PS4で遊べる、戦国時代・侍・忍者を舞台にしたゲーム・オススメソフトまとめ

PS4で歴史ゲーム、特に戦国時代を舞台にしたゲームで遊びたい!

というわけで今回は、戦国時代の侍や忍者が登場するオススメゲームを集めてみました。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 仁王

KOEIが作った、戦国時代版「ダークソウル」です。

序盤を少しプレイするとすぐに気づきます。これは精巧に作られたダークソウルだと。

プレイヤーは刀や槍、鎖鎌などなど様々な武器から選べます。また忍術や守護霊といった要素もあり、和のファンタジー要素が含まれています。

登場する敵キャラは日本の妖怪たち。輪入道やぬりかべ、琵琶法師といったよく知る妖怪たちが続々と登場します。

もちろん、徳川家康や黒田官兵衛といった戦国時代の武将たちも数多く登場します。戦国時代の情景のリアルさは、「信長の野望」を作っているKOEIならではだと思います。

戦国時代の武器鎧を使いたい方、妖怪が好きな方、ダークソウル系のゲームが好きな方に特にオススメです。

仁王完全版、通常版、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?
戦国時代を舞台にした死にゲー、激ムズゲームとして人気の高い「仁王」 仁王(におう)には様々な種類が発売されていますが、それぞれどう違う...

■ SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

戦国時代版「ダークソウル」です。

作ったのは、ダークソウルのメーカーであるフロム・ソフトウェアですので、純正の戦国ダークソウルと言えます。

これまでのソウルシリーズとは違い、スピード感のある戦闘が楽しめます。ジャンプや鉤爪を使ったフック移動も可能で、戦略性が増しています。正面から切り込んでもいいですし、屋根に登って上からの落下攻撃、縁を伝っての背後からのステルス攻撃と様々な戦い方ができます。

もちろん、中身はダークソウルらしさが残っています。パリィに似た攻撃もありますし、篝火システム(別の名ですが)、落下死などなど。何より攻撃モーションや刀がぶつかる音などからも、ダークソウルファンには安心できるかと思います。

ソウルシリーズはどの順番で遊ぶのがオススメ?初心者向け難易度ランキング
フロム・ソフトウェアが発売している、「デモンズソウル」「ダークソウル」「ブラッドボーン」。いわゆるソウルシリーズですね。 これらのゲー...

■ Shadow Tactics Blades of the Shogun (輸入版:北米)

斜め上視点のステルスアクションゲーム。

プレイヤーは忍者や侍、狙撃手といったキャラクター5人を操作し、敵に見つからないように任務を遂行します。

このゲームは動画を観てもらうのが一番です。緻密なドット絵とキャラクターの動きにピンと来た方には、間違いなくオススメ。極上のゲーム時間を楽しめることと思います。

海外のメーカーが作った戦国時代(江戸時代)のため、時折変な日本も感じますが、それ以上に面白いゲームだと思います。

なお、北米版ですが自動的に日本語で遊べます。

3D視点ではなく、斜め見下ろし型のステルスゲームのため、ステルスゲーに苦手意識を持っている方にもオススメです。

■ 信長の野望・創造

戦国時代のシミュレーションゲームといえば「信長の野望」です。
信長の野望はPS4で何作が発売されていますが、その中でもデキがいいのがこの「創造」です。

創造は上空視点のシミュレーションとなっており、城を中心に城下町を作る内政はシムシティのように。道をうまく作ることによって、他国への行軍をしやすくするといったシステムが導入されています。

もちろんこれまでの信長の野望シリーズにあった、外交や戦闘、そして歴史のイベントなどもしっかり収録されています。戦国時代の武将マニアの人でも納得する、メジャーな武将からマイナーな武将まで登場します。

なお、この「信長の野望・創造」は、上記通常版と、ゲーム内容を劇的に改善しているパワーアップキット版(PK版)が出ています。

■ 鬼武者

PS2で発売された同名ゲームソフトのPS4リマスター版になります。

このゲームは戦国時代の侍を描いたアクションゲーム。
「バイオハザード」や「ディノクライシス」のシステムに似た部分のあるゲームですので、バイオが好きな人はすんなりと入り込めると思います。

また、実在の俳優「金城武」を起用したことでも、当時話題になりました。
グラフィックが大きく向上し、ワイドビューへの対応もしています。易しい難易度も追加されているため、アクションが苦手な人にもオススメできます。

なお、「鬼武者」はシリーズ4作が作られていますが、本作は1作目のみのリマスター版となります。

■ Ghost of Tsushima(仮称)

「ゴースト・オブ・ツシマ」と読みます。

このゲームは戦国時代が舞台でありませんが、侍が登場します。舞台は1274年の対馬。「元寇(げんこう)」と呼ばれる、モンゴル帝国による日本侵攻を描いた、オープンワールド型のアクションゲームです。

このゲームのスゴイところは、これを海外のゲームメーカーが作っているという点です。日本の風景も侍も、ものすごく日本らしいですよね。とても海外メーカーが作っているとは思えない和の雰囲気です。

「インファマス」シリーズを作った開発メーカーです。PS4の「インファマス セカンドサン」は名作ですので、期待のできるゲームだと思います。

なお、2018年のE3で発表されたため、発売は早くとも2019年以降になると思われます。

■ 終わりに

以上、「PS4で遊べる、戦国時代・侍・忍者を舞台にしたゲーム・オススメソフトまとめ」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク