すぎない?」
「オートにするとつまらなすぎない?」
と感じていたのですが、本編はかなりしっかりと仕上げられていました。

なんていうか、難易度のバランスが素晴らしいのです。

今作は、RPGとしてはシビアな難易度だと思います。
常に金欠だったり。
すぐに強い敵に出くわしたり。

回復アイテムや飲食店を、過去作よりも使ってましたね。

なんとなく、サバイバルゲームを遊んでいる感覚に近かったです。

お金を稼いでアイテムを買う。
アイテムを使って敵を倒す。
敵を倒して経験値を得る。

RPGの一つの醍醐味みたいなものが、とても上手に作られていました。

■ 転職は空気か

RPGコマンドバトルと同時に組み込まれたものが「転職」です。

キャラクターたちの職業を変え、職業に応じたスキルやステータスを得ていく。

まぁ、ドラクエの転職のイメージですね。

これは失敗というか、やりこみ要素と化してしまっていますね。

難易度をかなりシビアにした結果、転職に二の足を踏んでしまう雰囲気が出てしまっています。

転職するとステータスが(一時的に)落ちる。
装備品などでまたお金がかかる。
じゃあなるべく転職しないようにしよう。
と考えがちになってしまいます。

まぁ、してもしなくても進められるようになっている感じもしますが…。

■ 春日一番が最高

今作は発売前、
「伝説の桐生一馬からどうやってバトンタッチさせるの?」
とかかなり色々と言われていましたが、蓋を開けてみると、春日一番で大成功させた形になりましたね。

たぶんパッケージ写真とか見ても、パッとしないと思うんですよね。

でもゲームを進めれば進めるほど、この春日一番という人物が、とんでもなく素晴らしいと感じさせてくれます。

なんていうか、笑いから物語を作っていけるキャラですね。
桐生ちゃんは、シリアスから物語を作っていくキャラでしたから、
プレイヤーはより入り込みやすく、感情移入しやすくなっていると思います。

このキャラですから、極道の世界との絡め方も、これからも違うアプローチがどんどん出せていける。
そんな気がします。

■ 総評

神ゲーというか、奇跡の一作と言っていいと思います。

龍が如くシリーズは、シリーズが長くなりすぎていて、いずれも良作ばかりなのですが、ご新規さんが入り込みにくくなっていたと思います。

そこへこの一本ですからね。

完全新規で遊び始めても楽しめる。
過去作のファンも十二分に納得できる。
これから更に龍が如くの世界を広げていける。

とまぁ、全方位のプレイヤーに完璧な作品に仕上がっています。

龍が如くシリーズはですねぇ。

極道ものとか、喧嘩ものということで敬遠している人多いと思うんですよね。

初作がPS2時代ですから、最近ゲームを始めた人には、触らずにここまで来てしまったシリーズでもあると思うんです。

でも、そんな人にこそ遊んでほしいタイトルです。

龍が如くシリーズは、熱い熱い人間のドラマです。

特に今作は、庶民じみた主人公がどん底から始まりますから。
感情移入はしやすいですし、たぶん最後まで遊ぶと、近年稀にみるほど良かったストーリーだと思えると思います。

ぜひ、シリーズ未経験の人に遊んでみて欲しいです。
ゲーム中でも「ドラクエ」という言葉が出てくるぐらいですから、ドラクエ好きな方に特にオススメです。

created by Rinker
セガ
¥3,950 (2024/04/25 02:33:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
セガ
¥1,573 (2024/04/24 18:37:17時点 Amazon調べ-詳細)

■ 終わりに

以上、「「龍が如く7」感想レビュー。面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索