【ダークソウル3 初見】#18

■冷たい谷のイルシール

さらに先へ進むと、教会の前へ到着。
霧が立ち込めている。
近くの大きな扉を開け、こちらもショートカットが開通した。

レベルを52へ。筋力44。

法王サリヴァーン

教会に入ると、遠くに人型の敵が。
炎をまとった剣と、もう片手は呪いの魂だろうか。
近づくと、両方とも剣だとわかった。
二刀流か。
炎の剣の方が長く、紫色の剣の方が短い。
炎の剣を避けながら攻撃。
紫の剣の刺突で2撃でやられてしまう。
与えたダメージは2発だった・・。

直感的にこのボスはヤバイと思う。
二戦目もほとんどダメージを与えられずに惨敗。
まいった。勝てる気が全くしない。

スポンサーリンク

三戦目。右側にローリングした方が避けやすいことがわかった。
紫剣の刺突だけが怖い。炎の剣も連続で受ければやられるが。
運良く攻撃を避けられ、HPを半分まで減らせることに成功した。
瞬間、背中に羽のようなものが生え、分身?残像?何かが見える。
街の中では透明の人間が歩いていたから、残像などと淡い期待を抱いたが、
当然そんなことはあるわけもなく、半透明な分身。敵は二体に増えた。

四戦目。分身に至るまでにエストが尽きる。
まるで勝てる気がしないが、収穫もあった。
分身したものはダメージを受ける。しかもHPはあまりないようで、消えさせられそうだ。
もう一つ戦いながら気づいたことがある。
敵の剣の振り方、戦い方にふとわれを忘れて見惚れていた。

六戦目。初っ端から何発も喰らい、もはや負けが確定。
それじゃあということで試したこと。
ローリングするよりも、盾を構えて脇に付いていたほうがよいことがわかった。
ほとんどの攻撃をガードできる。脇につけれいれば空を切ることもある。
攻撃を受けても威力が弱いのかスタミナをさほど持っていかれず、3発か4発耐えられる。
剣が大振りなので、盾でガードした瞬間にガードを外しスタミナをわずかでも回復できる。
あとは攻撃パターンを読むだけだ。
剣をクロスすれば連続攻撃、6回だろうか。

七戦目。ついに倒した!
このボスは絶対に倒せない、ほかの探索を先にすべきかと考えるほどだったが、倒すことができた。
分裂したあとは連続攻撃を受けるとどうしようもないので、まずは分身を倒すことを優先。
倒したあとも再分裂したが、再び分身を倒した。
終わってみれば使用したエストは7。
手汗がすごい。
一撃で形勢が逆転するので、最後の最後まで気が抜けなかった。
かなり面白い戦いだった。

火継ぎの祭祀場で休憩

レベルを53へ。筋力45。
ロングソード+6へ。
糞塗れの遺灰を婆に渡す。
糞団子一式が売り物として並ぶ。
そういえば法王サリヴァーンの前のメッセージに、猛毒がなんとかと書いてあったのを思い出した。
糞塗れの遺灰の置かれていたタイミングといい、もしかして猛毒を使えば楽だったのだろうか。

法王サリヴァーンを倒して、萩の王のアイテムが置けるものだとばかり思っていた。
エルドリッチか・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク