キムタクのゲーム「ジャッジアイズ」でゲーム業界が変わる気がする話

キムタク主演のゲーム「ジャッジアイズ」がかなり話題となっています。

話題となっているどころか、Amazonなどの評価はとてつもなく高くなっており、わたしは2018年間ゲームランキングの4位に選出しましたが、1位に変更してもいいんじゃないか?というぐらいに神ゲーと支持されています。

主にストーリーが絶賛されていますね。
素晴らしいことです。

■ 正直ここまでヒットするとは思わなかった

実はわたし、正直いいまして「ジャッジアイズ」はコケると思っていたのですよね。

ジャッジアイズを作った「龍が如くスタジオ」は、これまでにも数々の亜流「龍が如く」を世に出してきました。

しかしいずれもイマイチぱっとせず。
コケるという言い方は良くないかもしれませんが、「龍が如く」と肩を並べる作品となるには遠く及ばない印象です。

個人的にはPS3の「バイナリードメイン」なんかはホントに好きだったんですけどね。ちょっと話それますが、映画「ターミネーター」が好きな人は遊んだほうが良いですよ。めっちゃトキメキます。

そういうこともあり、新しく発売される「ジャッジアイズ」もイマイチだろうなぁ。
と思っていました。

特にキムタクが主人公なので、ゲーム好きな人との相性は最悪で(キムタクとゲーム好きって間逆なイメージありません?)、龍スタジオの将来まで不安に思っていたほどですw

ですが、フタを開けてみるとこれがネタゲームとしてネットで話題になり、更にはゲーム内容も面白すぎると絶賛。

すごいですよね。ここまで神ゲー認定されるとは、誰が思っていたでしょうか。

■ まず続編は間違いなく出る

「ジャッジアイズ2」は間違いなく出ると思っています。

これだけ絶賛されているゲームですから、今作を買った人は確実に買います。

それに加えて、2までにじわじわと口コミでソフトの話題は広がっていき、それまで触れなかった人たちの目にも止まります。

ゲーム業界には、「面白かった作品の続編の方が売れる」という法則がありますよね。
1作目が面白かったと絶賛されると、2作目が非常によく売れる。3作目が面白かったと絶賛されると、4作目の方が売上が上回る。
といった感じです。

メディアミックスや露出もしやすいでしょうし、まず間違いなく「ジャッジアイズ2」は発売されると見ています。

■ ジャニーズのゲーム出演の足がかりに?

「龍が如く」シリーズは、これまでも現実の俳優さんたちを出演させてきました。

リアルに作られたCGで本人の姿形に声までそっくりにしたものです。
大御所では北大路欣也さんとか、ビートたけしさんなども出演しています。

ただ、いわゆる熱狂的なファンがいる芸能人って出演しないのですよね。今回のキムタクのジャニーズのように。

おそらくは肖像権などのゲーム使用料が高額なことや、ゲーム出演によるイメージ低下を懸念してのことかと思います。

今回、「ジャッジアイズ」が売れた。そして内容の評判が良い。更にジャニーズの中でも重鎮のキムタクが出演した。
ということで、ジャニーズとゲーム業界との太いパイプができたと思っています。

まぁ、今回の立役者の龍スタジオとの繋がりがメインでしょうが、じゃあ別の会社が企画を出した時に、受け入れてもらえる可能性はどうかというと、かなり高くなっていると思うんですよね。

アイドルグループはジャニーズだけではないですが、ジャニーズでいうと、例えば嵐とか関ジャニ∞とかゲーム出演したら世界ひっくり返りますよ。もちろんいい意味で。

特にゲーマーを公言している二宮和也さんとか出ませんかね?チラッw

■ ゲームの地位が変わるかもしれない

ゲームの地位が変わるかもしれません。
ちょっといいすぎかもしれませんが、今回の「ジャッジアイズ」の成功はその試金石となるインパクトがあります。

俳優や芸能人のゲーム出演。
これが女性アイドルグループだと、社会的な効果はあまりないと思うんですよ。そもそもゲームファンは男性が多いわけですから。

しかし男性アイドルグループの出演となると事は全く違います。アイドルグループが好きな女性とゲームファンって対局に位置していると思うんですよね。決して交わらない層というか。

これがアイドルの出演が成るだけで、一気に距離が縮まると思います。

縮まるとどうなるか?
ゲームはもっと身近なものとなります。
ゲームの話題はしやすくなり、ドラマと同等の扱いにまでなる可能性を秘めています。

ゲームというものはファミコン時代からマニア向けのものでした。
PS1あたりで一般大衆化されたり、スマホゲームやポケモンGOなどの登場でまたまた大衆化されているようにも感じますが、やはりゲームをしない層はしないままで、大きな隔たりを感じます。

アイドルグループが好きな女性が、PS4を買って「ジャッジアイズ」を買うのか?そこまで行動するのか?
と思うかもしれませんが、すると思うんですよね。

どちらかというと、アクションゲームとして遊べるかな?ゲームコントローラーなんて使えるかわからない。
という躊躇のほうが大きいと思うんです。

これが、嵐出演、関ジャニ出演と作品数が増えていくと、自然と購買動機は上がっていくと思います。

もっというと、買わなくても「遊び終わったら貸して欲しい(口コミ化)」とか、「家族や彼氏に遊んでもらう(自分は見る&興味が出たらちょっとだけ触る)」などでも十分だと思うんです。

個人的にゲームの社会的地位は、「ドラマ」と同等にまでなって欲しいと思っています。
PS4やスイッチ世代になり、ゲームはほぼ実写となっています。「スパイダーマン」がゲーム化されたように、映画をそのまま遊べるレベルにまでなっています。

もうドラマや映画と同格に見られるべきなのですよね。

■ ジャッジアイズのドラマ化と映画化

「ジャッジアイズ」はストーリーがとにかく絶賛されています。

主演がキムタクというだけでなく、脇を固める出演者も現実の俳優さんとなっており、ドラマ化が容易に想像できます。

もしドラマ化されるとなると、これ本当にスゴイことなんですよね。

これまでゲームはメディアミックスの中では下流に位置してきました。
ドラマが元としてあり、映画化され、最終的にゲーム化されるといった流れです。漫画の原作があり、ゲーム化されるといった流れです。

それが逆転します。
ゲームが最初にあり、それからドラマ化されるという流れです。

これはかなりスゴイことだと思っています。

ドラマ化されヒットすれば、その先の映画化も期待できます。もちろん原作となったゲームも更に売れることとなります。

■ イメージの転換と新規層の拡大

現実の俳優さんがゲームに出演すると、ファンの新規層は増えます。また、非常に愛の深いファンになってくれます。

なぜならばゲームというのは、登場人物を自分で操作をするから。敵との戦いをともにし、成長を自分自身の手で作ることができます。

キャラクターへの感情移入が半端じゃないんです。

そうなると何が起こるのか。

出演した俳優さんの全く新しいファンができあがります。実際「ジャッジアイズ」でも、「それまでキムタクファンではなかったけど、ファンになってしまった」という声が多く見られます。

これが広まっていくと、ファン獲得のためにゲーム出演をする俳優さんが出てくると思います。無名の俳優さんが、一気にスターになるようなことも起こると思います。

また、同時にシナリオの品質向上も見込まれると思います。有名俳優が出演するのに、下手なストーリーにできませんからね。

ゲームの世界で王道(だけど変だったストーリー)などが、よりリアルなものになっていく可能性を秘めています。

■ もっと盛り上がって欲しい

俳優さんのゲーム出演はもっと盛り上がって欲しい分野だと思っています。

これによって、映画・ドラマ・舞台などとゲームが結びつきます。ゲーム側にも新規層がやってきますし、ドラマや映画などへも新規層が移動します。

俳優さんがゲーム出演することによって、ゲームの世界観がその人のイメージで固定されてしまう。
そんな懸念もありますが、「ジャッジアイズ」を実際にプレイしてみると、それは杞憂であることがわかります。

ドラマや映画でも、役や世界観によってガラリと変わるように。また、見るのと遊ぶのとでは何かが違うのか、それともグラフィックなどによってフィルタリングがかかるのか、なぜか一人のキャラクターとして見れるようになりますね。

というわけで、もっともっと俳優さんのゲーム出演が増えて盛り上がって欲しい、それによってゲーム業界は変わる気がする!

そんなお話でした。

■ ジャッジアイズはボタン連打でもクリアできる

今回話題としたPS4ゲーム「ジャッジアイズ」ですが、

「ゲームとかもう全くしたことない」
「ツムツムぐらいだわ」

といった方でも遊べるように、ジャッジアイズには「エクストラ・イージー」という難易度があります。

これは□ボタンだけを連打しても敵に勝てる、ストーリーに集中できるモードになっており、ゲーム初心者の方にもオススメです。

■ 終わりに

以上、「キムタクのゲーム「ジャッジアイズ」でゲーム業界が変わる気がする話」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク