スイッチで遊べる、電車でGO!みたいなゲーム・世界の車窓からみたいなゲームまとめ

TAITOが発売している「電車でGO!」。
人気テレビ番組の「世界の車窓から」。

このページでは、それら電車でGO!や世界の車窓からに似たゲームを紹介したいと思います。
「電車でGO!が好きすぎるけど、一通り遊んでしまってまだ物足りない!」
そんな方の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 「鉄道にっぽん! 路線たび」シリーズ

鉄道にっぽん路線たび 叡山電車編 #1 そうだ!京都へ紅葉を見に行こう!電車シミュレーターの路線旅がSwitch版で登場!鞍馬線/下り(昼間) 出町柳駅→元田中駅→茶山駅→一乗寺駅まで【Switch】

「鉄道にっぽん! 路線たび」は、電車の車掌になって、運転台からの眺めで運転できるゲームです。

路線は全国津々浦々で、もともとこのシリーズは3DSで多く発売されていたため、

スイッチではかなりの路線を遊ぶことができます。

操作方法はとても簡単で、発進とブレーキのみ。
ただし、電車でGOのようにダイヤや停止位置などの要素はしっかりとあります。

実在の路線の風景を走ることができるため、鉄道好きにはたまらないゲームだと思います。

created by Rinker
ソニックパワード
¥6,437 (2024/07/14 03:37:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニックパワード
¥6,400 (2024/07/14 03:37:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニックパワード
¥7,019 (2024/07/14 03:37:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニックパワード
¥6,840 (2024/07/14 03:37:43時点 Amazon調べ-詳細)

よりリアルにした「RealPro」シリーズも発売されています。

■ Metro Simulator

Metro Simulator | Trailer (Nintendo Switch)

「メトロシミュレーター」は、地下鉄を運転できるゲームです。

地上が多い鉄道系のゲームで、珍しい地下鉄の走行。

舞台となるのはモスクワの地下鉄で、日本とは違う地下鉄の車両に計器、風景にホームなどを楽しむことができます。

アクセルやブレーキをかけるだけでなく、ドアの開閉やカメラの切り替えなども行います。

信号システムで安全を確認したり、自分でルートを決定することもできます。
始発駅から時刻表の決定までできる、自由度の高いゲームです。

「Metro Simulator」はパッケージ版は発売されておらず、任天堂ストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

任天堂ストア:Metro Simulator

■■ 街づくりゲーム

【A列車で行こう はじまる観光計画】ローカル線の前面展望(車窓カメラモード)

街作りゲームの中には、「車窓モード」を搭載しているゲームがあります。

これは、作った街の中を走る列車の、運転席からの眺めを再現したもの。

「電車でGO!」のように、列車ビューに特化したゲームではないため、画質などが荒いものもありますが、自分で作った町の中を走るのは、他のゲームでは表せない感動があると思います。

車窓モードを搭載しているゲームでは、「A列車で行こう」「レイルウェイエンパイア」などがあります。

created by Rinker
アートディンク
¥6,800 (2024/07/13 08:59:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カリプソメディアジャパン
¥3,700 (2024/07/13 20:58:04時点 Amazon調べ-詳細)

その他の街づくりゲームは、以下のリンク先をご覧ください。

まちづくりゲームといえば代表作は「シムシティ」。 誰もが知っている名作ゲームです。懐かしくもあり、今なお遊びたい!と思われて...

■ 終わりに

以上、「スイッチで遊べる、電車でGO!みたいなゲーム・世界の車窓からみたいなゲームまとめ」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索