【初心者向け】ダークソウルのオススメ攻略順序・ルートの紹介【ネタバレなし】

難易度の高いゲームとして人気の「ダークソウル」1作目の、初心者向けのステージ攻略ルートの紹介です。

「ダークソウル リマスタード」「ダークソウル with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION」「ダークソウル(無印・通常版)」のいずれも同じルートで問題ないと思います。DLC部分は含みません。

できるだけネタバレ要素を少なくして記述しています。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 攻略ルートの進め方

下記はゲームクリアまでスムーズに進められるルートになりますが、「ダークソウル」では1つのエリアから複数のエリア(簡単なエリア・難しいエリア)へ進めることができます。

難易度の高いルートを進めば、強い武器や防具を手に入れられますし、強い敵と戦うことでプレイヤースキルがアップします。それと同時に、息抜きにもなりますので、下記のルートで行き詰まったら、他のルートをちょっとだけ探索してみてください。

■ 1:北の不死院

プレイヤーはこの場所からスタートします。
このエリアのボスを倒さない限り、次のエリアには進めません。そのためどうにかしてボスを攻略してください。

ボスをどうしても倒せないのであれば、キャラを作成するときに「贈り物:黒い火炎壺」を選択してみてください(やり直しも含めて)。
倒しやすくなるかと思います。

■ 2:火継ぎの祭祀場

「北の不死院」から移動した先は「火継ぎの祭祀場」になります。

最初に来た時には、ココから3つのエリアに進めることができます。「城下不死街」「小ロンド遺跡」「地下墓地」です。

「小ロンド遺跡」では、この時点では幽霊の敵にダメージを与えられません。「地下墓地」では、この時点では骸骨が何度でも復活してしまいます。そのため次に進むエリアは「地下不死街」が最適です。

ただし、「小ロンド遺跡」や「地下墓地」も途中までは進めますし、無理して進めて強い武器や防具を手に入れておくのも一つの手です。プレイヤーのスキルも上がります。

■ 3:城下不死街

順当に「亡者」と呼ばれる弱い敵が登場します。少しずつ強くなり、攻撃が多彩になりますが、戦い方の練習をしてみてください。

このエリアからは「城下不死教区」と「不死街下層」に進めますが、最初の時点では「下層の鍵」を持っていないため、「城下不死教区」へ進んでください。

■ 4:城下不死教区

少し強い「騎士」のような敵が登場し始めます。

大きな門の近くに「下層の鍵」が落ちているので拾いましょう。

このエリアの「ボス:ガーゴイル」は非常に強いです。倒せないと思ったら別のエリアの攻略をするのも一つの方法です。(ガーゴイルを倒すと、「センの古城」の扉が半分開くだけなので、この時点で倒さなくても問題ない)

このエリアからは、最初に訪れた時点で、「黒い森の庭」に進めます。「センの古城」はこの時点では進めません(門が完全に開かない)。

次に進むべきは「城下不死街」に戻って「下層の鍵」を使い「不死街下層」に行くことですが、「黒い森の庭」の先も進められます。

■ 5:不死街下層

「城下不死街」から「下層の鍵」を使い、「不死街下層」へ進められます。

同じような敵「亡者」が出てきます。そろそろ簡単に倒せるようにプレイヤースキルが上がっていると思います。

このエリアの「ボス:羊頭デーモン」を倒すと次のエリアへ進むための「最下層の鍵」が手に入ります。狭い場所での戦いになりますが、なんとか倒してください。

■6:最下層

このエリアに居る「カエル」が吐く霧には十分注意してください。霧を受けゲージが溜まると「呪い死」状態になり、HPが最大半分になります。なお、「呪い」状態は「解呪石」で治せます。

ボスを倒すと次のエリア「病み村」へ進めます。

■7:病み村

「病み村」は一番下にある毒のエリアがツライですが、自分の位置を把握しながら少しずつ進められると思います。

このエリアからは「大樹のうつろ」へも進めますが、そちらは戻ってこれなくなる可能性があるため、進まない方が得策です(行きたい場合は、もっと後ラスボスの手前あたりでの探索がオススメです)。

「クラーグの住処」へ進むのが攻略の順序としては正しいです。

■8:クラーグの住処

ここはボス戦のみです。ボスをなんとか倒してください。初見ではかなりの強敵に見えますが、何度も戦うことでパターンがつかめると思います。
ここのボスと「城下不死教区」の「ボス:ガーゴイル」を倒すことで、「センの古城」の門が開きます。

「クラーグの住処」からは「デーモン遺跡」へも進めます。「デーモン遺跡」の序盤あたりまではこの時点のレベルでも進められます。

■9:センの古城

センの古城は罠が多く心折れかけてしまうエリアですが、中盤のポイントになります。ボス自体はさほど強くありません。

ボスを倒すと、次のエリア「アノール・ロンド」へ運ばれます。

■10:アノール・ロンド

絶景の城のエリアです。この時点でちょうど折り返し地点のあたり。

進む道が見つけられず、このエリアはまだ行くべきではないのか?と思うプレイヤーもいるかもしれませんが、道はありますので、じっくり探索してみてください。

なおココのボスは「ダークソウル」の最難関です。

このエリアからは隠しエリア「エレーミアス絵画世界」へも進めますが、一度足を踏み入れると、ボスを倒さない限り戻ってこれなくなりますので、行く場合は準備をしっかりしてから進めてください。

ボスを倒した先で「王の器」が手に入ります。これを「火継ぎの祭祀場」に置くことで、先のエリアへ進めるようになります。

スポンサーリンク

■11:黒い森の庭

このエリアでは「聖職の種火」を手に入れ神聖武器を作れるようにしてください。神聖武器で倒すことで、「地下墓地」の敵が復活しなくなります。

また、「ボス:大狼のシフ」を倒すと、「アルトリウスの契約」が手に入ります。これがないと「深淵」に入れません。

ここから先は4つのルートに別れます。4つのルートはそれぞれ2つほどのエリアからなっており、どこから進めても問題ありません。

Aルート:「公爵の書庫」→「結晶洞穴」
Bルート:「デーモン遺跡」→「混沌の廃都イザリス」
Cルート:「地下墓地」→「巨人墓地」
Dルート:「小ロンド遺跡」→「深淵」

各ルートを順番に途中まで進めて行くのも良いかと思います。

■A1:公爵の書庫

「アノール・ロンド」の横道から進められるエリアです。

レベルが低いとこのルートは厳しいかもしれませんが、道がしっかりと見え敵と戦いやすいため、精神衛生上は楽に進められるかと思います。

■A2:結晶洞穴

結晶洞穴の「ボス:シース」を倒すと、1つのルートがクリア完了です。

■B1:デーモン遺跡

この頃のレベルになると、「クラーグの住処」から「デーモン遺跡」に進んだときよりも、楽に攻略が進められると思います。

■B2:混沌の廃都イザリス

エリアのほとんどがマグマで覆われていて、歩を進めることはできますがダメージを受けます。また、自分のいる位置を知るのに一苦労するかと思います。

「ボス:混沌の苗床」を倒すと、1つのルートがクリア完了です。

■C1:地下墓地

「黒い森の庭」で手に入れた「聖職の種火」を使って、神聖武器で進めてください。これによって敵が復活しなくなり先へ進められます。復活しなければ、それほど難しいエリアではないと思います。

■C2:巨人墓地

巨人墓地は真っ暗です。
「頭蓋ランタン」「太陽虫」「照らす光」などを使って先を照らしつつ進めるのですが、もし何もなければ「七色石」とカンで歩きましょう。○歩あるいて何かがある、のようにじわじわと行動範囲を広げるのも良いと思います。

「ボス:墓王ニト」を倒すと、1つのルートがクリア完了です。

■D1:小ロンド遺跡

小ロンド遺跡の幽霊に攻撃を当てるには、「呪い」状態となるか「一時の呪い」を使うことです。スルーしつつ、エリアがどうなっているか探索してから、上記の状態になって本格クリアを進める方法がオススメです。

■D2:深淵

深淵は「ボス:四人の公王」のみですが、このボスは無限に出てくる強敵です。おそらくこの4エリアの中で最も強いため、最後のルートとして選びました。

ボスを倒すと、1つのルートがクリア完了です。

■ラスト:最初の火の炉

上記のAルートからDルートまでをクリアし、「火継ぎの祭祀場」から祭壇にアイテムを収めると、このエリアに進めるようになります。

最奥の霧の中にはラスボスがいます。ラスボスを倒すと強制エンディング&2週目になってしまうため、DLCなどやり残しがある場合は、ボスを倒す前に行ってください。

■ 終わりに

以上、「【初心者向け】ダークソウルのオススメ攻略順序・ルートの紹介【ネタバレなし】」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク