PS4で遊べる、ボードゲーム・テーブルゲーム・TRPG・テーブルトークRPGまとめ

「次世代ゲーム機になっても、ボードゲームやテーブルゲームで遊びたい!」

というわけで今回は、PS4で遊べる、ボードゲーム・テーブルゲーム、そしてテーブルトークRPG(TRPG)をご紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ いただきストリートドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30th ANNIVERSARY

「いただきストリート」は、ファミコン時代から続く
伝統的なボードゲームです。「いたスト」とも呼ばれます。

キャラクターなどで彩られていますが、要は「モノポリー」。サイコロを振って、止まったマス目によってお金をもらったり払ったりして、トップになると勝ち。破産すると負けというシンプルなゲーム性です。

マス目にはお店が立っています。誰も買っていないお店のマスに止まると、そのお店を買うことができます。次に他のプレイヤーがそのマスに止まると、プレイヤーからお金がもらえてしまうわけですね。通行料や買物料と呼ばれます。

お店を買えば買うほど、そこに誰かが止まる確立が高まり、止まってくれればウハウハになれます。逆に相手の占領しているお店を通過するときは、サイコロの目が出ないように祈りながら進むゲームです。

本作ではドラゴンクエストやファイナルファンタジーのキャラクターを選べるため、モノポリーに慣れていない人にも遊びやすくなっています。

また、最大4人のローカルプレイ(オフライン)とマルチプレイ(オンライン)が可能です。

まさに、ワイワイ楽しみながら遊べるボードゲームです。

■ Monopoly Family Fun Pack (輸入版:北米)

さて、こちらのゲームは本物のモノポリーです。

海外のメーカーが作っているため、よりリアルなモノポリーとなっています。

モノポリーはサイコロを振って、止まったマス目のお店を買い、そのマス目に他のプレイヤーが止まると、買物料がもらえるゲーム。

このゲームはモノポリーのボードゲームの形をリアル3Dにしているため、よりボードゲームらしさが感じられ楽しいと思います。

なお、「Monopoly Family Fun Pack」は北米版(輸入盤)のため、全編英語になりますが、繰り返し遊び、感覚で遊べるボードゲームのため、子供の英語教育にもオススメです。
北米版ゲームは、日本のPS4本体で遊べます。

■ Hand of Fate 2

「ハンド・オブ・フェイト2」と読みます。2作目ですが前作との繋がりは薄く、本作から遊んでも問題ありません。

ハンドオブフェイトはテーブルトークRPG風のゲームです。
上で紹介したボードゲームとは雰囲気が異なりますが、TRPG好きにはぜひとも手にとってもらいたいゲームといえます。

プレイヤーはディーラーとテーブルを通じて対峙します。その時に使うのが数々のカードです。

ダイスやルーレットを使い、自分のコマを移動。マス目に書かれているイベントを成功や失敗で判定。物語を進めていくゲームスタイルです。

このゲームの面白いところは、戦闘となってしまった場合に、実際にアクションゲームが始まるという点です。

全体的なTRPGの雰囲気は高く評価されている作品です。動画を見て、惹かれる部分があった方はハマれると思いますよ。

なお、「ハンド・オブ・フェイト2」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のページから購入できます。

PS Store:Hand of Fate 2購入ページ

■ 終わりに

以上、「PS4で遊べる、ボードゲーム・テーブルゲーム・TRPG・テーブルトークRPGまとめ」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク