フォールアウト76の素材「肥料」の入手方法・手に入る場所

このページで紹介しているのは、ゲーム「Fallout76(フォールアウト76)」の素材「肥料」の入手方法・手に入る場所です。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 「肥料」とは?

本作「フォールアウト76」の素材の一つです。

肥料は序盤から中盤にキャンプで農業をしようとすると不足し、また中盤以降にも不足がちになります。

肥料の使用先は主に2つあります。

・農業の作物を植える、修理する

自身のキャンプやワークショップで作物を植える際に必要になります。

また敵に作物を攻撃されると、作物は壊れた状態になります。これを修理する際にも必要になります。

作物を育てるメリットは食料調達よりも、「粘着剤」作りのためにしている方が多いと思います。粘着剤の安定供給を目指そうとすると、「肥料」はかなり不足します。

・「グレネード」など爆発物を作る

「グレネード」などの爆発物を作る際に必要になります。

爆発物は序盤はあまり必要としないアイテムです。中盤以降、敵との戦いがツラくなってきたら欲しくなると思います。

グレネードを作るには「粘着剤」も必要となるため、不足の目線はそちらに向きがちですが、「肥料」にも目を向けていないと不足がちになります。

■ 落ちているものを拾う

肥料は袋の状態で落ちています。セメントの袋とよく似ています。

肥料というぐらいですから、農場によく落ちています。その中でも特に温室(ビニールハウス)にあります。

植木鉢が落ちている場所にはセットで肥料の袋もあることが多いので、探してみましょう。

■ 肉や野菜を腐らせ、ケミストリーステーションで作成する

フォールアウト76では腐る食品と腐らない食品があります。

食品のアイテム欄でCNDというバーがあるものが腐る食品です。

基本的には、
・道端に生えている草花
・動物やモンスターを倒した時に出る肉類
・自分で育てたものや農場に生えているテイトやスイカなど野菜やフルーツ
が腐ります。

これらは時間経過でCNDのバーが減少していきます。0になると「腐った○○」というアイテムに変化します。

「腐った○○」は10個でケミストリーステーションで「肥料」に変えることができます。

■ 鉱床から手に入れる

肥料が手に入る鉱床(地面の凹んでいる場所)もあります。

鉱床は鉄鉱石や銀鉱石などでおなじみですよね。

肥料の場合は視点を合わせると、「リン酸塩鉱床」といった表示になります。PS4版なら×ボタンを押すと「肥料」が手に入ります。

「リン酸塩鉱床」は真っ白の地面になっているため、見つけやすいと思います。ただし各地にあまり点在していません。白く広がる地面を見つけたら近づいてみてください。

■ ベンダーから購入する

ベンダーは「バルクの肥料」を売っていることがあります。「バルクの肥料」は各種作業台で解体することで、「肥料(複数個)」になります。

非常に高額ですが、どうしても不足している場合は、不要アイテムを売却して購入するという選択肢もありだと思います。

■ 「肥料」不足をどうやりくりするか

「肥料」は序盤から中盤にキャンプで農業をしようとすると不足します。

「粘着剤(植物でんぷん)」の安定生産のための「テイト」「マットフルーツ」「トウモロコシ」のためですね。
序盤の安定生産はかなり難しいので、別の方法での粘着剤の安定供給を考えるか、生産量をわずかにしておきましょう。

中盤以降のグレネード作りには、都度「肥料」を手に入れていくスタイルがオススメです。グレネードは重量がそこそこあるため、大量生産しておくことができません。冒険に必要なグレネードの数を見極めておく方法です。

またベンダーの「バルクの肥料」の価格はそれほど高くないので、中盤以降の手持ちキャップだと、買ったほうが楽にはなっているかと思います。

■ 終わりに

以上、「フォールアウト76の素材「肥料」の入手方法・手に入る場所」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク