【アウターワールド】ホログラフィックマントの使い方と立ち入り禁止区域

このページで紹介しているのは、ゲーム「アウター・ワールド(The Outer Worlds)」の、ホログラフィックマントの使い方と立ち入り禁止区域です。

可能な限りネタバレに配慮しています。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 立ち入り禁止区域とは?

本作では、無断で立ち入ると尋問を受ける立ち入り禁止区域があります。

このゲームでは企業や派閥といったものが登場するため、「関係者以外立ち入り禁止」といった意味の場所です。

・見分けるにはどうするか?

部屋の出入口などに赤色・緑色で「RESTRICTED ACCESS」とホログラムが出ている場所がそれです。

そこに立ち入った瞬間に不審者となり、そこから立ち去ることで解除されます(追いかけてまでは尋問されません)。

なお、部屋に電源が入っていない場合は、「RESTRICTED ACCESS」も起動しておらず、人に見つかっても問題ありません。

■ ホログラフィックマントとは?

この立ち入り禁止区域に入るようにするには「ホログラフィックマント」が必要です。

ホログラフィックマントは、いわゆる他人に変装・偽装・擬態するようなアイテムです。そのエリアにいる関係者の見た目になる(ような設定)のものです。

注意してほしいのは、「あくまでそういうゲーム的な設定」で、プレイヤーはコンパニオンの見た目は一切変わりません。

・どこにある?

ホログラフィックマントは、自身の宇宙船の二階の部屋に置かれています。クエスト受注でマーカーが出ますので、それを頼りに手に入れてください。

・使用するには?

ホログラフィックマントは、アイテムカテゴリの「クエスト」に位置します。

装備する必要はなく、そのまま立ち入り禁止区域内に入るだけで起動します。但し姿を偽装するには以下のIDカートリッジが必要です。

・対応したIDカートリッジが必要

立ち入り禁止区域で偽装するには、「その場所に対応した」IDカートリッジが必要です。

IDカートリッジもまた、アイテムカテゴリの「クエスト」に位置し、持っているだけで自動的にホログラフィックマントが起動します。

IDカートリッジは立ち入り禁止区域の場所ごとに違うものが必要です。例えばUDL従業員のエリアでは「UDLアイデンティティカートリッジ」が必要といった具合です。

・IDカートリッジの入手方法

IDカートリッジはテーブルに置かれていたり、コンテナに入っていたり、あるいはショップで購入することもあります。

■ ホログラフィックマントが起動しているかの確認

前述のように、ホログラフィックマントが動いているかは自分やコンパニオンの姿では分かりません。

立ち入り禁止区域に入ると、画面の下に紫色のゲージが出ます。これが出たらホログラフィックマントが起動しています。

■ 立ち入り禁止区域での挙動

ホログラフィックマントが起動している間は、どんな挙動をしても怪しまれません。例えば走ったりジャンプしたり、物の上に乗っても問題ありません。

プレイヤーが動くたびに紫色のゲージが減っていきます。立ち止まっている間は減りません。

ゲージが0になるとホログラフィックマントの効果が失われ、その状態で人に見つかると尋問が始まります。

紫色のゲージの回復方法は、立ち入り禁止区域を出ることです。それ以外の回復方法、例えば時間経過で回復したり、別でアイテムを使うといった方法などはありません。

つまり、立ち入り禁止区域では、紫色のゲージがなくなるまでに目的地に到達し、再び同じ場所に戻ってこなければなりません。

・移動経路の策定

PS4版では「タッチパッド→地図」で、その周辺(部屋や通路)の地図が見られます。

更に上・下ボタンで二階・三階と地図を切り替えられます。

立ち入り禁止区域がどこからどこまでかは表示されませんが、紫ゲージがどこまで保つか、出口(息継ぎ場所)がどこかにあるかをある程度推測できます。

あらかじめ移動経路を策定しておくことで、見つからずに目的を完遂できる可能性が高まります。

・紫ゲージの回復方法

立ち入り禁止区域の出入口は、実は複数あります。例えば正面玄関と裏口といった具合です。

そのため、正面玄関から入って目的をこなし、正面玄関まで戻る時間はないので裏口から出る。

とか、

正面玄関から入って裏口で一旦息継ぎをして(紫ゲージを回復)、再度立ち入り禁止区域に入るといった作戦も可能です。

・紫ゲージがなくなった時は?

どうしても立ち入り禁止区域内で紫ゲージがなくなった時は、すぐにしゃがんで(PS4では○ボタン)スニーキング状態になりましょう。

その場にいる人は敵と同じ扱いになり、▽→▼の視認ゲージが出ます。

人の視線をかいくぐるように移動したり、物陰に隠れることでも見つからずやり過ごせます。

■ 突然始まる立ち入り禁止区域

立ち入り禁止区域の出入口には「RESTRICTED ACCESS」が基本的にありますが、そういった表示がなく突然紫ゲージが出ることがあります。

こういう時は仕方がないので、まずはその場で立ち止まって紫ゲージを減らさないようにし、地図で移動経路をじっくりと練りましょう。

■ 終わりに

以上、「【アウターワールド】ホログラフィックマントの使い方と立ち入り禁止区域」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク