フォールアウト76の電気の付け方は?まわりを明るく照らすにはどうしたらいい?

このページで紹介しているのは、ゲーム「Fallout76(フォールアウト76)」のキャラクター周辺に明かりを付ける方法です。

なお、CAMPでライトなどをクラフトして電気をつける方法(電源供給方法)は記述していません。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 「キャラクター周辺の明かり」とは?

フォールアウト76では操作キャラクターまわりを明るくすることができます。

これによって夜の移動や、室内、洞窟内など暗い場所の探索がしやすくなります。
特にフォールアウトは、地面などに散乱した無数のジャンクを拾っていくゲームシステムとなっているため、適切に明かりを付けていきたいものです。

■ キャラクター周辺に明かりを付けるには?

PS4版では、○ボタンを長押しすることで明かりが付きます。再び○ボタンを長押しすると、明かりが消えます。

いつでもできます。夜でなくても昼間でも明かりを付けられます。

■ 明かりのエネルギーは必要?

フォールアウト76にはサバイバルゲームの側面がありますが、明かりを付けることでエネルギーを消費することはありません。アイテムも必要ありません。

CAMPでライトなどを灯す場合、電源が必要になりますが、キャラ周辺の明かりには何も必要としません。

なお、パワーアーマーを装備中には「フュージョンコア」が必要になりますが、これは明かりの有無に関係なく、パワーアーマー動作のために必ず必要になるものです。

■ 生身とパワーアーマーの明かりの違い

生身(パワーアーマーを装備していない状態)とパワーアーマーを装備している状態では、明かりの種類が異なります。

生身の場合は緑色の光が、キャラクター周辺にまんべんなく広がります。腕に装着しているPipBoyから放たれています。

画面全体が明るくなりますが、緑がかって見えてしまうデメリットもあります。

パワーアーマー装着時では、主に前方が照らされます。パワーアーマーの頭などから、ヘッドライトのように光が放たれています。

白い光のためまわりの景色も自然に見えますが、画面全体が照らされないデメリットもあります。

■ 明かりを付けるデメリット

明かりを付けると確かに明るくなるのですが、反面デメリットもあります。

それは「敵に見つかりやすくなる」ことです。

明かりを付けたまま敵に接近すると、明かりなしの状態よりも敵に見つかりやすくなります。

本作には「ステルス」要素があります。PS4版では「R3ボタン(右スティック押込)」でステルス状態になります。ステルス状態では、与えるダメージが2倍以上になりますが、明かりを付けていると見つかりやすくなります(ダメージ2倍にならない)ので、適時明かりを消しましょう。

具体的には、
1.ロケーションに到達して敵を倒すときには明かりを消し
2.敵を全て倒したら明かりを付けてロケーションを探索する
といった流れが良いと思います。

■ 終わりに

以上、「フォールアウト76の電気の付け方は?まわりを明るく照らすにはどうしたらいい?」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク