フォールアウト、スカイリム以外にも!PS4で遊んでおきたいベセスダ製ゲーム

遊んだ人は虜となったであろう「フォールアウト4」そして「スカイリム」。

これらを作ったのは海外のメーカー「ベセスダ・ソフトワークス(Bethesda)」です。

そこで今回は、他にもあるぞ!ベセスダ製ゲーム!を紹介したいと思います。フォールアウトなどに似た雰囲気もものもあるので、是非遊んでみてくださいね。

面白いゲーム選びの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ PREY(プレイ)

2017年に発売されたアクションRPGです。オンラインはなくソロプレイ専用。

プレイヤーは宇宙ステーションで目がさめ、謎のエイリアンたちと戦うストーリーです。ゲームは一人称FPS視点で、武器(鈍器)や銃を使って敵と戦います。

このゲームの面白いところは、攻略ルートが一つではないこと。敵を倒す方法も様々で、進めるルートも多様性があります。自由度が高いゲームと言えます。

また材料を手に入れてクラフトする要素があるため、「フォールアウト4」の材料集めを楽しんだ方には特にオススメです。

序盤は歯ごたえがある難易度で、徐々に難易度が緩和されていきます。ぜひ序盤で投げ出さずに、じっくり遊んでみてください。

全体的なゲームの雰囲気は「バイオショック」に似ているため、バイオショックが好きな人にも強くオススメするゲームソフトです。

■ サイコブレイク(PSYCHOBREAK)シリーズ

「バイオハザード」シリーズを手がけた開発者が作ったゲームソフトです。

シリーズは2018年現在2作発売されており、日本でもメジャーなタイトルとなりました。

ゲーム内容はサイコホラー。凄惨で狂った世界観の中を突き進む主人公を描いたドラマです。

やはり「バイオハザード」の生みの親が作っただけに、ゲーム中にバイオハザードらしさがあります。

シリーズ1作目はステルス要素が強く、敵から隠れながら探索、進んでいきます。登場する武器もナイフやハンドガン、ショットガンなどバイオハザードらしさがあります。カメラはキャラクターの後方に位置し、ちょうど「バイオハザード4」や「5」のようなイメージ。

シリーズ1作目は若干難易度が高くなっています。シリーズ2作目はオープンワールドの要素が取り入れられ、こちらの方が面白いと評判です。

ストーリーは1から2へと続いているため、できれば1からのプレイがオススメですが、楽しさを求めるのであれば、2作目からのプレイでも問題ないと思います。

■ ウルフェンシュタイン(Wolfenstein)シリーズ

海外では昔から人気のFPSシリーズです。キャンペーンモード(1人プレイ)のみ。

舞台は第二次世界大戦中。ナチスによって支配されてしまった別世界を描いたストーリーです。

このゲームはなんといってもストーリーが面白いです。国内ではあまり知られていない作品ですが、キャンペーンモードのFPSが好きな人には特にオススメ。

ただ若干難易度が高いので、じっくりと腰を下ろして遊んでみてください。

PS4ではシリーズ3作が発売されていますが、
「ウルフェンシュタイン ザ・ニュー・オーダー」が1作目、
「ウルフェンシュタイン2 ザ・ニューコロッサス」が2作目、
「ウルフェンシュタイン ザ・オールブラッド」は外伝(1作目の前)とも言える内容になっています。

2作目は、1作目の直後からストーリーが始まります。

■ Dishonored(ディスオナード)シリーズ

「Dishonored HD」は1作目。2012年にPS3で発売された同名ソフトのHDリマスター版です。「Dishonored 2」は2作目です。

いわゆるステルスゲームです。

敵から隠れながら死角を進み、背後から攻撃。このゲームの面白いところは、死体を放置しておくと、他の敵キャラに見つかったり、疫病の元となるネズミの媒介となったり、モンスターに変異することがあります。単なるステルスではなく、死体を含めてどうするかを考えて進めます。もちろん殺さないという選択肢も取れます。

プレイヤーは超能力が使え、テレポートをしたり時間を止めたり、透視をしたりとステルスを更に楽しくする要素が含められています。

このゲームはエリアが非常に広いため、街を隅々まで探索する楽しさもあります。

また「バイオショック」を作った会社のため、バイオショックが好きな人にもオススメです。

■ 終わりに

以上、「フォールアウト、スカイリム以外にも!PS4で遊んでおきたいベセスダ製ゲーム」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク