【バイオハザード7 初見】#27

■ 2階を本格的に探索

カラスのドアの先へ。
はじめての部屋は、挙動不審でキョロキョロしてしまうのが面白い。

血清の作り方のメモを見つけた。
新生児のミイラが入っていて、これも使うの?
それともただの飾り?

スポンサーリンク

衣装ケースにバットが立てかけられている。
持っていきたい衝動にかられる。
ゾンビと言えばバット。バットと言えばゾンビ。

電話が鳴り、ゾイからだった。
血清を作るには、腕と頭が必要で、頭は持っているらしい。
腕を探すことに。

オルガンの部屋でメモを見つける。
あの子が来てからおかしい?
あの子とはゾイのことかと思ったが違うらしい。
ミアのこと?一体誰の話をしている。
二階の一番奥に腕があるようなことも書かれていた。

■ 2階の奥へ進む

二階の雰囲気はかなり好きだ。
床材と壁材と、色合いと屋根の裏のような雰囲気に。
うまく言えないが、ここまで出てきたエリアのどこよりも好きかもしれない。

ドアに天秤の仕掛けがあり、ランタンが必要との表示が出る。
オルガン部屋に戻って、藁人形を使うのかと思ったが拾えず。
重りになるアイテムは持っていなかったはず、と結構悩む。

ゲーム的には婆さんを倒してからドアまでの間にアイテムがあるはず。とだいぶ探す。
もしかして婆さんが持っていた灯りかな?と戻ってみると、当たりだった。
床下の水が引いていて、婆さんがいない。

ハシゴを降りてみると、横穴が開いている。
婆さんの背姿はクモのようで、なるほどさっきのは予備戦だったわけね。

■ 婆さんを追って横穴を進む

マンホールのハシゴを登ると、中庭に出た。
温室のようなものがみえ、ここでボス戦か。
おあつらえ向きな場所だと思い、準備をすることに。

庭の開けられなかった門を開け、セーブ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク