ゴッドオブウォー完全版、通常版、PlayStationHITS、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?

北欧神話の世界を冒険できるアクションゲーム「ゴッドオブウォー(GOD OF WAR)」

ゴッドオブウォーには様々な種類が発売されていますが、それぞれどう違うのでしょうか?
今回は、各ソフトの違いを紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ ゴッドオブウォーの種類とDLC

ゴッドオブウォーのゲームソフトは2019年10月現在、4種類あります。
「ゴッドオブウォー(無印・通常版)」
「ゴッドオブウォー Value Selection(Value Selection版)」
「ゴッドオブウォー PlayStationHITS(PlayStationHITS版)」
「ゴッドオブウォー デジタルデラックス版」

そしてゴッドオブウォーにはDLCはありません。
開発陣からDLCの発売はないと名言されているため、今後も発売の可能性はほぼないと思われます。

■ ゴッドオブウォー(無印・通常版)

便宜上、(無印・通常版)と書いていますが、正式名称は「ゴッドオブウォー」です。

一番最初に発売されたものです。

中に入っているのはゴッドオブウォー本編のみです。DLCは出ていないため、本編のみとなっています。

本作は、ゴッドオブウォー旧3部作とはストーリーが異なり、全く新しい設定・場所での物語となるため、初めて遊ぶ方でも問題なく楽しめます。

■ ゴッドオブウォー Value Selection、ゴッドオブウォー PlayStationHITS

(無印・通常版)とValueSelection版、PlayStationHITS版のゲーム内容の違いはありません。

(無印・通常版)と同じく、ゲーム本編を最初から最後まで遊べます。

違いは価格とパッケージのみです。

ValueSelectionは高品質なゲームを低価格で提供するレーベルのこと。いわゆるベスト盤というやつです。

PlayStationHITSは、そこから更に安くなったベスト盤レーベルのことです。

そのため、基本的にはPlayStationHITS版が最も安くなっていると思いますが、お店の在庫状況によっては他のものが安くなっているかもしれません。

前述のように中身は代わりありませんので、お好きなものをご購入されるのがいいと思います。

■ ゴッドオブウォー デジタルデラックス版

「デジタルデラックス版」は、ゴッドオブウォーゲーム本編に、いくつかのおまけが追加されたものです。

おまけは以下の通り。
・追悼の防具セット
・石工の巨人の盾(シールドスキン)
・デジタルコミック
・アートブック
・テーマ

「追悼の防具セット」「石工の巨人の盾(シールドスキン)」は、ゲーム内で使えるアイテムです。

「デジタルコミック」は漫画。「アートブック」は設定アート集となります。

「テーマ」は、プレイステーションのホーム画面(起動すると表示されるゲームを選ぶ画面)を彩るテーマです。

「ゴッドオブウォー デジタルデラックス版」はパッケージでは発売されておらず、ダウンロード専売となります。

そのため、アートブックは実物の本ではなく、デジタルのものとなります。アートブック(実物の本)は日本未発売で、海外から取り寄せるしかありません。

「ゴッドオブウォー デジタルデラックス版」はプレイステーションストア専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:ゴッドオブウォー デジタルデラックス版

■ まとめると

それぞれの違いをまとめるとこうなります。

本編 おまけ 備考
ゴッドオブウォー(無印・通常版) ×
ゴッドオブウォー Value Selection ×
ゴッドオブウォー PlayStationHITS × DLCはないため、上記3種は中身が同じ
ゴッドオブウォー デジタルデラックス版 ダウンロード専売

■ 終わりに

以上、「ゴッドオブウォー完全版、通常版、PlayStationHITS、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク