【PS4】龍が如く、極み(きわみ)と通常版・無印との違いは?どれを買うのがオススメ?

喧嘩系アクションRPGの名作「龍が如く」

PS4版の龍が如くには、「極(きわみ)」と「通常版」の2種類がありますが、どう違うのでしょうか?
今回は、各ソフトの違いを紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 「極(きわみ)」と「通常版」で発売されているもの

「龍が如く」シリーズは1・2作目がPS2、3・4・5作目がPS3で最初に発売されました。その後、6作目・0作目はPS4で発売されています。

PS4世代となったことで、前世代機までの龍が如くをPS4で蘇らせようとなり、「極」と「通常版」で発売されることになりました。

1・2作目は「極」、

3・4・5作目は「通常版」で発売されています(発売予定含む)。

では、それぞれはどう違うのでしょうか?

■ 「極(きわみ)」と「通常版」の違い

「極」とはフルリメイクをしたものです。フルリメイクとは、ストーリーやゲームシステムといった核となる部分は残しつつ、最初から作り直したものです。

見た目での大きな変更点はグラフィックです。龍が如く初期作品はPS2で発売されていたこともあり、見た目はカクカクのポリゴン。それをPS4で作り直すことで、実写にほぼ近いグラフィックにまでキレイになっています。

またPS2時代には簡素化されていたゲームシステムも、かゆいところに手が届くように改良。新規のサブイベントや新キャラクターなども追加されています。

まさしくイメージが一新されているので、PS2時代に遊んだことがあっても、新たな気持で遊び直せると思います。

一方で「通常版」とはリマスターをしたものです。リマスターとは、PS3時代のものをPS4用に最適化したもの。

グラフィックをイチから作り直すのではなく、くっきりとする「高解像度化」や、キャラクターがぬるぬる動かせたり、ゲーム中のカクつきを低減する「高フレームレート化」がされています。

こちらは追加シナリオなどはないため、PS3のあの当時の思い出をそのまま呼び起こすのにもいいと思います。

■ まとめると

それぞれの違いをまとめるとこうなります。

何作目? 極・通常 備考
龍が如く 極 1 フルリメイク。追加要素あり
龍が如く 極2 2 フルリメイク。追加要素あり
龍が如く3 3 通常 リマスター。追加要素なし
龍が如く4 4 通常 リマスター。追加要素なし(予定)
龍が如く5 5 通常 リマスター。追加要素なし(予定)

■ 終わりに

以上、「【PS4】龍が如く、極み(きわみ)と通常版・無印との違いは?どれを買うのがオススメ?」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク