【キングダムカム】事故現場とはどういう意味?何かがあるの?

このページで紹介しているのは、ゲーム「キングダムカム・デリバランス(KingdomComeDeliberance)」の、事故現場の意味です。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 事故現場とは?

キングダムカムの世界を放浪していると、「事故現場を見つけた」という表示が出ます。

全体マップを確認するとその場所に、ドクロマークと共に「事故」と表記されます。

「事故」は人々がそこで起こした事故を表しています。
主に荷車の事故です。

崖から荷車ごと落下したり、岩にぶつかって大破したり、その他にも事故現場ごとに様々な状況になっています。

■ 事故現場の意味は?

事故現場は、事故が起きた当時の状況がそのままになっています。

・アイテムの回収

現場に荷車や馬の死体が残されていたら、モノを運んでいたことを意味します。

その場合は、近くに木箱や麻袋などが残されているはずです。調べることでアイテムを回収できます。

また、人間の死体(ガイコツではないもの)が残っている場合は、そこからアイテムを回収できます。

いずれの方法も窃盗扱いにならず、盗品にはなりません。

・世界観を楽しむ

事故現場は均一ではなく、それぞれ異なっています。

崖から落ちたのであれば、どこから落ちたのか?
上の道には柵などはなかったのか?
がけ崩れなのか、突っ込んだのか?
どういう風に荷物が散乱しているか?
など状況を詳しく調べることができます。

調べたところでゲーム的には意味はありませんが、キングダムカムは世界を旅して、風景を楽しむこともできます。木々や草花がどう生えているのか。人々がどう暮らしているか。建物はどう建っているのか?
そういったことが楽しめる方には、事故現場の推察も一つの楽しみになるかと思います。

■ 終わりに

以上、「【キングダムカム】事故現場とはどういう意味?何かがあるの?」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク