デトロイトビカムヒューマン好きにオススメな、同じ会社・メーカーが作ったゲームまとめ

デトロイトビカムヒューマンが大変な人気になっていますね。

そこで今回は、デトロイトビカムヒューマンが好きな人のための、同じメーカーが作った名作ゲームを紹介したいと思います。

参考にしていただけますと幸いです。

スポンサーリンク

■ 「クアンティック・ドリーム」社

デトロイトビカムヒューマンを作ったのは、「クアンティック・ドリーム」という海外のメーカーです。

ここはフランスのパリに本拠地を置いており、モーションキャプチャの映画事業も手がけています。なるほどああいうゲームが作られるわけだわ、と納得してしまいますね。

クアンティック・ドリーム社は、世に出してきたゲームの数は少ないですが、そのどれもが高品質なグラフィックとシナリオを誇っています。いずれも名作と言われるものばかりで、興味の惹かれるものがあれば、是非プレイしてみてください。

■ HEAVY RAIN -心の軋むとき-

「ヘビーレイン-心のきしむとき-」と読みます。

このゲームは、初版がPS3で発売されたもので、PS4でもリマスター化されています。

デトロイトビカムヒューマン同様、ストーリーに重きをおいたゲームです。

ストーリーは、幸せに暮らす家族を一つの不幸が襲います。それによって主人公である父親のイーサンは、雨の降りしきる中、家族の愛の為に奔走します。

このゲームはシナリオだけでなく、直感的なQTE操作が絶賛されました。例えば立ち上がる時に、スティックを上に倒す。ドアノブをひねる時に、スティックをくるりと回す。といった具合です。文字にすると面倒くさそうに感じてしまいますが、実際に遊んでみると、自分自身がまるで主人公になったかのような没入感・投影感を出すことに成功しています。

主人公となったあなたは殺人鬼を求めて走り回りますが、要所要所で決断を求められます。その決断には正解も不正解もなく、その時選んだ選択肢のまま、ストーリーは進んでいきます。

主役として操作できるキャラクターは4人。4人の物語を読み体感していくことで、一つの大きな物語として完成されます。

「クアンティック・ドリーム」が世に知らしめられた大ヒット作ですので、デトロイトビカムヒューマンが面白かった方には、まずこのゲームを遊ばれるのをオススメします。

なお、PS4版はダウンロード専売です。

HEAVY RAIN -心の軋むとき-:PS storeページ

■ BEYOND : Two Souls

「ビヨンド トゥーソウルズ」と読みます。

このゲームは、初版がPS3で発売されたもので、PS4でもリマスター化されています。

こちらも同様、ストーリーに重きをおいたゲームです。

ストーリーは、体にある霊体を宿して生きてしまったジョディの、苛烈な人生と数奇な運命を描いた人生ドラマです。

霊体というとスピリチュアルなゲームの感じもあるのですが、序盤に思うスピリチュアルな感覚は次第に薄れ、このゲームは彼女の人生ドラマなんだ!と強く思わされるゲーム体験に変わっていきます。そのため霊体といったものが苦手な人でもオススメができます。感動で泣けてしまうほどのストーリーです。

ヘビーレインで絶賛されたQTEの操作性は、少し減らされていて、普通のアドベンチャーゲームに近くなっています。

このゲームのもう一つのオススメポイントに、実在の俳優が出演している点が挙げられます。ハリウッド俳優でもある、エレン・ペイジとウィレム・デフォーのモーションキャプチャが採用されており、俳優のあの姿形のままゲームで遊べてしまいます。映画ファンにも特にオススメしたい一本です。

なお、PS4版はダウンロード専売です。

BEYOND : Two Souls:PS storeページ

■ Fahrenheit

「ファーレンハイト」と読みます。

このゲームはPS2で発売されたものです。そのため、上で紹介した2作よりもグラフィックは劣りますが、それでもクアンティック・ドリームらしい高品質な映像になっています。

ストーリーは、体を操られている感覚によって殺人を犯してしまった主人公と、それを捜査する警察官とを交互に操作し、事件の真相を明かしていく物語です。

追われる側と追う側の二つの視点から事件を体験することで、事件の両面を観ることができ、映画を観ているような感覚で遊べるゲームです。

このゲームもまた、ヘビーレインに似たQTE操作を採用しています。

あまり知られていない名作として多くのプレイヤーを虜にしたゲームですが、PS2ということもあり、手に入れづらいゲームソフトだと思います。

■ 終わりに

以上「デトロイトビカムヒューマン好きにオススメな、同じ会社・メーカーが作ったゲームまとめ」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク