【バイオハザード7 初見】#15

■ここから本番?

スポンサーリンク

バイオ1ほど立派ではないけど、広いホールへ。
探索をしていると電話が鳴る。
当然ながらゾイだった。
男のことを父親だと言っている。
とすると、腕を切られた息子と、娘ってこと?
ああ、そういえば暖炉の写真に息子と娘らしき、二人の子供が写っていたっけ。

でもそうなると、この電話はどこから来ているかということが気になる。
ゾイは他人で、遠方から指示をしているとばかり思っていた。
娘となると比較的近くにいる可能性も。
もしかして既に死んでいて、亡霊からの電話だったりして。

玄関の扉にもレリーフが。
今度は三つ首の犬。
なるほどね、これから各所にある3つのレリーフを集め開けるのね。
そして脱出できた!と思ってからもうひと悶着ある、と。

時計の振り子がもらえたので、取っておく。
映写機の部屋と、ショットガンを持っている馴染みの像が。
これ絶対、ショットガン取ると閉じ込められて天井が降りてくるパターンでしょ。
とまずは映写機を触ってみることに。

台に振り子を置いてみて、謎解きの意味がわかる。
ライトが当たるように、鷹の影を作ればいいのね。

二階へと先へ行こうかとも思ったが、
死を覚悟してショットガンを取ってみることに。
予想通り扉が閉まって、天井が・・。
降りてこなかった。
だいぶアタフタして、危うく壁にぶっ放すところだった。

二階へ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク