【PS4】北米版を買っても日本語で遊べる(既に日本語化)されているオススメゲームまとめ

海外のゲームには面白いものがたくさんあります。

海外産ゲームには二通りあります。
・国内のメーカーが日本語翻訳して、日本語化されて遊べるゲーム
・北米版(海外版)を直接通販で買う
の2種類です。

そして北米版(海外版)には
・本当に英語でしか遊べないゲーム
・実は既に日本語化されているゲーム
の2種類があります。

前者は全編英語です。後者はなぜか起動すると日本語化されている(日本語を選べる)ものです。既にパソコンで発売されているゲームで、そこで日本語化されているものがこういった現象が起きやすいです。

そこで今回は後者。北米版を買っても日本語で遊べる(既に日本語化)されているオススメゲームを紹介します。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 北米版はどう買うの?

海外ゲームを遊ぶ上で避けては通れないのが、「海外版を直接買うこと」です。海外版には北米版やアジア版、欧州版などがありますが、手を出しやすいのは「北米版(ほくべいばん)」です。

北米版は実店舗ではほぼ売られていません。手に入れるには通販が手軽です。特に海外に強い通販・アマゾンであれば多くの北米版ゲームが手に入ります。

■ 北米版はどう遊ぶの?

日本で売られているPS4本体に、普通にディスクを入れるだけで遊べます。追加で何かを買ったり、設定をしたりといったことは必要ありません。

PS4では、ほとんど全ての北米版ゲームソフトが、日本のPS4本体で遊べるはずです。もしかしたら一部遊べないゲームソフトがあるかもしれませんが、アマゾンであれば通販ページに書かれています。

ただし、厳密には北米版(海外版)ゲームはサポート外になります。わたしはこれまで数々の北米版ゲームを買っておりトラブルはありませんが、あくまでも自己責任で買うようにしてください。

北米版(海外版・輸入版)ゲームを買う時の注意点、メリット・デメリット
海外版のテレビゲームを買う時に、注意しておきたいポイント。メリット・デメリットはそれぞれ何があるでしょうか? 今回は、初めての方向けの...

■ Dead by Daylight (輸入版:北米)

「デッドバイデイライト」と読みます。

このゲームは2018年に爆発的な大ブームを起こしたゲームです。

ゲームの内容はホラー。殺人鬼となって逃げるものたちを捕まえる。あるいはサバイバーとなって殺人鬼から逃げるのが目的です。

このゲームの面白いところは、1対4のオンライン対戦になることですね。一般的なオンライン対戦ゲームは、4対4といった具合に同等の人数となることが多いですが、このゲームは明確に1対4となります。

当然殺人鬼側は強く、サバイバー側は弱いです。しかしサバイバーが知恵を絞って逃げる面白さが特に評価されているゲームです。

見た目はホラーなのですが、昔遊んだ「鬼ごっこ」や「ケイドロ(ドロケイ)」が好きだった方には、特にオススメしたいゲームです。

※デッドバイデイライトは日本語版も発売されました。

■ Stardew Valley (輸入版:北米)

「スターデューバレー」と読みます。

このゲームは、牧場物語として話題となっているゲームです。

開発者が牧場物語が好きで作られたゲーム。そのため中身も牧場系ゲームのポイントが押さえられています。

最初、農場は荒れ果てています。岩がゴロゴロとして木々や切り株もあり、それらを斧などを使って開墾するところから始まります。

鍬を使って畑を耕し、町で買ってきた種を植えます。もちろん水やりも必要ですし、成長した野菜果物や花は売ってお金にできます。

農場では牛や鶏なども飼うことができますし、水辺では釣りをしたり、鉱石を採掘しにいったり、そして町の人達との交流もあります。

非常に高い評価を得ているゲームです。牧場物語が好きな人には是非ともオススメしたいです。

※スターデューバレーは日本語版も発売されました。

■ Jurassic World Evolution (輸入版:北米)

「ジュラシック・ワールド・エボリューション」と読みます。

映画「ジュラシック・ワールド」をモチーフにした、恐竜テーマパーク運営ゲームです。

昔あったテーマパーク(遊園地)を作るゲーム。そしてPS2の「ジュラシックパークをつくろう!」。あれらがPS4でリアルに甦った感じのゲームです。

施設を設置し。恐竜を配置します。恐竜には相性があり、近くに住まわせると悪い恐竜も。

もちろん生き物ですから食料や水、病気への対策も必要です。恐竜たちは不満がたまると脱走もします。脱走すると来園者を攻撃してしまうため、それを防止する柵も立てなければなりません。

運営系シムで遊びたい人だけでなく、映画ジュラシックパークが好きな人、恐竜が好きな大人子供にもオススメできるゲームです。

■ Abzu (輸入版:北米)

「アブズ」と読みます。

アブズは、ダイバーとなって海の中を探索するゲームです。
もちろん水中には様々な魚がいます。

PS4のグラフィックにより、大量の魚群から、大きな魚や哺乳類まで美しく再現。
浅瀬では水に光が差し込む景色が見られますし、深い場所や岩場では暗い表現がされています。

もちろん登場するのは魚だけではなく、美しいサンゴ礁や遺跡など、
水中のあらゆるものです。

ダイビングをする方や海が好きな方だけでなく、
日常に癒やしを求めている方、ちょっとした旅行にでかけたい方にもオススメです。

■ Titan Quest (輸入版:北米)

「タイタンクエスト」と読みます。

タイタンクエストは、ディアブロシリーズに代表されるハクスラゲームです。ハクスラの元祖とも呼ばれています。

ハクスラとは大量の敵をサクサクとなぎ倒していき、敵からレアリティのある武器アイテムを手に入れ、それを取捨選択して強くなっていくゲームです。アイテムの種類が膨大なので、次々と手に入れていくのが最大の魅力です。

上からの視点で全体が見渡しやすく、最近のゲームが苦手な人にもオススメ。

ハクスラはハマる人はとことんハマりますので、初めての方にも一度プレイしてもらいたいゲームソフトです。

■ Shadow Tactics Blades of the Shogun (輸入版:北米)

「シャドウ・タクティクス」と読みます。

このゲームは斜め上から視点のステルスアクションゲームです。

プレイヤーは、忍者や侍といった5人の異なる能力を持ったキャラクターを操作します。そして砦や城に忍び込み、任務を遂行します。

5人を上手に使いこなして進めるため、タクティク=戦略の要素がありつつ、敵に見つからないように進めるステルスの要素もあります。

全体を見渡しながら次の一手を考えることができるため、ステルスゲームだけでなく、シミュレーションが好きな人にもオススメです。

もちろん、忍者や侍といった戦国時代の世界観も良くできており、この時代が好きな人には強くオススメできます。

■ Outlast Trinity (輸入版:北米)

「アウトラスト」と読みます。

最恐に怖いホラーゲームとして話題になっているゲームです。

「アウトラスト トリニティ」と書かれている通り、1作目と2作目が収録されたお買い得なパッケージです。

舞台は精神病院。ジャーナリストがそこへ潜入するところから物語が始まります。ジャーナリストが持っているのはビデオカメラ。

もうこれだけで怖そうですよね。真っ暗な病院内。ビデオカメラにはバッテリー残量があり、それが切れると真っ暗になります。

専用のオムツが発売されるほどのホラーゲーム。怖いものが大丈夫な人ほど遊んでみてもらいたいですね。

なお、日本語化されているのは2作目のみです。1作目は英語音声、英語字幕ですのでご注意ください。

■ DMC Devil May Cry Definitive Edition

デビルメイクライシリーズの「DMC」はPS3で発売されていたソフトですが、PS4リマスター版は北米版のみ発売されています。

PS4版となったDMCは、高解像度化されており、フレームレート(操作性)も上がって動かしやすくなっています。

もちろん、ゲームを起動すれば自動的に日本語化されて遊ぶことができます。DMCファンにはまさに手に入れておきたいPS4版だと思います。

ただし注意点として、海外版ですので、×ボタンが決定、○ボタンがキャンセルになっています(これは多くの海外版共通)。

■ 終わりに

以上、「【PS4】北米版を買っても日本語で遊べる(既に日本語化)されているオススメゲームまとめ」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク