【ダークソウル3 初見】#34

■やり残しをプレイ3

深みの聖堂へ

一つ目の篝火と教会の篝火の間が妙に近い。
井戸になぜか目が行き近づいてみると声がする。
なにやらタマネギのおっさんが鎧がなくなったとかなんとか。
婆が売っていただろうか、と思いながらもソウルがないので、このエリアで集めることに。

聖堂の中の橋をせり上げる方法がどうしてもわからない。
遠眼鏡で見てみると、向こう側に確かに通路と敵が見え、何らかの方法でいけるはずだ。
この広い部屋のどこかにレバーがあるはず。
たしかあの時、橋を半分ぐらい渡ったところで、パッチに下げられてしまった。
パッチは橋の近くにいたはずだから、あのへんにレバーがあるはずなんだがどうしても見つからない。
幻の壁かと思い周辺の壁を叩く。手すりも叩いてみたが何も起きない。
もしかして透明な床かと思って歩いてみたら、案の定落下死した。
他のレバーは茶色でそれなりに大きいから、見落とすわけはないのだが・・・。
何度も何度も往復して、どうしても見つからず諦める。
無理だ。

火継ぎの祭祀場へ戻り、タマネギ装備が売っていないかを探したがなかった。
どうしよう、放置しておいても他のエリアに移動するだろうか。
うまくいって「おお、おお」と言わせたい気もするが。

生贄の道へ

生贄の道の魔術師のもとへ足を運んでみた。
スクロールを持っているため、何かしらの変化があるかと思ったが何もなし。受け取ってももらえない。
呪術師もここにいるかもと期待したがそちらもいなかった。
お前には魔術の心得はないみたいなことを言われ、しょんぼりしながら帰る。

スポンサーリンク

無縁墓地へ

無縁墓地へ行ってみる。
何か見落としはないかと探してみたが、結局何もなかった。
祭祀場に絶対何か秘密がありそうだが、あとは婆に剣を振るしか。

火継ぎの祭祀場で呪術師を見つけた。
呪術の火をもらう。
呪術書を1冊渡すが、ここまで持っていたクラーナの呪術書と墓守の呪術書を受け取ってもらえない。
となるともう一人呪術師がいるのだろうか。女の呪術師かもしれない。

大書庫へ

ここは頭に蝋を塗る意味がわからない。
よく見ると敵も頭に蝋を塗っている。
火がついている者と付いていないものがいる。
もしかして何らかの装備品をして頭に蝋をつけると、戦わずして先へ進めるのだろうか?
それとも呪いの手が出てこないとか?
試しにたいまつを装備して振ってみるが自分の頭に火がつかない。
敵にたいまつで攻撃してみるがこちらも火がつかない。
うーん、よくわからん。
真っ暗な部屋でレバーを見つけた。隠し部屋の先には宝箱が。
本棚の上から落下する場所や屋根から落下する場所のアイテムも入手。
おそらくこれで全部取ったはず。

もう一度大書庫の屋根へ登ると、空から太っちょ天使が3体現れてかなりびっくりする。
前に来たときも一通り歩いたはずだし、そのときには出てこなかったはずだが・・・。
もしかして気づかずに歩きまわってた??
3体1はかなりキツくやられてしまう。
二度目の挑戦で運良く1対1にもっていけ、撃破。何やら良さそうなアイテムを複数手に入れる。

レベルを97へ。筋力78。

燻りの湖へ

あそこの巨大ワームを倒していない。
多少のダメージを受けるが安全地帯を見つけた。
壁ぎわに道があり、そこを歩いているとワームは体を寄せてくるのでそこを叩くだけ。
回転して逃げるのでそのときにダメージを受けるが、HPがそれなりにあれば耐えられるはず。
あとは繰り返すだけ。

妖王の庭へ

ここもほとんど通過しただけで探索していない。
ショートカットエレベーターは以前見つけたが他にも何かないかと足を運んでみることに。
今のレベルでも怪物がかなり強い。
騎士と合わせ全部を倒して探索するが、特に面白いものは見つからず。
上の方から回復していた敵はエレベーターの途中から行くことができた。

以上でやり残しを含め、ダークソウル3日記は完結です。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク