【バイオハザード7 初見】#13

■ランドリーの探索

スポンサーリンク

まずはランドリーの探索。
目の前にある黒電話の受話器をとってみるが何も起きなかった。
まだ外に男がいると思ってもいたから、少し安心。

アイテムボックスを発見。
アンティークコインは使わないだろうとしまっておいた。

薬液とハーブを発見。
なるほど、この2つをクラフトして回復薬にするのね。

他には何もなさそう?とランドリーを更に探索すると、
あったあった。缶の箱の中にキーピック。
これであの扉を開けるのね。
キーピックには個数1と表示されているのを見て、
1扉ごとになくなるのか、一定回数で破損するのか、と考える。

■ランドリーから恐る恐る出て・・

ランドリーのドアを開け、廊下に出ようとすると電話が鳴った。
いやいや、このタイミングで鳴らなくても!なんて苛立ちながら受話器を取る。
ゾイからの電話だった。
腕のものをなくさないでと言っていた。時計のことかな?

見取り図を見て、廊下のマークが気になる。
どうやらカギがかかっているマークのようで、棚を調べてみるとキーピックが使えた。

さて、じゃあレリーフの扉へ、と意気揚々と進むと
キーピックがなくなっていることに気づく。
ここでキーピックは、回復薬などを手に入れる戸棚用の消耗アイテムで、
レリーフを開けるのは別アイテムが必要と気づく。
あっ!あのコインか!
しまった、アイテムボックスに入れてしまった、とあるあるを感じながら取りに戻る。

アンティークコインを手に持ち、レリーフの扉で使ってみるが何も起こらず。
絶対これをはめるんだと思ったのに・・。
そうなるとこのコインは別の場所で使うものか、単なる収集アイテムということ?

進むべき場所がなくなってしまったので、屋内を再捜索。
何やらトントンと音がしたので、その方角へ向かうと、
窓の外に黒人らしき男が見えた。
保安官らしい身なり?

ココに住んでいるのか?と聞いてきて、はぁ?と思う。
さっきメガネの男と息子は、「またあの保安官か」と言っていたような気がするが・・?
気のせい?それともこの保安官もグル?

保安官から拳銃を貰おうとして一悶着。
まぁ当然拳銃は渡せないよね。
でもポケットナイフはくれるのね。
こういう時の対応はアメリカっぽいのかな?日本だとどうなるんだろう?なんて考えながら進む。
現実的にはナイフよりも、そのへんの棒の方がリーチがありそうだけど。

ガレージへ。
当然ここで敵が出て来るのだろうと慎重に進む。
結果、ポケットナイフはガレージへのテープを開けるためのものだと分かった。
なるほど、こう使うのねと思うのと同時に、
いやいや、ハサミ!ハサミは?とツッコミ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク