【ダークソウル3 初見】#1

生まれは騎士にした。

■灰の墓所

灰色の土地に立った。

チュートリアルのような地形が続く。

敵を倒し、ふとエスト瓶を見ると3の表示。
直感的にこれは楽だと思った。
前作か前々作では1個から始まった記憶がある。
最終的には20個だっただろうか。いきなり3個となるとこれほど優しいことはない。

エストの灰瓶という謎のアイテムを拾う。
篝火に行くことでエストがプラスされるのだろうか?いきなり?
全くわけがわからず、とりあえず所持しておく。

早くも分かれ道に差し掛かる。
チュートリアルだとばかり思い込んでいたので、少し考えを改めることに。
先へ進むと青白い獣がいた。
周辺には大量の血痕。うむ、これが尖兵ポジションか。
少し戦ってみたが勝てないと判断し早々に退散。

ウィッチャー3をプレイしていたせいで、操作感が全く抜けない。
攻撃の度に□を押してしまい、ローリングで○、アイテムを拾うのに×を押してしまう。
幸い死なずにすんだが雑魚にやられそうになる。

最初の篝火だ。
火を灯してみると、エスト瓶が増えていない。
先程拾ったものと合わせて4個になるはずだ。
よくよく見ると、水色のエスト瓶が1になっている。
魔力を回復するエスト瓶だと気づく。
FPと書かれているので魔力じゃないかもしれないが。

広場の中央に、大きな図体をした騎士のような像が置かれている。
幸い広場なので、直感的にボスかも?と思う。
しかし近づいても立ち上がる気配はなく、更に近づくと「剣を抜きますか?」の表示が。
ボスのイメージは一瞬遠のき、これから追いかける王か側近の化身ではないかと疑問がよぎる。
飛んで逃げていくと思っていた。

灰の審判者、グンダ

1戦目

巨大な槍か槌かを振り下ろすタイプだ。
ここでもウィッチャー3の攻撃を避けるクセが出てしまう。
盾を一切使わず戦うが、攻撃を受けながらもジリジリと体力を減らすことに成功。
半分近くまで減らし、このまま行けばこれは勝てると判断。
忘れていた。このゲームは変身するんだった。

2戦目

盾を使って戦うと、カット率100%だと気づいた。
今度は盾を張って戦う作戦に変更。
貫通攻撃や体力切れもないようで、防御後の攻撃もできてしまう。

倒した後にエスト瓶が黒くなっていることに気づく。
残数が1なのに。
篝火で黄色く戻るのを見て、今回は飲み分けているのか。
そうすると数が多くなった時に、残数がわかりづらいかもしれない、とふと思う。

門を開け、先へ進むと椅子のようなものが見える建物が。
脇道もありそうに見えたが、まず中へ入ってみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク