【ダークソウル3 初見】#19

■冷たい谷のイルシール

サリヴァーンの奥へと進む

法王サリヴァーンの教会の奥の道へ。
絶景が広がり、山の上に細い橋のような何かが見える。
何かが見えるということは、あそこに行くのだろう。

広場に出る。
たくさんの巨人が横たわっている。
当然ながらこれは一斉に起き上がると判断。避けて上の道から進む。
こちらにもたくさんの信者が。炎の魔法を使ってくる。
大勢が一斉に炎を飛ばしてくると、攻撃を当てる前にダメージを受けてしまう。
面倒だとは思いつつも、一体ずつ撃破。
建物の前に移動すると紫のメイスを持った敵、紫の剣を持った敵が現れた。
2体1では分が悪いと巨人の広場へ逃げ込むと、予想通り巨人が動き出し、4体1へ。
これはまずいと建物の中に隠れ、一体ずつ倒す。

レベルを55へ。筋力47。

スポンサーリンク

見たことのある光景?

先へ進むと太矢が飛んできた。
見ると屋根を進むべき通路が見える。
ここはあれだ。アノール・ロンドの記憶が蘇る。
さんざん苦労した記憶があるので、すんなりと通過。
両端から太矢を撃ってくるので、右側の屋根からの通行が良いと判断した。
銀騎士が若干強く感じる。
回転する塔を移動させ、先へ進む。
ボス戦のような建物がそびえ立つ。
運良く手前に篝火があったため休むが、表示を見て驚いた。
「アノール・ロンド」

レベルを56へ。筋力48。

アノール・ロンドに驚く

アノール・ロンドという言葉に、驚き戸惑う。
アノール・ロンドといえばダークソウル1の印象的な場所。
そもそもアノール・ロンドという名は何だったのだろう?
地名なのか、城の名か、それとも抽象的な何かの名称か。
ワクワクしながら先へ進む。
門の前に立つと、あのアノール・ロンドと同じ景色が広がる。もしかして同じ場所?
しかしあのアノール・ロンドよりも発展していない。城と城下町がほとんどない。
ということはココは過去世界だろうか?
右へ進んでも左へ進んでも似た地形が広がる。
そういえば左に巨人の鍛冶屋がいたはずだと思い出し、左へ進んでみる。
巨人は死んでいた。
通路を見ると寂れたような土埃が。
そうなるとココは未来世界だろうか?
いや、死んでいる巨人は何世代も前の巨人で、土埃はその後綺麗にされたとも考えられる。
ここは過去か未来か。
同じ場所に通路があり、同じ場所に門を開けるギミックがある。
同じアノール・ロンドと見て間違いなさそうだ。
そうなると、あの霧の向こうにいる者は・・・。

レベルを57へ。筋力49。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク