【ゲーム発売日】今冬と初冬の違いは?【ゲーム用語】

ゲーム用語の解説のお時間です!

今回紹介するのは、「今冬」と「初冬」の違い。
ゲームの発売日でよく目にしますよね。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 今冬(こんとう)

今冬は「今回の冬」という意味です。

春・夏・秋・冬の季節の流れでの「今回の冬」ですね。

ゲームの発売日は、ゲームメーカーやゲーム情報誌によって発表されるため、微妙に誤差はありますが、「今冬」は概ね、12月~3月と言えます。

2020年度でいうと、2020年12月~2021年3月ですね。

「今冬発売のゲームソフト」は、概ねその時期に発売されると見ていいと思います。

但しゲームメーカー側の都合もありますので、11月や4月も「冬」と言われれば言われることもあります。

■ 初冬(しょとう)

初冬は「年が変わった冬の初め」という意味です。

一般的には「初冬」は、「冬の初め」11月や12月を指す言葉ですが、ゲーム用語(発売日)では違います。

「2021年初冬」といった表現が使われることが多く、この場合2021年の冬の初めあたり。

つまり2021年1月~2月頃を指します。

ですから「2020年初冬」の場合は、2020年11月頃を指すのではなく、2020年1月~2月頃を指します。

■ 今冬と初冬の違い

ゲーム用語では、今冬は、ざっくりと「冬の間に発売するよ」となっていることが多く、初冬は、「年が変わったできるだけ早い時期に発売するよ」という意味合いのことが多いです。

日常用語とは若干感覚が違いますね。

楽しみにしているゲームの発売日。
「いつだろう?まだかな?」
なんて考えている時もまた楽しいですよね。

■ 終わりに

以上、「【ゲーム発売日】今冬と初冬の違いは?【ゲーム用語】」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索