【バルヘイム】夜の過ごし方、夜の時間を飛ばすには?【VALHEIM】

このページで紹介しているのは、ゲーム「VALHEIM(バルヘイム/ヴァルヘイム)」の
夜の過ごし方、夜の時間の飛ばし方です。

ゲームやパソコン初心者の方でもわかるように解説しています。
参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 夜とは?

バルヘイムには昼夜の概念があります。

概ね、早朝・昼・夕方・夜で分かれているような感じです。

夜になると周囲は真っ暗で、明かりがなければまともに歩くこともできません。

■ 夜の過ごし方

超序盤は、夜の時間を飛ばすことができないと思います。

慣れていなければ、最初の一日~数日は夜をそのまま過ごすことになるでしょう。

夜の間でも、自分の周りの生物は動いています。
そのため、徘徊しているイノシシやグレイリング(ゴブリン)からの攻撃を受けることがあります。

安全に夜を過ごすには、
・屋内でじっとしている
・草原など見通しのいい場所にいる
・松明を常に持ち、棍棒や石の斧にすぐ装備変更できるようにしておく
・食料を取り、体力を回復させておく
が良いです。

リアル時間で30分~1時間程度で夜が開けると思います。

■ 夜の時間の飛ばし方

夜の時間を飛ばすには、ベッドで眠る必要があります。

■ ベッドのクラフト

ハンマーを手に持った状態で、右クリックします。

建築画面になりますので、タブの中から「家具」を選びます。

次に、アイコンから「ベッド」を選びます。

するとフィールドへの設置画面になりますので、地面を左クリックすると建築できます。

作業台が赤くなっている場所には建築できません。
作業台が白くなった場所でクリックしてください。

・ベッドはどこに置いてもいい?

ベッドは地面に直接置いても構いません。

床の上に設置しなくても機能するようになっています。

■ ベッドを機能させるには?

さて、一般的なサバイバルゲームとは異なり、ベッドは設置するだけでは使えません。

ベッドの周囲に「壁」と「屋根」が必要になります。つまり野ざらしの状態では使えないということです。また、ベッドの近くに「焚き火」が必要です。

具体的には、
・ベッドの周囲のうち、2辺に壁が必要。
・ベッドの上部分に、屋根が必要
・ベッドの近く(屋根の中でなくてもいい)に、焚き火が必要
の3つの条件を満たす必要があります。

・壁の設置

まずは壁を配置します。

先ほど「ハンマーの建築画面」で、「作成」を選びましたよね。今度は「建物」を選びます。

床やら屋根やら梁やら、たくさんあって迷ってしまいますが、この中から「木の壁」を選びます。

フィールド上に設置する画面になりますので、作業台の近くに配置します。

「木の壁」は地面に直接設置できます。

このゲームの地面は凹凸がありますが、ブロック状のマス目のように管理されており(?)、地面にめり込む感じでも「木の壁」を配置できます。

・・壁を繋げる方法

作業台を機能させるには、ある程度の長さの壁が必要です。

「木の壁」は1マス単位で構成されているため、1つずつ縦や横に繋げる必要があります。

既に配置した「木の壁」の側面に、次の「木の壁」を貼り付けます。

画面の中央部分を、既に設置した「木の壁」の側面に合わせると、ピタッと吸い付くように「木の壁」を設置できます。

マインクラフトのブロックの設置の感覚に近いと思います。

続けて上へ繋げる方法です。

上へ繋げるには、「木の壁」を持った状態で(作成設置画面中に)、既に設置してある「木の壁」の上に視点をズラしていきます。するとこちらもピタッとくっつくような感覚になりますので、それで上方向への配置が可能です。

どうしてもできない場合は、床や階段を作って上から配置したり、「木の壁」の横に無理やりくっつけることもできます(不格好ですが)。

なお、一度設置した建築物は、「ホイールボタンマウスクリック」で除去できます。除去すると、材料はそのまま戻ってきますので、好きなだけやり直しができます。

・屋根の設置

続けて「屋根」の設置です。

屋根は「草ぶき屋根26°」が設置しやすいと思います。「草ぶき屋根45°」だと上に高くなってしまうので、最初の頃は設置しづらいと思います。

「木の壁」の上の段にくっつくように、屋根をつけます。

屋根は、作業台の真上が隠れる場所まで設置してください。

・・重力の耐久度

屋根を設置していると、緑色や黄色、赤色に変わるのが分かると思います。

これは崩落の危険性を表しています。

本作には重力の耐久度のようなものがあり、柱や梁を建てずに屋根や2階を作ると崩落してしまいます。

■ ベッドで眠る

壁と屋根、焚き火がうまく配置できていれば、ベッドで眠ることができます。

ベッドに近づき、「E」ボタンを押します。
これでキャラクターは眠りにつき、夜の時間が飛ばせます。目が覚めると明け方になっているはずです。

■ ベッドで眠れない場合

自分の体が濡れていると眠ることはできません。
濡れの残り時間は、画面右上に表示され、焚き火の近くに移動すると、時間が大きく減っていきます。

また、焚き火の火が消えていると眠ることはできません。焚き火が外にある場合、雨などによって火が消えることがあります。雨が止むのを待つか、焚き火の上に屋根を設置してください。

一旦火が消えてしまった焚き火は、インベントリに「木」を入れた状態で、「E」ボタンで焚き火に木を補充します。

■ 終わりに

以上、「【バルヘイム】夜の過ごし方、夜の時間を飛ばすには?【VALHEIM】」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索