【バイオハザード7 初見】#21

■オヤジとの死闘

スポンサーリンク

思った通り、メガネオヤジとのボス戦。
ショットガンを撃つと、体の内側が見えたような状態になった。
この状態だと大ダメージが入って、何回か繰り返せば倒せるのかな?

相手がオオバサミのようなものに持ち替え、こちらもチェーンソーを拾う。
いきなり大詰め。
この戦い方は、ホラーゲームではラスボスのそれだと思うけど、
これよりスゴイ戦いが出てくる?
それともメガネはここで最後?
そんなことを考えながら、やられてしまった。

二戦目。
戦い方はわかったので、すぐにチェーンソー戦へ。
今度は2回目の体うらがえりまで行けた。

四戦目。
ロード中のヒントを読んでいると、どうやら天井からぶら下がっているものが使えるようで、
タイミングよく蹴るとメガネが怯むことがわかった。
不死身なのにこんなのに怯むんだ。とふふっと笑う。
なんとか倒すことができた。

戦った場所のドアが開けられないのが気になったが、まぁいいかと戻ることに。
ホールへ行く途中、車椅子の婆さんがいてビビる。
もうこの婆さん、絶対ラスボスでしょ。
最後ハネが生えて、天から降臨してくるタイプだよ、これは。

■屋敷1階へ戻ってきた

玄関に手に入れた、犬のレリーフをはめる。

あとひとつ。
振り子、振り子・・・。
とここでようやく気づく。
ここ、リビングじゃないじゃん・・・orz

そうか。柱時計があって
中央にテーブルとソファがあって、玄関すぐで、広くて天井吹き抜けで。
って完全にロビーをリビングだと勘違いしていた。
これは恥ずかしい。
日本人だと間違えるよね?よね?と同意を求めつつ、真のリビングルームへ。

わかった途端、
ダッシュでリビングルームへ向かってて、自分で笑う。

リビングルームには同じように時計があった。
振り子をはめ込むと、時刻を伝える大きな音が。
一瞬ビビッて、壁に背を向けまわりを見渡す。
バイオとFPSの混ざった立ち回りでちょっと笑った。

時間を見て、10時15分じゃん・・・。
とか思いながら魔犬のレリーフを入手。

帰りもダッシュ。
はやる気持ちの抑えられない子供かw

玄関に3つのレリーフを埋め込んだ。
玄関は難なく開いてしまい、外の世界が広がる。
これで終了?まさかね。
と思いながらも、前方に二階から見えたトレーラーハウス。
まずはまわりを探索してみることに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク