PS5・PS4で遊べる、ロードムービーなゲームまとめ

旅先での人々との交流を描く「ロードムービー」

そんな感じのゲームって出てないの?

というわけで今回は、PS5・PS4で遊べる、ロードムービーなゲームを紹介したいと思います。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

■ ロードムービーとは?

映画用語の一つです。
「road movie」と書きます。

旅の道中で出会う人との交流や、出来事を描くドラマのことです。

移動方法は様々で、車であったり、バイクであったり、鉄道であったり、船であったり、あまりありませんが徒歩のロードムービーもあります。

ロードムービーは、いわゆる旅行とは異なります。
目的地での観光が目当てではなく、その道程がメインとなります。

ロードムービーは大きく2種類に分かれます。
・自分探しの旅のような、自ら行うあてもない旅。
・巻き込まれ仕方なく続ける、逃避行。

コメディやホラーを伴うものもありますが、概ね人間ドラマを描いた作品が多く、心に響く感動的な物語となる傾向があります。

ゲームでのロードムービーは、アドベンチャーゲームとして発売されることが多いです。

アドベンチャーゲームとは、人物や映像がしっかりと作られ、物を調べたり、人と会話をしたりして進めるゲームのことです。
コントローラーさばきはあまり必要とせず、映画を見る感覚で遊ぶことができます。

■ ライフイズストレンジ2

2人の兄弟の逃避行を描いた、アドベンチャーゲーム(ロードムービー)。

事件に巻き込まれた幼い兄弟は、逃避行の旅を行わなけばならなくなります。
兄はハイスクール。弟は9歳。

しかし弟は特殊な能力を持っています。
超能力です。

お金がなく、稼ぐ方法もない。
超能力は隠して進むべきか。

かなりシリアスなロードムービーですので、ヒューマンドラマ系の映画が好きな方にオススメ。大人向けなストーリーになっていると思います。

本作は、会話や行動の選択によって物語が変化していきます。自身の決断に大いに悩ませてくれるでしょう。

■ BEYOND: Two Souls

「ビヨンド:ツーソウルズ」は、一人の少女の半生を描いたドラマ。ロードムービー的な要素が含まれたアドベンチャーゲームです。

プレイヤーは、幼い頃から体に霊体を宿した少女となります。彼女が受ける迫害や出会いなどを体験していくストーリーです。

本作最大の特徴は、実在のハリウッド俳優が出演している点です。エレン・ペイジ(エリオット・ペイジ)にウィレム・デフォーが主演。

映画が好きな方に特にオススメです。

また本作にも、選択肢によって物語が変化する要素があり、物語をどう紡ぐかを選ぶことができます。

「BEYOND: Two Souls」のPS4版はPS Storeでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:BEYOND: Two Souls

■ Road 96

「ロード96」は、独裁国家から逃げる若者たちを描いたロードムービー。

プレイヤーは、故郷を捨てる若者になります。
この国から逃げるには、96号線の先にある国境を超えなければならない。

進む方法はどうするか?
ヒッチハイクをするのか、徒歩で行くのか、お金を払ってバスで行くのか。

旅の道中では様々な人物と出会います。
彼らと行動と共にしてもいいし、怪しいと拒絶してもいい。
結果がどうなろうと、それは自己責任です。

本作は、プレイヤーが逮捕されたり死亡することもあります。そのため、出会った人物や思惑を見極める、駆け引きのような面白さに溢れた作品です。

また、本作の前日譚となる「Road 96: Mile 0」も発売されています。

■ シーズン ~未来への手紙~

「シーズン」は、特殊な世界を旅するロードムービー。

そこは季節によって全てが失われる世界。
そんな世界を自転車に乗って、旅をします。

人々と出会い、写真に収め、記憶を集めていく。
写真や出来事は、日記に記録することができ、自分だけの旅の日記を自由に作ることができます。

何が大切で何が不要なのか。
自分が進んできた道、見聞きしてきたものを残してゆけるロードムービー的なゲームとなっています。

「シーズン ~未来への手紙~」はディスク版は発売されておらず、プレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:シーズン ~未来への手紙~(SEASON: A letter to the future)

■ 終わりに

以上、「PS5・PS4で遊べる、ロードムービーなゲームまとめ」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索