「リアルタイムバトル将棋」は面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)

「リアルタイムバトル将棋」をプレイしました(PS4版)。

3時間ほどのプレイですが、所感を書いておきたいと思います。

できるだけネタバレなしで書いています。

買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

■ まずリアルタイムバトル将棋とは?

そもそも「リアルタイムバトル将棋」とは?

このゲームは、リアルタイムに自由に・いつでも・何度でも駒を動かすことのできる将棋です。

将棋はもともと、自分が打って→相手が打って→自分が打つ。時間をかけて考え、交互に打つゲームですよね。

これがなくなったのがリアルタイムバトル将棋です。

相手が打つ前にこちらが打つことができます。相手がもたもたと考えている間に、どんどん駒を進めることができます。

ここまで読んで「うわ!なんだそれ!」と思った方。鋭いです。もう買いです。すごいですこれ。

■ そんなルールで破綻しないの?

「何度でも駒を進められる」と聞くと、じゃあ、飛車とかで一気に進めていけばすぐ勝ちじゃない?と思いますよね。

しかしそこに一つ縛りがあります。

それが「駒を進めた後の硬直時間」です。

駒を置いたり移動すると、数秒間その駒は動かせなくなります。そのため、歩をどんどん前に進ませることはできません。

例えば歩を一つ前に進めると、3秒ほど動かせなくなります(表示が出ます)。この間に相手はこの歩を取ることができるのですね。もちろんモタモタしていると、3秒経過し、再び歩は前に進めるようになります。

この硬直時間があるおかげで、将棋として破綻せずに、しかしながらとてつもなく速いスピードで進むゲームへと進化しています。

■ 何が起こるか?

これは実際にプレイして体験してみてほしいのですが、通常の将棋では起こらなかったことが起きます。

例えば「王手飛車取り」とかありますよね。将棋の定石で、してやったりな気分です。しかしリアルタイムバトル将棋では意味をなしません。「王手飛車取り!」とやった瞬間に、両方に逃げられますw

また、一般的に「王手」は別の駒がかかっている状態でしますよね。銀の前に金を置いて取れないようにして「王手」と。これが金単独でも意味をなすようになります。やってみると何を言っているのかわかると思います。

もっと面白いことも起きます。これは是非、実際に体験してみてください。笑いますよ。

■ FPSのような将棋

このゲームでは、全体の盤面を的確に把握する能力が求められます。

スピードが重要ですが、スピードだけだと思いもよらぬ負けをします。

ガンガン攻めて、相手の陣地を荒らしまくりますよね。こちらの駒は次々と成っていき、相手の駒を取り尽くす。

目線や意識が相手側の陣地に向いている間に、王の前に金を置かれ、いきなり負けたりしますw
ステルスキルですね。

ゲームには様々なジャンルがありますが、感覚としてはFPSやバトロワに近いと思いました。接戦になっている落ちゲーにも似ているかもしれません。

■ 対戦

本作ではCPUとの対戦が楽しめる1人プレイのほか、オフラインでの画面分割2人プレイが可能です。

惜しむらくはオンラインでのフレンドとの対戦が可能だと、神ゲーとなっていたと思います。

個人的には、おそらくオンラインでの見ず知らずの他人との対戦は不可能なゲームだと思いました。急な形勢逆転が多く、回線切断や罵倒が起こると思います。

家族や友達同士の対戦は、かなり向いているゲームだと思います。

■ 1プレイの時間と満足度

一般的な将棋は1時間単位で時間がかかりますが、リアルタイムバトル将棋は、1分~5分で勝負がつきます。

そのため、1日30分程度も遊べば満足すると思います。

思考をフルに使うので、おそらく長時間プレイには向きません。ただしお酒を飲みながらといった遊び方は可能です。

勉強や仕事の合間にリフレッシュをしたい方、脳トレをしたい方、短時間で満足するゲームをしたい方にオススメです。

将棋を遊んだことのない方でも、駒の進める方向が表示されているモードもあり、そこから学ぶこともできます。

将棋を遊んだことのある方には是非とも遊んでもらいたいゲームです。

「うわっ、へっ?あー!ギャー、ヤバイヤバイ!」とか言いながら遊べますw
勝っても負けても笑いが絶えないゲームだと思います。

「リアルタイムバトル将棋」は、プレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入できます。

PS Store:リアルタイムバトル将棋

■ 終わりに

以上、「「リアルタイムバトル将棋」は面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想(ネタバレなし)」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク