ウィッチャー3完全版、通常版、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?

オープンワールドRPGで大人気となった「ウィッチャー3」

ウィッチャー3には様々な種類が発売されていますが、それぞれどう違うのでしょうか?今回は、各ソフトの違いを紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ ウィッチャー3の種類とDLC

ウィッチャー3のゲームソフトは2018年6月現在、2種類あります。
「ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション(完全版)」「ウィッチャー3 ワイルドハント(無印・通常版)」の2つです。

そしてウィッチャー3にはDLCが2種類あります。「無情なる心」「血塗られた美酒」です。

■ ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション

最も最近に発売されたものです。

2つのDLC「無情なる心」「血塗られた美酒」も、ディスク内に最初から入っており、追加でダウンロードしたりコードを入力する手間がありません。

完全版の注意点として、通常版とのセーブデータの互換性がないことが挙げられます。一般的なゲームの通常版と完全版は互換性がありますが、ウィッチャー3は互換性がありません。そのため、通常版でゲームをある程度進めている人は、完全版を買うと最初からやり直しになります。

ウィッチャー3を全く遊んだことのない方は、この完全版がオススメ。通常版を既に遊んでいて買い直しを考えている方は、どこまで進んでいるかを考慮に入れてください。

■ ウィッチャー3 ワイルドハント(無印・通常版)

便宜上、(無印・通常版)と書いていますが、正式名称は「ウィッチャー3 ワイルドハント」です。

一番最初に発売されたものです。

中に入っているのはウィッチャー3本編のみで、2つのDLC「無情なる心」「血塗られた美酒」は入っていません。但し、DLCを別途プレイステーションストアで購入して遊ぶことはできます(追加でDLC分のお金がかかります)。

ウィッチャー3で遊ぶのが初めてで、DLCまで遊びきれるかわからない方にはこちらがオススメ。楽しめると判断してからDLCを買う流れですね。

注意点として、DLCを購入後、本編とDLCのゲームデータがPS4上で別々になります。DLC導入状態でセーブすると、DLCを消すと起動できなくなることがあるので注意してください。(DLCを再ダウンロードすればOK)

上でも説明しましたが、完全版とのセーブデータ互換性がないため、通常版で途中まで遊んで完全版を買い直すと、最初からやり直しになりますのでご注意ください。

■ まとめると

それぞれの違いをまとめるとこうなります。

本編 DLC1 DLC2 備考
ウィッチャー3 ワイルドハント
ゲームオブザイヤーエディション(完全版)
DLCはディスクに入っている。通常版とのセーブデータ互換性なし。
ウィッチャー3 ワイルドハント(無印・通常版) × × DLCはPS Storeで別途購入可

■ 終わりに

以上、「ウィッチャー3完全版、通常版、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク