PS4・スイッチで遊べる、コーヒートークみたいなゲーム

文章とBGMが心地よい「コーヒートーク(Coffee Talk)」

このページでは、それらコーヒートークに似たゲームを紹介したいと思います。

「コーヒートークが好きすぎるけど、一通り遊んでしまってまだ物足りない!」

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ VA-11 Hall-A ヴァルハラ

舞台は近未来。
バーのバーテンダーとなり、お客さんの注文を聞いてお酒を提供するゲームです。

「コーヒートーク」にそっくりですよね。
実は「VA-11 Hall-A」の方が先に発売されており、これを元にコーヒートークが作られたと言えるかもしれません。

本作は夜のバーが舞台です。
そのため、より深く人に切り込んだ会話が楽しめるのが魅力で、世界中で絶賛・多大なる高評価を得たゲームとなっています。

「VA-11 Hall-A ヴァルハラ」はPS4及びスイッチで発売されています。

■ N1RV Ann-A ニルヴァーナ

上記「VA-11 Hall-A」の正式な続編です。

今作の舞台はリゾート島のバー。
同じくバーテンダーとなって飲み物を提供、人々との会話を楽しみます。

本作は2020年にPS4で発売予定でしたが、開発が難航しており、2021年4月現在、続報はありません。

■ コーヒートーク エピソード2:ハイビスカス&バタフライ

「コーヒートーク」は続編がPS4・スイッチで2023年春発売予定です。

前作と同じく、舞台となるのはシアトルのコーヒーショップ。

前作に登場したキャラクターだけでなく、新キャラクターも登場し、また新たな材料を使って飲み物を作成できます。

雰囲気や世界観はそのままで、新たな要素を追加して発売予定です。

■ What Comes After

「What Comes After」はコーヒートークの作者が手掛けた新作ゲーム。

ゲームの内容は、コーヒートークのような飲み物を提供するものではありませんが、読み物に近いアドベンチャーゲームとなっています。

優しい雰囲気で人生について考えさせられるゲームです。
コーヒートークのあの雰囲気が好きな方には、特にオススメです。

ちょっとホラーっぽい雰囲気ですが、怖くはありません。

「What Comes After」はPS4では発売されておらず、スイッチのみの発売です。スイッチ版は日本語化もされています。

ニンテンドーストア:What Comes After

■ ノベルゲーム各種

「コーヒートーク」のような、文章を読んでいくタイプのゲームを、「ノベルゲーム」とか「サウンドノベル」といいます。

こういったゲームは他にも数多くあり、若干のゲームシステムに違いはありますが、プレイ感や雰囲気はとてもよく似ています。

代表的な名作ノベルゲームには、

「428 封鎖された渋谷で」

渋谷で巻き起こる事件を描くサスペンスノベル。
元が10年前のゲームなので若干古臭いですが、物語はかなり面白いです。

「レイジングループ」

人狼ゲーム、タイムループといった今風のホラーミステリーノベル。
こちらも物語が面白く、推理要素はないため、読み物として楽しめます。

更にこれ以外のノベルゲームについては、以下のリンク先をご覧下さい。

PS4では、キャラクターを操作するゲームだけでなく、本を読み進めるようなゲームもたくさんあります。 そこで今回は、PS4で遊べる、サ...

■ 終わりに

以上、「PS4・スイッチで遊べる、コーヒートークみたいなゲーム」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索