フォールアウト76の不要なジャンク・必要なジャンク(素材)一覧

このページで紹介しているのは、ゲーム「Fallout76(フォールアウト76)」の不要なジャンク・必要なジャンクです。

ジャンク品ではなく素材の状態で紹介しています。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ 必要なジャンク

必要なジャンクはできるだけ売却したり捨てないようにしましょう。スタッシュ容量圧迫で売る場合は、最低保管量を常に考えてきましょう。

・鉛

鉛は、かなり長い間不足し続けるジャンクの一つです。
主に銃弾を作成するのに必要になります。

特に敵の強さが上がる中盤以降は、「敵を倒すのに弾数が必要になる」→「銃弾が不足する」となります。

鉛のもととなるジャンク品、「アルミ缶」や「ブリキ缶」など比較的どこにでも落ちていますが、意識的に集めていかないと銃弾不足に悩まされ続けるでしょう。

「作る弾薬の量を増やすPERK」と「一定確率で作成物が2倍になるPERK」を取得するまでは、ジャンク集めに奔走しましょう。

・プラスチック

プラスチックは、多くのプレイヤーが不足し続けるジャンクです。ただし遊び方によってはあまり必要としません。

プラスチックは、ジャンク(素材)をバルク化するのに必要になります。バルク化することで軽くなり、ベンダー(商人)に売ることができます。

また、「ショットガンの弾」などを作るのに非常に多く必要とします。

本作では特にスタッシュ容量で悩まされますので、ジャンクをまとめるバルクには頼りっきりになります。

プラスチックは作成することができないため、プラスチックの皿やおもちゃ類をコツコツと集めるしかありません。

・粘着剤

粘着剤は武器防具の作成・修理に必要です。また、グレネードなどの作成にも必要で、序盤から終盤まで常に不足し続ける素材です。

また粘着剤を得られるジャンクは少なく(ダクトテープやワンダーグルーなど)、意識的に拾っていかないといけません。

粘着剤は「テイト」「とうもろこし」「マットフルーツ」「きれいな水」で作ることができますが、敵の農場破壊への対応や、きれいな水のコンスタントな作成も行わねばならず、思ったよりも手間がかかります。

・耐衝撃ファイバー

主に防具を修理するのに必要になります。中盤以降には必須となり、常に不足し続けます。

序盤のうちは全く必要のない素材ですが、中盤以降に向けて、売らないように保管しておきましょう。

手に入るジャンクも「軍のダクトテープ」や「軍の弾薬袋」など少なく、意識していないと全く手に入っていないという事態にもなります。

・ねじ、スプリング

ねじやスプリングは中盤以降に不足しがちになります。主に武器や防具の作成・修理に必要になります。

ただしこちらは、「使い古されたクリップボード」や「目覚まし時計」「オフィス用卓上ファン」など、比較的さまざまなジャンク品から手に入るため、不足し始めてから意識的に集めても問題はありません。

・ギア、アルミニウム、ブラックチタン片、ウルトラサイト片、水晶、銀

これらの素材は後半に主に不足します。

ギアやアルミニウムはジャンク品を拾って解体することで、比較的かんたんに手に入りますが、ブラックチタン片、ウルトラサイト片、水晶、銀はあまり手に入らないので、中盤あたりから意識的に保管しておきましょう。

なお水晶が必要となるのはエネルギー系の武器といった具合に、使用する武器防具によっては全く困らない可能性もあります。

■ 不要なジャンク

不要なジャンクはスタッシュ容量を圧迫するだけなので、適正量を見極めて売却していきましょう。

どの程度使うのか、その適正量の見極めが難しいのですが、「なんか増えているな・・?」と思ったら少しずつ売っていくのがオススメです。

・生のアスベスト

生のアスベストは、コツコツとジャンク拾いをしていく人は、どんどん余っていく素材です。

一部の防具の修理に必要なぐらいで、そもそもあまり使いません。

生のアスベストはバルクにしなくても売れる素材ですので、一定量を保管して売っていきましょう。

・殺菌剤

殺菌剤も同様に、余っていく素材の一つです。「血液パック」などを作る時に必要となりますが、そもそもそういった回復薬を作るよりも、拾ったり買ったりした方がうまく回ります。

こちらも同様に、ある一定量を保管しておいて残りは売りましょう。バルク化しなくても売れるアイテムです。

・鉄、木材、ガラス、布、骨、コルク、ゴム

これらの素材はプレイスタイルにもよりますが、比較的余りがちです。

例えば鉄は銃弾の作成に必要です。50口径など一部の弾薬を作ると枯渇しますが、基本的には余ります。

木材もキャンプの作成にハマると枯渇しますが、こちらも基本的には余ります。

そもそも鉄、木材、ガラスはどこにでも落ちていて大量に拾うことができます。

また、鉄、木材、コルク、ゴムといった素材は、武器防具の解体でも手に入ります。「解体での素材入手量がアップするPERK」を覚えれば、ほぼ不足しない素材になります。

■ 適正量保管のすすめ

例えば序盤あれだけ不足していた「きれいな水」も、ゲームを進めると重量を圧迫するだけのアイテムと化していきます。

拾った酒などの手持ちが増えること、草花などから飲料を作れること、必要量を減らすPERKを得られること、「きれいな水」自体が作成できるようになることなどが要因です。

はじめのうちは「いくつでも欲しい」と思っていたきれいな水も、100個あればいいかな?50個あればいいかな。20個でいいや。と減っていきます。

ジャンクも同様です。プレイスタイル(使う武器防具)や、ストーリー前半・中盤・後半で必要とするジャンクは変わっていくため、一定量保管がオススメです。

ある一定量の保管を目安とし、それを超えたら売る、それを下回ったら(意識的に)集めるといった方法ですね。

具体的に何個保管しておくかは、適時増減させていきます。この増減は感覚で大丈夫だと思います。

保管量を定めておくことで、「普通にプレイしているのに増えていく感覚」「なんか減っていく感覚」が分かりやすくなりますよ。

■ 終わりに

以上、「フォールアウト76の不要なジャンク・必要なジャンク(素材)一覧」でした。

楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク